TOP > 映画監督・俳優を探す > ルーカス・ハース

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2014年 まで合計19映画作品)

2014年

スティーラーズ

  • 2014年1月18日(土)
  • 出演(バーノン 役)

「ワイルド・バレット」のポール・ウォーカーとウェイン・クラマー監督が再びタッグを組んだ異色アクション。1軒の質屋を舞台に、運命を狂わされていく男たちを描く。出演は、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイライジャ・ウッド、「ワイルド・シングス」のマット・ディロン、「処刑人」のノーマン・リーダス。

監督
ウェイン・クラマー
出演キャスト
ポール・ウォーカー ブレンダン・フレイザー イライジャ・ウッド ヴィンセント・ドノフリオ
2013年

スティーブ・ジョブズ(2013)

  • 2013年11月1日(金)
  • 出演(ダニエル・コトキー 役)

70年代に友人とともにアップル・コンピュータを立ち上げ、後にiPhoneなど数々のデバイスを世に送り出してきたスティーブ・ジョブズ。11年10月に56歳の若さで亡くなった彼の知られざる姿に迫るヒューマンドラマ。デミ・ムーアの元夫としても知られるアシュトン・カッチャーがダイエットに取り組み、ジョブズになりきった熱演を披露。

監督
ジョシュア・マイケル・スターン
出演キャスト
アシュトン・カッチャー ダーモット・マローニー ルーカス・ハース J・K・シモンズ

ハード・ラッシュ

  • 2013年6月15日(土)
  • 出演(ダニー・レイマー 役)

“伝説の運び屋”が、家族を守るためにニセ札密輸計画に挑むアクション。出演は、「テッド」のマーク・ウォールバーグ、「アンダーワールド」シリーズのケイト・ベッキンセール、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。監督は、「7デイズ」のバルタザール・コルマウクル。

監督
バルタザル・コルマキュル
出演キャスト
マーク・ウォールバーグ ケイト・ベッキンセール ベン・フォスター ジョヴァンニ・リビシ
2011年

赤ずきん

  • 2011年6月10日(金)
  • 出演(オーギュスト 役)

世界的に有名なグリム童話「赤ずきん」の“その後”を描いたファンタジックなラブ・サスペンス。大人になった赤ずきんが危険な三角関係と、殺人を繰り返す人狼の魔の手に翻弄されていく。美しくセクシーな赤ずきんをアマンダ・サイフリッドが好演。『トワイライト 初恋』のキャサリン・ハードウィック監督の手腕にも期待がかかる。

監督
キャサリン・ハードウィック
出演キャスト
アマンダ・サイフリッド ゲイリー・オールドマン ビリー・バーク シャイロー・フェルナンデス
2010年

インセプション

  • 2010年7月23日(金)
  • 出演(ナッシュ 役)

レオナルド・ディカプリオと渡辺謙の共演によるサスペンス・アクション。他人の夢の世界に入り込むという危険な仕事に挑む男と彼を待ち受ける運命を、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が斬新な映像で描き出す。

監督
クリストファー・ノーラン
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ エレン・ペイジ マリオン・コティヤール ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
2007年

BRICK ブリック

  • 2007年4月14日(土)
  • 出演(ピン 役)

新人監督ライアン・ジョンソンが探偵ミステリーと青春映画の要素を融合させた異色作。殺人事件の謎に立ち向かうはみ出し者の少年を、才気あふれるタッチで描く。

監督
ライアン・ジョンソン
出演キャスト
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット ノラ・ザヘットナー ルーカス・ハース ノア・フレイス
2006年

ラストデイズ

  • 2006年3月18日(土)
  • 出演(ルーク 役)

「エレファント」のガス・バン・サント監督最新作。1994年に他界した人気バンド、ニルヴァーナのカート・コバーンをモデルに、孤独なミュージシャンの最期の2日間を描く。

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
マイケル・ピット ルーカス・ハース アーシア・アルジェント スコット・グリーン
2000年

ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ

  • 2000年11月3日(金)
  • 出演(George Hoover 役)

 米国文学界の雄カート・ボネガット・ジュニアの「チャンピオンたちの朝食」を映画化。ブルース・ウィリスをはじめ豪華キャストが、奇人変人役で怪演ぶり披露する姿も必見のナンセンス・コメディ。

監督
アラン・ルドルフ
出演キャスト
ブルース・ウィリス アルバート・フィニー バーバラ・ハーシー ニック・ノルティ
1997年

ジョンズ

  • 1997年9月13日(土)
  • 出演(Donner 役)

生き抜くために街角に立ち続けるストリート・ハスラー(男娼)たちの夢と絶望を描いた、異色の青春映画。監督・脚本は、アメリカ・フィルム・インストテュート在学中から3編の短編映画が評価され、卒業してからはCBSテレビボストン支局でドキュメンタリー作品の制作に携わっていたスコット・シルヴァーで、彼の商業映画デビュー作。音楽は74歳の伝説のブルースマン、チャールズ・ブラウンと、ダニー・キャロン。主演は「スクリーム」のデイヴィッド・アークエットと「マーズ・アタック!」のルーカス・ハース。共演は「ボルケーノ」のキース・デイヴィッド、「ロスト・ワールド」のアーリス・ハワード、「M★A★S★H」のエリオット・グールドほか。96年度サン・セバスチャン国際映画祭、最優秀監督賞を受賞。

監督
スコット・シルヴァー
出演キャスト
ルーカス・ハース デイヴィッド・アークエット キース・デイヴィッド エリオット・グールド

マーズ・アタック!

  • 1997年3月20日(木)
  • 出演(Richie Norris 役)

突如地球に襲来した火星人たちに翻弄される人々の狂騒を描いたSFパニック・コメディ。監督は「バットマン」「エド・ウッド」のティム・バートン。トップス社の同名トレーディング・カード(62年に発売され、残酷さゆえにPTAの非難を浴びて発売中止になった)に基づき、「1984」のジョナサン・ジェムズが原案・脚本を執筆。製作はバートンと、「バットマン リターンズ」「エスケープ・フロム・L.A.」のラリー・フランコ。撮影は「クラッシュ」のピーター・シャシツキー。音楽は「エド・ウッド」を除くバートンの全長編で組んでいるダニー・エルフマン、美術は「クルックリン」などスパイク・リー作品の常連のウィン・トーマス、編集のクリス・レベンソンと衣裳のコリーン・アトウッドは「エド・ウッド」に続いての参加。SFXは「ツイスター」のILMが担当。出演は「バットマン」「クロッシング・ガード」のジャック・ニコルソン、「101」のグレン・クローズ、「リチャード三世」のアネット・ベニング、「ダンテズ・ピーク」のピアース・ブロスナン、「ゲット・ショーティ」のダニー・デヴィート、「花嫁のパパ2」のマーティン・ショート、「エド・ウッド」のサラ・ジェシカ・パーカー、「さまよう魂たち」のマイケル・J・フォックス、「BOYS」のルーカス・ハース、「レオン」のナタリー・ポートマン、「汚れた七人」のジム・ブラウン、「エスケープ・フロム・LA」のパム・グリアー、「判決前夜」の監督バーベット・シュローダー、「早春」の監督イェジー・スコリモフスキー、そしてバートンの私生活のパートナーでもある「エド・ウッド」のリサ・マリーら多彩な顔ぶれ。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第8位。

監督
ティム・バートン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン グレン・クローズ アネット・ベニング ピアース・ブロスナン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ルーカス・ハース

ムービーウォーカー 上へ戻る