映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・ケイ・プレイス

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 2014年 まで合計16映画作品)

2014年

バッド・マイロ!

  • 2014年12月20日(土)公開
  • 出演(ビアトリス 役)

ストレスをため込んだ男の身体から生まれたモンスター“マイロ”が巻き起こす騒動を描いたホラーコメディ。出演は「なんちゃって家族」のケン・マリーノ、「エンド・オブ・ザ・ワールド」のジリアン・ジェイコブス、「ラストスタンド」のピーター・ストーメア。CGなしのアナログ特撮で作り上げたマイロのキャラクターが見もの。

監督
ジェイコブ・ヴォーン
出演キャスト
ケン・マリーノ ジリアン・ジェイコブズ メアリー・ケイ・プレイス クラウディア・チョイ
2006年

美しい人

  • 2006年7月1日(土)公開
  • 出演(アルマ 役)

「彼女を見ればわかること」のロドリゴ・ガルシア監督が紡いだ9つの短編集。さまざまな境遇の女性の人生のひとコマを通して、心の痛みと生の輝きを愛おしくつづる。

監督
ロドリゴ・ガルシア
出演キャスト
キャシー・ベイカー エイミー・ブレネマン エルピディア・キャリロ グレン・クロース
2003年

メラニーは行く!

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 出演(Peal 役)

若手人気女優リース・ウィザースプーン主演の痛快サクセス・ラブ・ストーリー。幸せをつかむため、前向きに奮闘する現代女性の姿をパワフルかつユーモラスに描いた痛快作。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
リース・ウィザースプーン ジョシュ・ルーカス パトリック・デンプシー キャンディス・バーゲン
2002年

ノンストップ・ガール

  • 2002年8月10日(土)公開
  • 出演(Psychiatrist 役)

「キリング・ミー・ソフトリー」の人気女優ヘザー・グラハム主演作。夫の愛を取り戻そうとするヒロインの旅を、キュートなエピソード満載で描くロマンチック・コメディだ。

監督
リサ・クリニューガ
出演キャスト
ヘザー・グラハム ケイシー・アフレック ルーク・ウィルソン ゴラン・ヴィシュニック

ヒューマンネイチュア

  • 2002年3月9日(土)公開
  • 出演(Nathan's Mother 役)

「マルコヴィッチの穴」のスタッフが再結集したブラック・コメディ。野性育ちの男や毛深い女性など風変わりな人々の愛憎劇だ。風刺の効いたユーモラスな展開に注目!

監督
ミシェル・ゴンドリー
出演キャスト
パトリシア・アークエット ティム・ロビンス リス・エヴァンス ミランダ・オットー
2001年

マルコヴィッチの穴

  • 2001年2月10日(土)公開
  • 出演(Floris 役)

 世界各国の映画祭で絶賛された、新鋭S・ジョーンズ監督による異色作。奇妙な体験と、飽くなき欲望にとりつかれた人びとが巻き起こす珍騒動がパワフル&ユーモラス。

監督
スパイク・ジョーンズ
出演キャスト
ジョン・キューザック キャメロン・ディアス キャサリン・キーナー オーソン・ビーン
2000年

17歳のカルテ

  • 2000年9月2日(土)公開
  • 出演(Mrs. Gilcrest 役)

 精神病院を舞台に、自己の内面を探るナイーブな少女の苦悩を描いた青春ドラマ。自分探しの過程はもちろん、患者たちとの友情や、医師、看護婦との交流が味わい深い。

監督
ジェームズ・マンゴールド
出演キャスト
ウィノナ・ライダー アンジェリーナ・ジョリー クレア・デュヴァル ブリタニー・マーフィ
1999年

I loveペッカー

  • 1999年10月30日(土)公開
  • 出演(Joyce 役)

ひょんなことで天才写真家にまつりあげられた青年をめぐる騒動をコミカルに描いた青春群像劇。監督・脚本は「シリアル・ママ」のジョン・ウォータース。製作のジョン・フィードラーとマーク・ターロフ、撮影のロバート・スティーヴンス(「知らなすぎた男」)は「シリアル・ママ」に続く参加で、美術のヴィンセント・ペラニオ、編集のジャニス・ハンプトン、衣裳のヴァン・スミスはウォータース作品の常連。音楽はスコアを「グリッドロック」のスチュワート・コープランド。出演は「グラスハープ 草の竪琴」のエドワード・ファーロング、「バッファロー66」のクリスティーナ・リッチ、「ハリケーン・クラブ」のブレンダン・セクストン三世、「I SHOT ANDY WARHOL」のリリ・テイラーほか。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
エドワード・ファーロング クリスティーナ・リッチ リリ・テイラー メアリー・ケイ・プレイス
1998年

レインメーカー

  • 1998年6月27日(土)公開
  • 出演(Dot Black 役)

悪徳巣食う法廷に挑む若き弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマ。ベストセラー作家ジョン・グリシャムの原作『原告側弁護人』(新潮社刊)を、「ジャック」のフランシス・フォード・コッポラの監督・脚本・製作総指揮で映画化。ナレーションの執筆はマイケル・ハー。製作は「ゲーム」(主演)「フェイス/オフ」(製作)のマイケル・ダグラスと、スティーヴン・ルーサー、フレッド・ファーカス。撮影のジョン・トール、編集のバリー・マルキン、衣裳のアギー・ジェラード・ロジャースは「ジャック」に続いてコッポラと組んだ。音楽は「大脱走」「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」などのベテラン、エルマー・バーンスタイン。美術は「ロング・キス・グッドナイト」のハワード・カミングス。主演は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のマット・デイモン。共演は「ロミオ&ジュリエット」のクレア・デーンズ、「アナコンダ」のジョン・ヴォイト、「マーズ・アタック!」のダニー・デヴィート、「ダブルチーム」のミッキー・ローク、「リーサルウェポン3」のダニー・グローヴァー、「のら猫の日記」のメアリー・ケイ・プレイス、「ミニヴァー夫人」「ある日どこかで」の老女優テレサ・ライト、「キャンディマン」のヴァージニア・マドセン、「蜘蛛女」のロイ・シャイダーなど、多彩な布陣。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
マット・デイモン クレア・デインズ ジョン・ヴォイト ダニー・グローヴァー
1997年

のら猫の日記

  • 1997年12月27日(土)公開
  • 出演(Elaine 役)

みなし児の姉妹が自分達の新しい家族を作り上げていく、風変わりで感動的なロード・ムービー。監督・脚本はジム・ジャームッシュやアベル・フェラーラらの下でスクリプトスーパーバイザーを務めていたリサ・クリューガ。本作の脚本がサンダンス・インスティテュートのフィルムメイカー・ライターズ・ラボに選ばれ劇映画デビューを果たした。製作はディーン・シルヴァーズとマーレン・ヘッチ。撮影は監督の弟でミュージックビデオの撮影などで知られるトム・クリューガ。音楽は俳優・ミュージシャンとして活躍している「ブルー・イン・ザ・フェイス」のジョン・ルーリー。美術は「ビフォア・ザ・レイン」のシャロン・ラモフスキー。編集は「ダイ・ハード3」のコリーン・シャープ。衣裳はジェニファー・パーカー。出演は「赤ちゃんはトップレディがお好き」のマリー・ケイ・プレイス、「理由」のスカーレット・ヨハンセン、アレクサ・パラディノほか。

監督
リサ・クリニューガ
出演キャスト
メアリー・ケイ・プレイス スカーレット・ヨハンソン アレクサ・パラディノ ディーン・シルヴァーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・ケイ・プレイス