映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・キャッスル

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1959年 まで合計3映画作品)

1958年

最後の駅馬車

  • 1958年9月29日(月)
  • 出演

鉄道との競争に負けて倒産した駅馬車業者が、復讐のため列車強盗になるナチュラマによる西部劇。オリジナルは67分だが、日本では短縮版が公開。監督はジョセフ・ケイン、製作はルディ・ランストン、脚本はバリー・シップマン、撮影はジャック・マータ、音楽はジェラルド・ロバーツが担当。出演はジム・デイヴィス、メアリー・キャッスル、ヴィクター・ジョリー、リー・ヴァン・クリーフほか。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
ジム・デイヴィス メアリー・キャッスル ヴィクター・ジョリー リー・ヴァン・クリーフ

ヤキ族の太鼓

  • 1958年4月15日(火)
  • 出演

西部劇。短縮版。オリジナルは71分。ポール・L・ペイルの原作の映画化で、脚本はジョー・パガノとダニエル・D・ビューチャンプが共同で執筆。製作はウィリアム・F・ブロイディ、監督はジーン・ヤーブロー、撮影はジョン・J・マーチン、音楽はエドワード・J・ケイが担当。出演はロッド・キャメロン、メアリー・キャッスル、J・キャロル・ナイシュ、ロバート・ハットンなど。

監督
ジーン・ヤーブロー
出演キャスト
ロッド・キャメロン メアリー・キャッスル J・キャロル・ナイシュ ロバート・ハットン
1959年

決斗!一対三

  • 1959年4月15日(水)
  • 出演(Jane_Brown 役)

テキサスに実在した賭博師であり、無法者として知られたウェス・ハーディンの半生記の映画化。彼の書いた自叙伝にもとづいて、ドラマが組みたてられている。ハーディンの自伝から製作者のウィリアム・アランドがオリジナル・ストーリーを書き下ろし、それをバーナード・ゴードンがシナリオに脚色している。監督は「裸者と死者」のラウール・ウォルシュ。撮影は「世界を駈ける恋」のアーヴィング・グラスバーグ、音楽はジョセフ・ガーシェンソン。出演するのは「翼に賭ける命」のロック・ハドソン、「平原の待伏せ」のジュリア・アダムス、「若き獅子たち」のリー・ヴァン・クリーフ、ジョン・マッキンタイア、ジュー・オブライアン、メアリー・キャッスル、ウィリアム・プレン、グレン・ストレンジ、マイケル・アンサラ、デニス・ウィーバー、ボビー・ホイ等。製作ウィリアム・アランド。テクニカラー・スタンダードサイズ。1952年作品。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ロック・ハドソン ジュリア・アダムス メアリー・キャッスル ジョン・マッキンタイア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・キャッスル