映画-Movie Walker > 人物を探す > マット・クレイヴン

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2007年 まで合計12映画作品)

2007年

ディスタービア

  • 2007年11月10日(土)公開
  • 出演(ダニエル・ブレッド 役)

「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ主演のスリラー。自宅から出られない少年が、親友を味方に、携帯電話やパソコン、ビデオカメラを駆使して猟奇犯の正体を追う。

監督
D・J・カルーソ
出演キャスト
シャイア・ラブーフ サラ・ローマー アーロン・ヨー デイヴィッド・モース
2004年

二重誘拐

  • 2004年9月25日(土)公開
  • 出演(Agent Ray Fuller 役)

名優ロバート・レッドフォード主演による、緊迫のサスペンス。有能なビジネスマンがひとりの男に誘拐され、幸福な人生から転落していくさまを、息をのむ展開でみせる。

監督
ピーター・ヤン・ブルッグ
出演キャスト
ロバート・レッドフォード ヘレン・ミレン ウィレム・デフォー アレッサンドロ・ニヴォラ
2003年

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

  • 2003年7月26日(土)公開
  • 出演(Dusty Wright 役)

アカデミー賞受賞歴のある名優ケビン・スペイシー主演の問題作。波乱の人生を送ってきた死刑囚に取材する女性記者が、謎めいたレイプ殺人事件の驚くべき真相に迫っていくミステリーだ。

監督
アラン・パーカー
出演キャスト
ケヴィン・スペイシー ケイト・ウィンスレット ローラ・リニー ガブリエル・マン
2001年

彼女を見ればわかること

  • 2001年5月19日(土)公開
  • 出演(Walter 役)

ハリウッドを代表する実力派女優5人が競演した、せつない人間ドラマ。男に頼らず生きる女の痛みと孤独、明日の希望をめぐる5つの物語を、オムニバス形式でつづる。

監督
ロドリゴ・ガルシア
出演キャスト
グレン・クロース ホリー・ハンター キャシー・ベイカー キャリスタ・フロックハート
1999年

ポーリー

  • 1999年3月27日(土)公開
  • 出演(Warren Alweather 役)

人間の言葉をしゃべる不思議なオウムの冒険を描いたファンタジー・ロマン。監督は「草原とボタン」のジョン・ロバーツ。脚本はローリー・クレイグ。製作は「フラッド」のマーク・ゴードンとアリソン・リオン・セーガン、「12モンキーズ」のゲーリー・レヴィンソン。製作総指揮はジニー・ニュージェント。撮影はトニー・ピアース=ロバーツ。音楽はジョン・デブニー。美術はデニス・ワシントン。編集はブルース・ワシントン。衣裳は「ビッグ・リボウスキ」のメアリー・ゾフレス。SFXは「ジュラシック・パーク」のスタン・ウィンストン。出演はオウムのポーリーの声が「スモール・ソルジャーズ」のジェイ・モーア。共演は新人のハリー・ケイト・エイゼンバーグ、「微笑みをもう一度」のジーナ・ローランズ、「フロム・ダスク・テイル・ドーン」のチーチ・マリン、「クルーシブル」のブルース・デイヴィソンほか。

監督
ジョン・ロバーツ
出演キャスト
ジーナ・ローランズ トニー・シャローブ チーチ・マリン ブルース・デイヴィソン
1996年

陪審員

  • 1996年5月18日(土)公開
  • 出演(Boone 役)

マフィアに脅迫され、陪審員を務める法廷で虚偽の証言を強いられた女性の危難と闘いを描いたサスペンス・スリラー。「ザ・インターネット」などの監督作でも知られるプロデューサーのアーウィン・ウィンクラーが雑誌『ニューヨーカー』に載った実録記事にヒントを得、同じテーマだったジョージ・ドーズ・グリーンの同名小説を発売前に映画化権を取得。「羊たちの沈黙」のテッド・タリーが脚色し、「TINA/ティナ」のブライアン・ギブソンが監督に当たった。N.Y.郊外からメキシコのインディオ村までの多彩なロケを展開した撮影は、「不法侵入」「TINA/ティナ」のジェイミー・アンダーソン、音楽は「ウォーターワールド」のジェームズ・ニュートン・ハワード、美術はヤン・ロールフス、編集はロバート・ライターノ、衣裳はコリーン・エイトウッドが担当。主演は「スカーレット・レター」のデミ・ムーア。共演は「ゲッタウェイ」のアレック・ボールドウィン、「エンジェルス」の子役ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、「ミルク・マネー」のアン・ヘッチ、「ニクソン」のトニー・ロー・ビアンコほか。

監督
ブライアン・ギブソン
出演キャスト
デミ・ムーア アレック・ボールドウィン ジョセフ・ゴードン・レヴィット アン・ヘッチ

秘密指令 クラッシュ

  • 1996年2月17日(土)公開
  • 出演(Rodney Powell 役)

巨大マネーロンダリング組織に挑む男女の戦いを描いたサスペンス・アクション。監督はCF界で活躍してきたチャールズ・ウィルキンソン。脚本はゴードン・ベイシッチスとラウル・イングリス。製作はロバート・ヴィンスとウィリアム・ヴィンス、撮影はマイケル・スロヴィス、音楽はグレアム・コールマン、美術はリン・ストプケウィッチが担当。主演は「アビス」のマイケル・ビーンと「氷の微笑」「ハーヴェスト」のレイラニ・サレル・フェラー。共演は「今そこにある危機」のミゲル・サンドバル、「クリムゾン・タイド」のマット・クレイヴンほか。

監督
チャールズ・ウィルキンソン
出演キャスト
マイケル・ビーン マット・クレイヴン レイラニ・サレル・フェラー ミゲル・サンドヴァル
1995年

クリムゾン・タイド

  • 1995年10月10日(火)公開
  • 出演(Zimmer 役)

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

監督
トニー・スコット
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ジーン・ハックマン ジョージ・ズンザ ヴィゴ・モーテンセン
1991年

K2 ハロルドとテイラー

  • 1991年10月10日(木)公開
  • 出演(Harold_Jamison 役)

世界第2位の高峰K2に挑むクライマーの姿を描いた作品。エグゼクティブ・プロデューサーはメルビン・J・エストリン、製作はジョナサン・タプリン.ティム・ヴァン・レリム、マリリン・ウェイナー、監督は「ブライド」のフランク・ロッダム、脚本はパトリック・マイヤーズとスコット・ロバーツ、撮影はガブリエル・ベリスタインが担当。出演はマイケル・ビーン、マット・クレイブンほか。

監督
フランク・ロダム
出演キャスト
マイケル・ビーン マット・クレイヴン パトリシア・シャーボノー 藤岡弘、

ジェイコブス・ラダー

  • 1991年4月6日(土)公開
  • 出演(Michael 役)

夢と現実との区別がつかなくなって悪夢の中を彷徨う男の恐怖の体験を描くサイコ・スリラー。エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサールとアンドリュー・ヴァイナ、製作はアラン・マーシャル、監督は「危険な情事」のエイドリアン・ライン、脚本は「ゴースト ニューヨークの幻」のブルース・ジョエル・ルービン、撮影はジェフリー・キンボール、音楽はモーリス・ジャールが担当。出演はティム・ロビンス、エリザベス・ペーニャほか。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
ティム・ロビンス エリザベス・ペーニャ ダニー・アイエロ マット・クレイヴン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マット・クレイヴン