映画-Movie Walker > 人物を探す > 窪塚俊介

年代別 映画作品( 2005年 ~ 2019年 まで合計25映画作品)

2019年

エリカ38

  • 2019年6月7日(金)公開予定
  • 出演(橋本弘 役)

故・樹木希林が企画、実際の事件をモチーフに、60歳を過ぎていながら38歳と偽り大金を詐取した女を通し、女の本性を炙り出した人間ドラマ。聡子は投資詐欺をはたらく愛人・平澤の裏切りを知り彼と手を切り、自らの話術と色香で大金を巻き上げて豪遊する。エリカと名乗り欲望のままに生きる聡子を浅田美代子が、ドラマ『時間ですよ』での共演以来浅田と長年親しくしてきた樹木希林が聡子の母親を演じる。監督は、第40回モントリオール世界映画祭ワールド・ドキュメンタリー部門最優秀作品賞、2017年日本映画批評家大賞ドキュメンタリー賞に輝いた「健さん」を手がけた日比遊一。第11回沖縄国際映画祭特別招待作品。

監督
日比遊一
出演キャスト
浅田美代子 平岳大 窪塚俊介 山崎一
2018年

スカブロ

  • 2018年7月21日(土)公開
  • 出演(海野龍助 役)

横須賀に関わりがあるキャストが集結した横須賀を舞台にしたドラマ。横須賀で便利屋を営むミュージシャンの弟・虎太と、彼を手伝うことになった俳優の兄・龍助。2人の前に、数ヶ月前に亡くなった父親の手紙を父の友人に届けたいという女性・ナオミが現れる。監督・脚本は、「ばななとグローブとジンベエザメ」の矢城潤一。出演は、「花筐/HANAGATAMI」の窪塚俊介、アーティストのRUEED、シンガーのAISHA、「呪怨 白い老女」の福永マリカ。2017年9月30日より横須賀HUMAXシネマズを皮切りに順次公開。

監督
矢城潤一
出演キャスト
窪塚俊介 RUEED AISHA 福永マリカ
2017年

花筐/HANAGATAMI

  • 2017年12月16日(土)公開
  • 出演(榊山俊彦(僕) 役)

檀一雄による同名短編小説を大林宣彦監督が映画化。「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」に続く“戦争三部作”の最終章。1941年の佐賀県唐津市を舞台に、戦禍の中に生きる若者たちの心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で綴る。出演は「野のなななのか」の窪塚俊介、「三度目の殺人」の満島真之介、「マイ・バック・ページ」の長塚圭史、「彼女の人生は間違いじゃない」の柄本時生、「クレヴァニ、愛のトンネル」の矢作穂香、「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の山崎紘菜、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「だれかの木琴」の常盤貴子。脚本は大林宣彦と「HOUSE ハウス」「ふたり」の桂千穂。音楽の山下康介、撮影・編集の三本木久城、美術の竹内公一、録音の内田誠ら「野のなななのか」スタッフが引き続き参加。2017年12月7日より唐津先行上映。2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画2位、日本映画監督賞(大林宣彦)。

監督
大林宣彦
出演キャスト
窪塚俊介 満島真之介 長塚圭史 柄本時生
2016年

夢二〜愛のとばしり

  • 2016年7月30日(土)公開
  • 出演

数多くの美人画を残した大正ロマンを代表する画家、竹久夢二の真実に迫る人間ドラマ。絵画店を営みながら妻と息子の3人で暮らす夢二は、芸術家としての理想に悶々とした日々を過ごしていた。ある日、運命の女性・彦乃と出会った夢二は彼女との愛に溺れてゆく。出演は「案山子とラケット 亜季と珠子の夏休み」の駿河太郎、「KIRI 「職業・殺し屋。」外伝」の小宮有紗、「テラフォーマーズ」の加藤雅也、「イン・ザ・ヒーロー」の黒谷友香。監督・脚本は「MOON DREAM ムーン・ドリーム」の宮野ケイジ。

監督
宮野ケイジ
出演キャスト
駿河太郎 小宮有紗 加藤雅也 黒谷友香
2014年

野のなななのか

  • 2014年5月17日(土)公開
  • 出演(鈴木秋人 役)

北海道芦別市を舞台に、葬儀のために集まった家族の姿と、その家族に関わる終戦の秘話を通じて、3.11以降の日本のあり方を見つめるドラマ。「この空の花 長岡花火物語」の姉妹編的位置づけとなる大林宣彦監督作品。全編、芦別市でロケ撮影を行なった。出演は「沈まぬ太陽」の品川徹、「アフタースクール」の常盤貴子。

監督
大林宣彦
出演キャスト
品川徹 村田雄浩 松重豊 窪塚俊介
2013年

東京に来たばかり

  • 2013年11月9日(土)公開
  • 出演

囲碁の腕を磨くべく日本にやってきたものの、囲碁も打てず、仕事にもあぶれていた中国人青年が、囲碁の名門一家の継承者でもある老婦人と出会い、交流を深めていく姿を描く心温まるストーリー。『天上の恋人』のジャン・チンミン監督が、『スプリング・フィーバー』のチン・ハオと名優・倍賞千恵子を主演に迎えた、日中合作の感動作だ。

監督
ジャン・チンミン
出演キャスト
チン・ハオ 倍賞千恵子 中泉英雄 チャン・チュンニン

君が愛したラストシーン

  • 2013年4月6日(土)公開
  • 出演(浩介 役)

“Love & Eros CINEMA COLLECTION”2ndシーズンSPRINGの1本。最愛の妻を亡くした主人公の前に、DVDのヒロインが画面から飛び出してきて……。監督は、「妻の恋人」助監督の佐藤吏。出演は、「夕闇ダリア」の吉井怜、「不良少年 3、000人総番(アタマ)」の窪塚俊介。

監督
佐藤吏
出演キャスト
吉井怜 窪塚俊介 江澤翠 宮地真緒
2012年

ビターコーヒーライフ

  • 2012年5月12日(土)公開
  • 出演

TV『銭形平次』や『水戸黄門』などで名脇役として活躍、2011年12月にガンで他界した俳優・入川保則主演によるヒューマンドラマ。福島県白河市の喫茶店を舞台に、親子の絆を描く。監督は「ブルックリン橋をわたって」の横山浩之。共演は「あぜ道のダンディ」の山本ひかる、「東京に来たばかり」の窪塚俊介、「魔法遣いに大切なこと」の國元なつき。

監督
横山浩之
出演キャスト
入川保則 松方弘樹 秋吉久美子 山本ひかる

不良少年 3,000人の総番(アタマ)

  • 2012年3月10日(土)公開
  • 出演(菱川晃希 役)

不良文化が独特の熱を帯びた1970年代を舞台に、ツッパリたちの生き様を描く青春喧嘩グラフィティ。出演は「明日泣く」の斎藤工、「アメイジング・グレイス 儚き男たちへの詩」の窪塚俊介、「麻雀飛翔伝 哭きの竜 外伝」シリーズの須藤温子、「透光の樹」の秋吉久美子。作家・遠藤夏輝による自伝的小説『東京不良少年伝説』が原作。

監督
宮野ケイジ
出演キャスト
斎藤工 窪塚俊介 須藤温子 水谷百輔
2011年

アメイジング・グレイス 儚き男たちへの詩

  • 2011年8月13日(土)公開
  • 出演(片桐蓮 役)

1990年代後半を舞台に、暴走族の少年たちの切ない運命を描いた白川蓮の同名小説を映画化。ミュージカルを中心に活躍中の神田沙也加が、不良少年たちを優しく見守るマドンナ役を演じたほか、タイトルに掲げられた主題歌も熱唱。100台以上のバイクが一堂に会した暴走シーン、歌舞伎町での大規模なロケ映像が見ものだ。

監督
川野浩司
出演キャスト
窪塚俊介 宮田大三 神田沙也加 鎌苅健太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 窪塚俊介