TOP > 映画監督・俳優を探す > ユーゼニア・ギルバート

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1929年 まで合計10映画作品)

1929年

山猫ならし

  • 1929年
  • 出演(Calamity_Jane 役)

「ギブソン大捕物」「鉄拳ギブソン」と同じくフート・ギブソン氏の主演映画でウィリアム・ダドリー・ペリー氏の原作をダットリイ・マッケンナ氏が脚色し「高らかに歌え」「踊る若者」のジェローム・ストーム氏が監督したもの。主演者のほかに「大陸横断列車」「激浪の響」のユーゼニア・ギルバート嬢、ハリイ・トッド氏、ジョセフ・W・ジラード氏、モンターグ氏、ジョン・オスカー氏等が助演、キャメラはハリー・ニューマン氏の担任である。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
フート・ギブスン ユーゼニア・ギルバート ハリー・トッド ジョセフ・W・ジラード
1928年

爆撃乱闘

  • 1928年
  • 出演(Sally_Ann_Drew 役)

「任侠の勇士」「乱射乱戦」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したケン・メイナード氏主演西部劇で、アディール・パッフィントン女史が原作を執筆したもの。相手役は「大陸横断列車」「田園哀慕調」のユーゼニア・ギルバート嬢が勤め、ジェームズ・メイスン氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏が助演し名馬ターザンが例によって活躍している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード ユーゼニア・ギルバート ジェームズ・メイソン チャールズ・ヒル・メイルズ

激浪の響

  • 1928年
  • 出演(Joan_Wells 役)

「ブラッド・シップ」の成功の後を受けて同じ監督者、同じ主演者、即ちジョージ・B・サイツ氏、ホバート・ボスウォース氏の組合せによって製作された映画である。ウィル・M・リッチー氏が脚本を執筆し、「足で蹴る恋」「長屋騒動パリーの巻」等出演のチャールズ・デラニー氏と「黄金蟲」出演のユーゼニア・ギルバード嬢とがポスウォース氏を助けて重要な役を演ずる他、モード・ジョージ嬢、リンダ・ロレド嬢、ジョージ桑原氏等も出演している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ホバート・ボスウォース ユーゼニア・ギルバート チャールズ・デラニー モード・ジョージ
1927年

蠢く影

  • 1927年
  • 出演(Betty_Stirling 役)

「サタンの嘆き」「イバニエズの激流」等出演のリカルド・コルテス氏が主演する映画で、マリオン・オース女史がシナリオを執筆し「我等のサリー」と同じくウォルターラング氏が監督したものである。コルテス氏の対手役は「激浪の響」のユーゼニア・ギルバート嬢が努めるほか、古顔のウィリアム・スコット氏、ジェー・ソーントン・ベイストン氏、等が2人を助演している。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
リカルド・コルテス ユーゼニア・ギルバート ウィリアム・スコット J・ソーントン・バストン
1926年

笑って死ぬ男

  • 1926年
  • 出演(Morma_Andrews 役)

マックス・マーシン氏の原作によってドロシー・ホウエル女史が脚色し、アルフレッド・ラボック氏が監督したもので、「大盗恋の目覚め」「二重人格の女」等出演のバート・ライテル氏、「大陸横断列車」「山猫ジョルダン」等出演のユーゼニー・ギルパート嬢を始め、ラリー・ケント氏、エドナ・マーフィ嬢、ライオネル・ベルモア氏、ウィリアム・ウェルシュ氏等が共演している。

監督
アフルレッド・ラボック
出演キャスト
バート・ライテル ユーゼニア・ギルバート ラリー・ケント エドナ・マーフィ

ラディー

  • 1926年
  • 出演(Shelly_Stanton 役)

女流作家ジーン・ストラットン・ポーターの有名な小説の映画化で、女史の娘であるジャネット・ポーター・ミーハン夫人がそれを映画用に改作したものから、同夫人の夫ジェームズ・レオ・ミーハン氏が台本を作り、併せて監督製作したものである。ミーハン氏の作品では以前に同じくポーター女史の小説を映画化した「処女時代」がある。主役は「鉄拳制裁」等出演のジョン・ボワーズ氏で「恋愛講座」等出演のセオドア・フォン・エルツ氏、ベス・フラワース嬢、デイヴィッド・トーレンス氏、ユーラリー・ジェンセン嬢、ユーゼニア・ギルバート嬢それから原作者ポーター女史の孫娘ジーン・ストラットン嬢などが助演している。

監督
ジェームズ・レオ・ミーハン
出演キャスト
ジョン・ボワーズ ベス・フラワース セオドア・フォン・エルツ ユーゼニア・ギルバート

大陸横断列車

  • 1926年
  • 出演(Mary_Reynolds 役)

ハンプトン・デル・ルース氏が脚色したものを「悍馬の健児」等初期のフット・ギブスン映画の監督者だったナット・ロス氏が監督したもので、主役は「天晴れの名投手」「メイル・マン」等出演のジョニー・ウォーカー氏で相手役は「山猫ジョルダン」等出演のユーゼニア・ギルバート嬢が演じ、アレック・B・フランシス氏、エディス・ヨーク嬢が助演している。

監督
ナット・ロス
出演キャスト
ジョニー・ウォーカー ユーゼニア・ギルバート アレック・B・フランシス エディス・ヨーク
1924年

新婚の危機

  • 1924年
  • 出演(Dorothy_Pringle 役)

ケーリー・ウィルソン氏が特に執筆した物語をジョン・リンチ氏とアリス・D・G・ミラー女史とが脚色し「毒煙の都」「危険なる処女時代」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督したもので、「腕自慢」「富に群る者」等種留演のエリナー・ボードマン嬢が「痴人哀楽」「受難のテス」等出演のコンラッド・ネーゲル氏と「三人の女」「奇跡の薔薇」等出演のリュウ・コディー氏と共演している。その他クライド・タックエン・スコット嬢、エドワード・コネリー氏、ミス・デュポン嬢、ジョン・パトリック氏等の素晴らしいオール・スター・キャストである。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル エリナー・ボードマン リュウ・コディー クライド・クック

愛欲の炎(1924)

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Courtney_Ruhl 役)

「フランダースの少年」の原作者なる英国閨秀作家ウイーダ婦人の小説「ストラスモーア」Strarhmoreに基づき、デニソン・クリフト氏が監督したもので、主役は「久遠の微笑」等出演のウィンダム・スタンディング氏と,「ダンテ地獄篇」出演のダイアナ・ミラー嬢とで、リチャード・ソープ氏、フランセス・ボーモン嬢が対手役である。

監督
デニソン・クリフト
出演キャスト
ウィンダム・スタンディング ダイアナ・ミラー リチャード・ソープ フランク・レイ
1922年

熱国の勇者

  • 1922年
  • 出演(Sarissa 役)

クライド・ウェストーヴァー、ロティー・ホーナー、フローリン・ウィリアムスの3人が共同で原作を書き、「黄台風」そのほかと同じくエドワード・ホセが監督したもので、「北を指して」が最近紹介されたアール・ウィリアムスが主演で、「狐」など出演のベティー・ロス・クラークが相手である。

監督
エドワード・ホセ
出演キャスト
アール・ウィリアムス チャールズ・ヒル・メイルズ ボリス・カーロフ ベティー・ロス・クラーク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ユーゼニア・ギルバート

ムービーウォーカー 上へ戻る