映画-Movie Walker > 人物を探す > ビル・アーウィン

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2014年 まで合計6映画作品)

2014年

アメリカンレガシー

  • 2014年5月3日(土)公開
  • 出演

「マイ・ブラザー」の俳優サム・シェパードの監督2作目となる異色のアート西部劇。ネイティブ・インディアンの血を引く嫁の亡霊に苦しめられる牧場主一家を描く。出演は、「ハリー・ポッター」シリーズのリチャード・ハリス、「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックス。第6回東京国際映画祭正式上映作品。

監督
サム・シェパード
出演キャスト
リチャード・ハリス アラン・ベイツ ダーモット・マローニー リヴァー・フェニックス
2009年

レイチェルの結婚

  • 2009年4月18日(土)公開
  • 出演(ポール 役)

「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイ主演によるヒューマン・ドラマ。姉の結婚式のために家へ戻ってきた問題児の妹の姿を通し、平凡な家族の葛藤と絆をリアルに描き出す。

監督
ジョナサン・デミ
出演キャスト
アン・ハサウェイ ローズマリー・デウィット ビル・アーウィン トゥンデ・アデビンペ
2006年

レディ・イン・ザ・ウォーター

  • 2006年9月30日(土)公開
  • 出演(リーズ氏 役)

「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督が、自身の子どもたちに書いた物語を映画化。ひとりの男が出会った、不思議な女性との奇妙な出来事を描いたミステリー。

監督
M・ナイト・シャマラン
出演キャスト
ポール・ジアマッティ ブライス・ダラス・ハワード ジェフリー・ライト ボブ・バラバン
1992年

ステッピング・アウト

  • 1992年6月6日(土)公開
  • 出演(Geoffrey 役)

タップダンス教室で練習に励むアマチュア・ダンサーたちとその教師との交流と成長を描く人間ドラマ。監督・製作は「旅する女/シャーリー・バレンタイン」のルイス・ギルバート、エグゼクティヴ・プロデューサーはビル・ケンライト、リチャード・ハリスの同名戯曲を自らが脚色、撮影は「旅する女」のアラン・ヒューム、音楽は「トーチソング・トリロジー」のピーター・マッツが担当。

監督
ルイス・ギルバート
出演キャスト
ライザ・ミネリ シェリー・ウィンタース ビル・アーウィン エレン・グリーン
1991年

結婚記念日

  • 1991年9月21日(土)公開
  • 出演(Mime 役)

ロサンゼルスのショッピングセンターを舞台に、中年夫婦の結婚生活の危機を描いたコメディ。夫であり弁護士であるニック役をウディ・アレンが、妻であり心理学者であるデボラ役をベッド・ミドラーが演じる。製作、脚本、監督、出演の四役をこなすのは、「パラドールにかかる月」「敵、ある愛の物語」を監督したポール・マザースキー。共同製作は「結婚しない女」「敵、ある愛の物語」などのパト・ガズマン。共同脚本はロジャー・サイモン。撮影は「勝利への旅立ち」「敵、ある愛の物語」のフレッド・マーフィー。衣装は「オール・ザット・ジャズ」「ソフィーの選択」でアカデミー賞を受賞したアルバート・ウォルスキー。音楽は、「恋人たちの予感」「ミザリー」などを手掛け、もともとベッド・ミドラーのバックアップ・グループの音楽ディレクターでもあったマーク・シャイマンが担当した。

監督
ポール・マザースキー
出演キャスト
ベット・ミドラー ウディ・アレン ビル・アーウィン Daren Firestone
1981年

ある日どこかで

  • 1981年1月31日(土)公開
  • 出演(Arthur 役)

1980年に生きる若者が、70年近くの時空間をタイム・トラベルし、その時代の女優と恋に陥るというSF的なラブ・ストーリー。製作はスティーブン・ドイッチ、監督は「ジョーズ2」のジャノー・シュワーク、原作・脚色はリチャード・マシスン、撮影はイシドア・マンコフスキー、音楽はジョン・バリー、編集はジェフ・ガーソン、美術はシーモア・クレイトが各々担当。出演はクリストファー・リーヴ、ジェーン・シーモア、クリストファー・プラマー、テレサ・ライト、ビル・アーウィンなど。

監督
ジャノー・シュワーク
出演キャスト
クリストファー・リーヴ ジェーン・シーモア クリストファー・プラマー テレサ・ライト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ビル・アーウィン