映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ファーロウ

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1961年 まで合計28映画作品)

1929年

毒の花

  • 1929年
  • 脚色

「ウォール街の狼」「女優情史」等と同じくロウランド・ビ・リー氏の監督作品でマージェリー・H・ローレンス女史の原作を「狼の唄」「暗黒街の女(1928)」のジョン・ファーロウ氏が小エドワード・E・バラモア氏と共同で脚色した。主演者は「忘れられた顔(1928)」「ウォール街の狼」のオルガ・バクラノバ嬢「都会の幻想」「夢想の犯罪」のクライブ・ブルック氏及び「三週間」「踊る青春」のニール・ハミルトン氏で、レスリー・フェントン氏、クライド・クック氏、スニッツ・エドワーズ氏等が助演している。撮影技師は「艦隊入港」「カナリヤ殺人事件」のハリー・フィッシュベック氏。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
オルガ・バクラノヴァ クライヴ・ブルック ニール・ハミルトン クライド・クック

狼の唄

  • 1929年
  • 脚色

「肉体の道」「フラ」「アビーの白薔薇」の監督ヴィクター・フレミング氏が監督した発声映画でレッド・プック誌に連載されたハーヴェイ・ファーガスン氏作の小説を「希望の船」「暗黒街の女(1928)」のジョン・ファーロウ氏と「青春狂想曲」のキーン・タムスン氏が脚色したもの。主演者は「空行かば」「店曝しの天使」のゲィリー・クーパー氏と「ガウチョウ」「心の歌」のルーペ・ヴェレス嬢で、「暴力団(1928)」「テムペスト(1928)」のルイス・ウォルハイム氏が共演するほか、コンスタンチン・ロマノフ氏、ミカエル・ヴァヴィッチ氏、アン・プロディー嬢が出演している。カメラマンは「青春狂想曲」のアレン・G・シーグラー氏である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ルーペ・ヴェレス ルイス・ウォルハイム コンスタンチン・ロマノフ

愛欲の轍

  • 1929年
  • 脚本

「レッドスキン」「上海目指して」等と同じくリチャード・ディックス氏主演映画でジェームス・バーナード・ファーガン氏作の舞台劇を「三週間」「狼の唄」のジョン・ファーロウ氏が脚色し、「レッドスキン」「コンサート」と同じくヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督、エドワード・クロンジェガー氏が撮影したものである。助演者は「女の一生」「裏切り者」のエスター・ラルストン嬢と「手紙」「フーマンチュウ博士の秘密」のオー・ビー・ヘギー氏で、その他アーサー・ホイト氏、マートル・ステッドマン嬢、ニジェル・ドウ・ブリュリエ氏等も出演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
リチャード・ディックス エスター・ロールストン O・P・ヘギー アーサー・ホイト
1928年

モスクワから来た女

  • 1928年
  • 脚本

ポーラ・ネグリ嬢のパラマウント社に於ける最後の主演映画で、ヴィクトリエン・サルドウの傑作劇「フェドラ」を映画化したもの。「暗黒街の女(1928)」の脚色者ジョン・ファーロウ氏が脚色し、「父と子」のルドウィヒ・ベルゲル氏が渡米第1回作品として監督した。助演者は「アンニー・ローリー」「情熱の砂漠」のノーマン・ケリー氏、「マンハッタン・カクテル」「三罪人」のポール・ルーカス氏、「父と子」のジャック・ルーデン氏、「結婚行進曲」のモード・ジョージ嬢、その他ローレンス・グラント氏、オットー・マティースン氏、ポディル・ロージング嬢等である。撮影はネグリ嬢の前作「女優情史」「三罪人」及び「父と子」のヴィクター・ミルナー氏である。

監督
ルドウィッヒ・ベルガー
出演キャスト
ポーラ・ネグリ ノーマン・ケリー オットー・マティーソン ポール・ルーカス

ダニューブの漣

  • 1928年
  • 原作

「十誡(1923)」「屠殺者(1922)」等に主演したリートリス・ジョーイ嬢主演のパテ社ドミル作品である。ジョン・ファーロウ氏の書卸した物語を、ハリー・カとポール・H・スローンとの二氏が潤色し、更にそれから両氏が撮影台本を作成したものによってスローン市が「恋の修羅城」同じく監督の任に当たった。主役ジョーイ嬢を助けて「ソレルとその子」出演のスウェーデン俳優ニルス・アスター氏と「嵐の孤児」「難破船」のジョセフ・シルドクラウト氏とが補助役を演ずるほか、「難破船」「神の変えし女」のシーナ・オリウン嬢、「第七天国(1927)」のアルバート・グラン氏、メイ・ロプスン嬢、等も主演している。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ジョゼフ・シルドクラウト ニルス・アスター シーナ・オウエン

三週間

  • 1928年
  • 脚本

「あれ」「赤い髪」と同じくクララ・ボウ嬢主演。エリノア・グリン女史原作、クラレンス・バッヂャー氏監督になるモダン趣味の喜劇である。グリン女史の原作をジョン・ファーロウ氏が改作し、ルイズ・ロング女史とパーシー・ヒース氏とサム・ミンツ氏とが共同脚色した。ポー嬢を助けて「娘十八映画時代」「モダン十戒」のニール・ハミルトン氏、「素晴らしい果報者」「金髪騒動」のハリソン・フォード氏が共演するほか、ガイ・オリヴァー氏、エディス・チャップマン嬢が出演している。カメラは「ニューヨークの波止場」「紳士は金髪がお好き(1928)」のハロルド・ロッソン氏の担任。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
クララ・ボウ ニール・ハミルトン ガイ・オリヴァー エディス・チャップマン

希望の船

  • 1928年
  • 脚色、脚本

「空行かば」に次ぐフェイ・レイ嬢、ゲイリー・クーパー氏、共演映画でサタディ・イヴニング・ポストに連載されたトリストラム・タッパー氏作の「4人の兄弟」を「暗黒街の女(1928)」のジョン・ファーロウ氏が改作脚色し「三罪人」「大尉の娘」等と同じくローランド・V・リー氏が監督したもの。助演者は「恋してぞ知る」「赤い髪」のレーン・チャンドラー氏「非常線(1928)」「ショウ・ダウン」のレスリー・フェントン氏その他。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
フェイ・レイ ゲイリー・クーパー レーン・チャンドラー レスリー・フェントン

暗黒街の女(1928)

  • 1928年
  • 脚本

「赤い髪」に次ぐクララ・ボウ主演映画で、カリフォルニア州フォルサム刑務所に服役中の無期徒刑囚アーネスト・ブースが執筆した暗黒街の娘の物語を映画化した、従来のクララ・ボウ映画とは異なった作品。オリヴァー・H・P・ギャレットが脚色、ジョン・ファーロウが脚本化し、「つばさ」「空行かば」の2作をもって名を挙げたウィリアム・A・ウェルマンが監督。共演は「つばさ」「砂金地獄」「姿は偽らず」のリチャード・アーレンを始め、「ショウ・ダウン」のヘレン・リンチ、メアリー・アルデン、ボディル・ロージング等。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
クララ・ボウ リチャード・アーレン メアリー・アルデン ヘレン・リンチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ファーロウ