映画-Movie Walker > 人物を探す > レジス・トゥーミー

年代別 映画作品( 1929年 ~ 2013年 まで合計46映画作品)

1932年

処女読本(1932)

  • 1932年当年公開
  • 出演(Jimmie 役)

「近代エロ双紙」のチャールズ・ケニヨン、「マルタの鷹(1931)」のモード・フルトン両人が合作し、台詞を附した脚本により「悪魔スヴェンガリ」「地獄の一丁目」のアーチー・L・メイヨが監督し、「最後の偵察」「魔天街の銃声」のシド・ヒコックスが撮影にあったたもので、主なる出演者は「狂へる天才」「悪魔スヴェンガリ」のマリアン・マーシュ、「二十四時間」「タッチダウン」のレジス、トゥーミー、「ニューヨークの歩道」のアニタ・ペイジ、エマ・ダン、ウォレン・ウィリアム、ジョイス・コンプトン、J・ファーレル・マクドナルド、ノーマン・フォスター、メアリー・ドーラン、ウォルター・マッグレイルなどである。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
マリアン・マーシュ レジス・トゥーミー ウォーレン・ウィリアム アニタ・ペイジ
1931年

赤新聞

  • 1931年当年公開
  • 出演(Rean 役)

「摩天楼の巨人」「放浪船」につぐジョージ・バンクロフトの主演映画で、「アパートの殺人」のマックス・マーシン及び「巴里選手」のヴィンセント・ローレンスの共同執筆した脚本により「唇の罪」「トム・ソーヤーの冒険(1930)」のジョン・クロムウェルが監督に当たり「空中大曲芸団」「少年軍兵士」のデイヴィッド・エーベが撮影を担任した。助演者として「桃色の盗賊」「夫無き妻」のクライヴ・ブルック、「恋の素顔」「命を賭ける男(1930)」のケイ・フランシス、「ワイオミングの男」「命を賭ける男」のレジス・トゥーミー、ルシアン・リトルフィールド、ギルバート・エメリーその他が顔出している。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ジョージ・バンクロフト ケイ・フランシス クライヴ・ブルック レジス・トゥーミー

キック・イン

  • 1931年当年公開
  • 出演(Chick_Hewes 役)

「女給と強盗」「女房盗塁」に出演し最近パラマウントを退社したクララ・ボウが同社に於ける最後の出演映画で原作はウィラード・マックの手になる戯曲、それを「暴力団(1928)」の原作者であり「略奪者」「笑う女」の脚色者であるバートレット・コーマックが潤色脚色し「街の紳士」「女給と強盗」のヴィクター・ミルナーが撮影にあたた。助演者は「赤新聞」「命を賭ける男(1930)」のレジス・トゥーミー、「珍暗黒街」「街の紳士」のウィン・ギブソン、「夫無き妻」のジュリエット・コンプトン、レスリー・フェントン、ドナルド・クルスプ、ポール・ハーストその他である。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
クララ・ボウ レジス・トゥーミー ウィン・ギブソン レスリー・フェントン

死線記者

  • 1931年当年公開
  • 出演(Dusty_Hotchkiss 役)

ハリー・バリンジャーが原作、脚色したものにより「海軍士官候補生(1925)」のクリスティ・キャバンヌが監督しジェローム・アッシュが撮影したもので主なる出演者は「無冠の帝王」のレジス・トゥーミー、「曠野に叫ぶ(1930)」のスー・キャロル、ドロシー・レヴィア、ボリス・カーロフなどである。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
レジス・トゥーミー スー・キャロル ドロシー・レヴィア ボリス・カーロフ

タッチ・ダウン(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Tom_Hussey 役)

名コーチャーと謳われた故ヌート・ロックイニイーの助手をしてたフランシス・ウォレス作の蹴球小説「スタディアム」を映画化したもので、「砲煙」「征服群」と同じくグローヴァ・ジョーンズとウィリアム・スレイヴンス・マクナットが共同脚色し、「いんちき商売」「青春来る(1931)」のノーマン・マクロードが監督し「いんちき商売」「哄笑の世界」のアーサー・L・トッドが撮影した。主役は「沈黙の犯罪」「砲煙」のリチャード・アーレンで「沈黙(1931)」のペギー・シャノン、「おしゃれ牧場」「珍暗黒街」のジャック・オーキイ、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、「名門芸術」のチャールズ・スターレット、「陽気な中尉さん」のジョージ・バービア、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド等が共演している。

監督
ノーマン・マクロード
出演キャスト
リチャード・アーレン ペギー・シャノン ジャック・オーキー レジス・トゥーミー

時計の殺人

  • 1931年当年公開
  • 出演(Officer_Cassidy 役)

ルーファス・キング原作の探偵小説とそれに基いてチャールズ・ビーハンが脚色した舞台劇を映画化したもので「女房盗賊」のヘンリー・マイヤースが映画脚色し、「砲煙」「征服群」のエドワード・スローマンが監督、「スキピイ」「悪魔が跳び出す」のカール・ストラッスが撮影した。主要俳優は「市街」「砲煙」のウィリアム・ボイド、「天国の一夜」「悪魔が跳び出す」のリリアン・タッシュマン、「アメリカの悲劇」「愛する権利(1930)」のアーヴィング・ピチェル等で、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、「天下無敵」のサリー・オニール、「氷原の彼方」のウォルター・マッグレイル、レスター・ヴェイル、ブランシュ・フレデシリ、マーサ・マトックス等が助演している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ウィリアム・ボイド リリアン・タッシュマン アーヴィング・ピチェル レジス・トゥーミー

二十四時間

  • 1931年当年公開
  • 出演(Tony_Bruzzi 役)

ルイス・ブロムフィールドが筆をとった小説で、ウィリアム・C・レングルとルウ・レヴェンソン両氏によって舞台にも上演された物語を映画化したもので、脚色は「特集社会面」の原作者ルイス・ウィツェンコーン、監督者は「失われた抱擁」のマリオン・ガーリング。主なる出演者は「女性に捧ぐ」「心を汚されし女」のクライヴ・ブルック、「影を売る男」「赤新聞」のケイ・フランシス、「陽気な中尉さん」のミリアム・ホプキンス、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、「陽気な中尉さん」のジョルジュ・パルピエ、エイドリアン・エイムス、マイナー・ワトソン等でカメラは「無冠の帝王」「戦争」のアーネスト・ホーラーが担当している。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
クライヴ・ブルック ケイ・フランシス ミリアム・ホプキンス レジス・トゥーミー

無冠の帝王

  • 1931年当年公開
  • 出演(Breezy_Russell 役)

「暁の偵察」「狼火」と同じくリチャード・バーセルメス主演する映画である。「暁の偵察」「つばさ」のジョン・モンク・ソーンダースとW・R・バーネット合作のストーリーからロバート・ロードが脚色し「恋の花園」「歓楽地帯」のジョン・フランシス・ディロンが監督したもので「国境の狼群(1930)」「喰人島征服」のフェイ・レイ、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、クラーク・ゲーブル、「地獄の一丁目」のロバート・エリオット、オスカー・アフェル等が助演、カメラは「狼火」「便利な結婚」のアーネスト・ホーラーが担任。

監督
ジョン・フランシス・ディロン アーネスト・ホーラー
出演キャスト
リチャード・バーセルメス フェイ・レイ レジス・トゥーミー クラーク・ゲーブル
1930年

アパートの殺人

  • 1930年当年公開
  • 出演(Tom_Owens 役)

「ベンスン殺人事件」「命を賭ける男(1930)」と同じくウィリアム・パウエル主演映画で、ジョン・A・モロスコ作の小説に基づいてマックス・マーシンが書き下ろした物語を、「七日間の休暇」「三週間」のジョン・ファーロウが脚色し、「桃色の盗賊」「暗い部屋」のルイ・ガスニエが監督、「命を賭ける男(1930)」「七日間の休暇」チャールズ・ラン氏が撮影したものである。助演は新進のマリオン・シリング、「ベンスン殺人事件」「ハヴァナから来た女」のナタリー・ムーアヘッド、「命を賭ける男(1930)」「青春の幻想」のレジス・トゥーミー。その他ポール・ハースト、フレデリック・バート等も出演している。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
ウィリアム・パウエル マリオン・シリング ナタリー・ムーアヘッド レジス・トゥーミー

命を賭ける男(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Babe_Marsden 役)

「レヴュー結婚」「恋の素顔」等出演のウィリアム・パウエル氏のスター昇進第1回主演映画で、「支那街の夜」「暗黒街の女(1928)」のオリヴァー・H・P・ギャレット氏が原作並びに台詞を執筆し、「ヴァージニアン(1929)」「恋の素顔」のハワード・エスタブルック氏が脚色し、「巨人」「踊る人生」のジョン・クロムウェル氏が監督し、「半分天国」「恋の素顔」のチャールズ・ラング氏が撮影したものである。助演者は「恋の素顔」のケイ・フランシス嬢、「半分天国」のジーン・アーサー嬢、「青春の幻想」のレジス・トゥーミー氏、スタンリー・フィールズ氏、ジョン・リッソ氏等である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ケイ・フランシス レジス・トゥーミー ジーン・アーサー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レジス・トゥーミー