映画-Movie Walker > 人物を探す > 原村政樹

年代別 映画作品( 2005年 ~ 2019年 まで合計9映画作品)

2019年

いのちの岐路に立つ 核を抱きしめたニッポン国

  • 2019年2月3日(日)公開
  • 監督、撮影、編集

2017年9月9日東京での上映会を皮切りに各地で上映。2017年9月23日より大阪・シアターセブンにて、10月21日より愛知・シネマスコーレにて劇場公開。

監督
原村政樹
2018年

武蔵野~江戸の循環農業が息づく~

  • 2018年4月14日(土)公開
  • 監督、撮影、編集

江戸時代から360年以上に渡って循環農業が継承されてきた埼玉県南西部の農家の暮らしを追ったドキュメンタリー。世界でも例のない大都市近郊の平地林。“ヤマ”と呼ぶ雑木林と共に暮らす人々の1年は、“クズ掃き”と呼ばれる1月の落ち葉集めから始まる。監督は「海女のリャンさん」がキネマ旬報ベスト・テン文化映画第1位に輝いた原村政樹。

監督
原村政樹
2016年

無音の叫び声

  • 2016年4月9日(土)公開
  • 監督、プロデューサー、構成、撮影、編集

山形県の小さな村に暮らす79歳の農民詩人・木村迪夫の生き様を追ったドキュメンタリー。戦後を見つめ続けてきた木村の目を通して、日本の今を照らし出す。詩の朗読は「祖谷物語 おくのひと」の田中泯。監督は「天に栄える村」の原村政樹。「人生の約束」の室井滋がナレーションを担当し、地方の豊かな芸術や文化にもスポットを当てる。2016年1月23日よりフォーラム山形にて先行ロードショー。

監督
原村政樹
出演キャスト
木村迪夫
2013年

天に栄える村

  • 2013年11月16日(土)公開
  • 監督、プロデューサー、編集

福島第一原発による放射能汚染の被害を受けた福島県天栄村で、苦境を乗り越えようとする人々に迫ったドキュメンタリー。農地を未来へ渡すために、国や県に頼らず、できることは何でもやろうと立ち上がった農家の姿を追う。監督・編集は、「里山の学校」の原村政樹。ナレーションは、「ディア・ドクター」の余貴美子。2013年3月1日より、山形県・フォーラム山形にて開催された「東日本大震災復興支援上映プロジェクト「ともにある Cinema with Us 忘れないために 1」にて上映。2013年11月16日より、東京・ポレポレ東中野にて公開。

監督
原村政樹
2011年

里山の学校

  • 2011年7月30日(土)公開
  • 監督、製作、撮影

「里山っ子たち」、「Little Challengers 小さな挑戦者たち」に続く里山っ子シリーズ第3弾。千葉県木更津市で毎週土曜日に開かれている学童保育“土曜学校”を舞台に、里山の中で助け合いながら成長していく小学生たちの姿を追ったドキュメンタリー。監督は前2作に引き続き、原村政樹が務めた。

監督
原村政樹
2009年

Little Challengers 小さな挑戦者たち

  • 2009年1月3日(土)公開
  • 監督、撮影

子供たちの年齢に応じてさまざまな課題を行う木更津社会館保育園を追ったドキュメンタリーの第2弾。チャレンジ精神を育もうと子供たち、保育士が努力を重ねる様子を追う。

監督
原村政樹

里山っ子たち

  • 2009年1月3日(土)公開
  • 監督、撮影

里山での保育を実践するとある保育園の子供たちの姿を1年半にわたってとらえたドキュメンタリー。自然と触れ合うことで豊かな人間性を育んでゆく子供たちの姿が微笑ましい。

監督
原村政樹
2008年

いのち耕す人々

  • 2008年6月28日(土)公開
  • 監督、脚本

第4回文化庁文化記録映画最優秀賞受賞のドキュメンタリー。32年にわたって有機農業に取り組む山形県高畠町の人々の姿を通し、人と自然の共生の在り方を問う。

監督
原村政樹
出演キャスト
星寛治 渡部宗雄 渡部務 渡部美佐子
2005年

海女のリャンさん

  • 2005年5月5日(木)公開
  • 監督、脚本、撮影

ある在日韓国人女性の半生を記録したドキュメンタリー。海女として働く39年前の彼女の映像に、53年ぶりに故郷の済州島を訪れた現在の映像を加え、家族の絆や母の愛をつづる。

監督
原村政樹
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 原村政樹