映画-Movie Walker > 人物を探す > ラウラ・アントネッリ

年代別 映画作品( 1971年 ~ 2005年 まで合計13映画作品)

2005年

セッソ・マット

  • 2005年8月20日(土)公開
  • 出演(すべてのヒロイン 役)

ラウラ・アントネッリとジャンカルロ・ジャンニーニが9組のカップルに扮したイタリア製セックス・コメディ。クラブシーンで流行したお洒落系サウンドトラックも要チェック。

監督
ディーノ・リージ
出演キャスト
ラウラ・アントネッリ ジャンカルロ・ジャンニーニ アルベルト・リオネロ デュリオ・デル・プレト
1988年

薔薇の貴婦人

  • 1988年5月21日(土)公開
  • 出演(Angela 役)

16世紀のヴェネチアを舞台に、二人の女性の間で揺れ動く青年の姿を描く。製作はチーロ・イポリート、監督・脚本は「哀しみの伯爵夫人」のマウロ・ボロニーニ、共同脚本はマッシモ・フランシオーサ、撮影はベッペ・ランチ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はラウラ・アントネッリ、モニカ・ゲリトーレほか。

監督
マウロ・ボロニーニ
出演キャスト
ラウラ・アントネッリ モニカ・ゲリトーレ ジェーソン・コネリー クラウディオ・アメンドラ
1987年

悦楽の闇

  • 1987年6月1日(月)公開
  • 出演(Manoela Roderighi 役)

一人の女のために破滅に陥ってゆく男の姿を20年代のローマの社交界を舞台に描く。製作はルイジ・スカチーニ、マリオ・フェッラーリ、監督は「さらば美しき人」のジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ。ルチアーノ・ズッコリの原作を基にグリッフィとアルフィオ・ヴァルダルニーニが脚色。撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽はC・A・ビクシオが担当。出演はテレンス・スタンプ、ラウラ・アントネッリほか。

監督
ジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ
出演キャスト
ラウラ・アントネッリ テレンス・スタンプ マルチェロ・マストロヤンニ ミケーレ・プラチド
1985年

スキャンダル 愛の罠

  • 1985年9月21日(土)公開
  • 出演(Marie 役)

現代のパリを舞台に、ひとりの女の心のうちに蠢めくセックスへの凄絶な妄執と、愛情から淫靡な復讐へと展開していく錯綜した心理を強烈なエロティシズムと冷徹なリアリズムで描く。製作はエットーレ・スパニョーロ、監督は「さらば美しき人」のジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ。フランチェスコ・バリッリの原作に基づいてアルベルト・シルヴェストリとコンチャ・オンブリア、ルチオ・フルチが脚本化。撮影はファン・アモロスとハンス・ブルマン、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はラウラ・アントネッリ、トニー・ムサンテ、フロリンダ・ボルカンなど。

監督
ジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ
出演キャスト
ラウラ・アントネッリ トニー・ムサンテ フロリンダ・ボルカン Laura Troschel
1984年

パッション・ダモーレ

  • 1984年6月15日(金)公開
  • 出演(Clara 役)

19世紀末のイタリア。若い軽騎兵将校を執拗なまでに愛する病弱な醜女の苦悩を描く。製作はフランコ・コミッテリ、監督は「ジェラシー(1970)」以後の作品が10作ほど未公開に終わっていたエットーレ・スコラ。イジニオ・ウーゴ・タルケッティの原作を基にルッジェーロ・マッカリとエットーレ・スコラが脚色。撮影はクラウディオ・ラゴーナ、音楽はアルマンド・トロバヨーリ、編集はライモンド・クロチアーニ、美術はフィオレンツォ・セネーセ、衣裳はガブリエラ・ペスクッチが担当。出演はべルナール・ジロドー、ヴァレリア・ドビチ、ラウラ・アントネッリ、ジャン・ルイ・トランティニャン、マッシモ・ジロッティなど。イタリア語サウンドトラック。

監督
エットーレ・スコラ
出演キャスト
ベルナール・ジロドー ヴァレリア・ドビチ ラウラ・アントネッリ ジャン・ルイ・トランティニャン
1979年

イノセント

  • 1979年3月31日(土)公開
  • 出演(Giuliana 役)

20世紀初めの、イタリア貴族社会の絢爛たる文化を背景に、男女の愛憎を中心に人間の本質、人生を描く。製作はジョヴァンニ・ベルトルッチ、監督は「家族の肖像」のルキノ・ヴィスコンティで、これは彼の遺作にあたる。ガブリエレ・ダヌンツィオの原作をスーゾ・チェッキ・ダミーコが脚色。撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はフランコ・マンニーノ、美術はマリオ・ガルブリア、衣裳はピエロ・トージが各々担当。出演は「流されて…」のジャンカルロ・ジャンニーニ、ラウラ・アントネッリ、ジェニファー・オニール、マルク・ポレル、ディディエ・オードパン、リナ・モレリ、マリー・デュボアなど。日本語版監修は岡枝慎二。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
ルキノ・ヴィスコンティ
出演キャスト
ジャンカルロ・ジャンニーニ ラウラ・アントネッリ ジェニファー・オニール マルク・ポレル
1975年

J-P・ベルモンドの交換結婚

  • 1975年11月29日(土)公開
  • 出演(Martine 役)

持参金めあてに結婚した男が、妻の美貌の妹に魅せられてしまうというフランス喜劇。製作はアンドレ・ジェノーヴェ、監督は「女の望遠鏡」のクロード・シャブロル、脚本はポール・ジェゴフ、原作はユベール・モンティレ、撮影はロジェ・コルボー、音楽はピエール・ジャンセンが各々担当。出演はジャン・ポール・ベルモンド、ミア・ファロー、ラウラ・アントネッリ、ダニエル・イヴェルネルなど。

監督
クロード・シャブロル
出演キャスト
ジャン・ポール・ベルモンド ミア・ファロー ラウラ・アントネッリ ダニエル・イヴェルネル

続青い体験

  • 1975年8月9日(土)公開
  • 出演(Laura 役)

兄嫁の護衛をいいつけられた少年の揺れ動く性への憧れと不安を描く。製作にはシルヴィオ・クレメンテッリ、監督は「青い体験」のサルヴァトーレ・サンペリ、脚本はオッタヴィオ・ジェンマとアレッサンドロ・パレンゾ、原案はサルバトーレ・サンペリとオッタヴィオ・ジェンマ、撮影はトニーノ・デリ・コリ、音楽はフレッド・ボンガスト、編集はセルジオ・モンタナリが各々担当。出演はラウラ・アントネッリ、アレッサンドロ・モモ、オラツィオ・オルランド、リッラ・ブリグノン、ティーノ・カルラロ、リーノ・トッフォロ、モニカ・ゲリトーレなど。

監督
サルヴァトーレ・サンペリ
出演キャスト
ラウラ・アントネッリ アレッサンドロ・モモ オラツィオ・オルランド リッラ・ブリグノン
1974年

青い体験

  • 1974年10月12日(土)公開
  • 出演(Angela 役)

女っ気のない家庭にやってきた若く美しいお手伝いさんをめぐって、父親と長男が争奪戦を始める。製作はシルヴィオ・クレメンテッリ、監督は二九歳の新人サルヴァトーレ・サンペリ、サンペリの原案をオッタヴィオ・ジェンマ、アレッサンドロ・パレンゾとサンペリ自身が共同脚本。撮影はヴィットリオ・ストラーロ、音楽はフレッド・ボンガストが各々担当。出演はラウラ・アントネッリ、トゥリ・フェロー、アレッサンドロ・モモ、リリア・ブリグノン、ピーノ・カルーン、アンジェラ・ルース、ティナ・オーモンなど。

監督
サルヴァトーレ・サンペリ
出演キャスト
ラウラ・アントネッリ トゥリ・フェロー アレッサンドロ・モモ ティナ・オーモン
1971年

刑事キャレラ 10+1の追撃

  • 1971年当年公開
  • 出演(Juliette 役)

南仏の保養地ニースに起こった不気味な連続殺人事件をめぐって、キャレラ刑事の活躍を描く。製作は「シシリアン」のジャック・E・ストラウス、監督はフィリップ・ラブロ、エド・マクベインの原作をラブロとジャック・ライズマンが共同脚色した。撮影は「君に愛の月影を」のジャン・パンゼ、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はクロード・バロワが各々担当。出演は「流れ者」のジャン・ルイ・トランティニアン、「初恋(1971)」のドミニク・サンダ、サッシャ・ディステル、カルラ・グラビナ、ポール・クローシェ、ローラ・アントネリ、ジャン・ピエール・マリエルなど。

監督
フィリップ・ラブロ
出演キャスト
ジャン・ルイ・トランティニャン ドミニク・サンダ サッシャ・ディステル カルラ・グラヴィーナ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラウラ・アントネッリ