映画-Movie Walker > 人物を探す > ペク・ユンシク

年代別 映画作品( 2005年 ~ 2017年 まで合計6映画作品)

2017年

ラスト・プリンセス −大韓帝国最後の皇女−

  • 2017年6月24日(土)公開
  • 出演

「八月のクリスマス」監督のホ・ジノが大韓帝国最後の皇女・徳恵翁主の生涯を描くドラマ。日本統治時代、13歳で日本へ留学させられた大韓帝国初代皇帝の娘・徳恵。大人になった彼女の前に、かつての幼なじみで朝鮮独立運動に命をかけるジャンハンが現れる。出演は、「私の頭の中の消しゴム」のソン・イェジン、「グエムル 漢江の怪物」のパク・ヘイル、「少女は悪魔を待ちわびて」のユン・ジェムン。第37 回青龍映画賞人気スター賞、第3 回韓国映画制作作家協会賞主演女優賞、第8 回今年の映画賞主演女優賞受賞。

監督
ホ・ジノ
出演キャスト
ソン・イェジン パク・ヘイル ユン・ジェムン ペク・ユンシク
2014年

観相師 かんそうし

  • 2014年6月28日(土)公開
  • 出演

人相から相手を見抜く天才観相師が、その才能の高さから国を揺るがす覇権争いに巻き込まれていく時代劇。監督は「優雅な世界」(未)で第27回韓国映画評論家協会賞および第28回青龍映画賞で最優秀作品賞を獲得したハン・ジェリム。タイトルにもなっている顔を見るだけでその人の性格から寿命まで見抜く天才観相師を、「殺人の追憶」「義兄弟 SECRET REUNION」などを経て「スノーピアサー」で国外作品に進出した演技派俳優ソン・ガンホが演じる。ハン監督とは「優雅な世界」でもタッグを組んでいる。ほか、「新しき世界」のイ・ジョンジェ、「ユゴ 大統領有故」のペク・ユンシクらが出演。第50回大鐘賞にて最優秀作品賞・監督賞をはじめ5部門を受賞。

監督
ハン・ジェリム
出演キャスト
ソン・ガンホ イ・ジョンジェ ペク・ユンシク チョ・ジョンソク
2013年

蜜の味 テイスト オブ マネー

  • 2013年2月17日(日)公開
  • 出演(Company president Yoon 役)

1960年の「下女」をリメイクし富豪一族に衝撃的な復讐をするメイドを描いた「ハウスメイド」で第63回カンヌ国際映画祭主演女優賞をもたらしたイム・サンス監督のサスペンス。金、権力、愛などの欲にまみれ執着する韓国最上流の財閥一家の不穏な関係性をスリリングに描く。出演は「男たちの挽歌-A BETTER TOMORROW-」「食客」のキム・ガンウ、「チョン・ウチ 時空道士」「ユゴ~大統領有故」のペク・ユンシク、「ハウスメイド」「私たちの幸せな時間」のユン・ヨジョン、「家門の危機」「誰にでも秘密がある」のキム・ヒョジンほか。第65回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2013』にて上映。一般公開2013年2月17日。

監督
イム・サンス
出演キャスト
キム・ガンウ ペク・ユンシク ユン・ヨジョン キム・ヒョジン
2008年

ヨコヅナ・マドンナ

  • 2008年9月13日(土)公開
  • 出演(シルムブノカントク 役)

韓国の映画賞で数々の賞に輝いた異色青春ドラマ。女性の心を持つポッチャリ男子高校生が、高校相撲の世界へと飛び込み、笑いと涙の大奮闘を繰り広げる。

監督
イ・ヘヨン イ・ヘジュン
出演キャスト
リ・ドックァン キム・ユンソク イ・オン ペク・ユンシク
2007年

ユゴ 大統領有故

  • 2007年12月15日(土)公開
  • 出演

衝撃的な題材のため、上映禁止騒動も起きた政治ドラマ。独裁制を敷いたパク大統領暗殺の前後24時間に焦点を絞り、事件と関係者の行方をシニカルに見つめる。

監督
イム・サンス
出演キャスト
ハン・ソッキュ ペク・ユンシク ソン・ジェホ キム・ウンス
2005年

ビッグ・スウィンドル!

  • 2005年12月3日(土)公開
  • 出演(Mr. Kim 役)

韓国で実際に起きた銀行横領詐欺事件から着想を得た犯罪サスペンス。大銀行から奪った金をめぐり、一流詐欺師たちが繰り広げるだまし合いの行方を軽快に映し出す。

監督
チェ・ドンフン
出演キャスト
パク・シニャン ヨム・ジョンア ペク・ユンシク イ・ムンシク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ペク・ユンシク