TOP > 人物を探す > ラ・ミラン

年代別 映画作品( 2000年 ~ 2019年 まで合計16映画作品)

2019年

僕の中のあいつ

  • 2019年8月9日(金)
  • 出演(ミソン 役)

韓国男性アイドルグループB1A4の元メンバーで「怪しい彼女」など俳優としても活動するジニョンの初主演コメディ。不良からいじめられている高校生ドンヒョンは、校舎から転落。偶然真下を歩いていた一流財閥の社長パンスの上に落ち、二人の肉体が入れ替わる。監督は「ミス・ワイフ」のカン・ヒョジン。ジニョンはひ弱な高校生ドンヒョンとドンヒョンの姿になったパンスを、「華麗なるリベンジ」のパク・ソンウンが財閥社長のパンス及びパンスと入れ替わったドンヒョンを演じる。

監督
カン・ヒョジン
出演キャスト
ジニョン パク・ソンウン ラ・ミラン イ・ジュニョク
2018年

ザ・メイヤー 特別市民

  • 2018年2月17日(土)
  • 出演

「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク主演のポリティイカル・サスペンス。現職ソウル市長ジョングは、史上初の三期当選がかかる市長選に立候補。選対本部長ヒョクスと共にモラルなき選挙戦を始める。そんななか、ジョングは取り返しがつかない事故を起こす。出演は、「哭声/コクソン」のクァク・ドウォン、「怪しい彼女」のシム・ウンギョン、「お嬢さん」のムン・ソリ、「国際市場で逢いましょう」のラ・ミラン、「愛を歌う花」のリュ・ヘヨン。監督・脚本は、「裏切りの陰謀」のパク・インジェ。

監督
パク・インジェ
出演キャスト
チェ・ミンシク クァク・ドウォン シム・ウンギョン ムン・ソリ
2017年

ありふれた悪事

  • 2017年12月9日(土)
  • 出演

モスクワ国際映画祭で主演男優賞と最優秀アジア映画賞を受賞したサスペンス。韓国民主化直前、刑事のソンジンは国家安全企画部の室長ギュナムから、連続殺人事件の犯人の捜査を命じられる。しかしそれは、国民の目を欺くために仕掛けられた完全な捏造だった。出演は、「リバイバル 妻は二度殺される」のソン・ヒョンジュ、「愛の棘」のチャン・ヒョク、「海にかかる霧」のキム・サンホ、「国際市場で逢いましょう」のラ・ミラン、「アシュラ」のチョン・マンシク、「アシュラ」のオ・ヨンア、ドラマ『太陽の末裔』のチ・スンヒョン、「技術者たち」のチョ・ダルファン。

監督
キム・ボンハン
出演キャスト
ソン・ヒョンジュ チャン・ヒョク キム・サンホ ラ・ミラン

ラスト・プリンセス −大韓帝国最後の皇女−

  • 2017年6月24日(土)
  • 出演

「八月のクリスマス」監督のホ・ジノが大韓帝国最後の皇女・徳恵翁主の生涯を描くドラマ。日本統治時代、13歳で日本へ留学させられた大韓帝国初代皇帝の娘・徳恵。大人になった彼女の前に、かつての幼なじみで朝鮮独立運動に命をかけるジャンハンが現れる。出演は、「私の頭の中の消しゴム」のソン・イェジン、「グエムル 漢江の怪物」のパク・ヘイル、「少女は悪魔を待ちわびて」のユン・ジェムン。第37 回青龍映画賞人気スター賞、第3 回韓国映画制作作家協会賞主演女優賞、第8 回今年の映画賞主演女優賞受賞。

監督
ホ・ジノ
出演キャスト
ソン・イェジン パク・ヘイル ユン・ジェムン ペク・ユンシク

キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち

  • 2017年1月20日(金)
  • 出演

大胆不敵な手口で権力者から金品を奪い取る詐欺師キム・ソンダルと仲間たちの活躍を描く、韓国発の時代アクション。私利私欲にまみれた絶対権力者を相手に大河を売るという前代未聞の計画を企てる詐欺師集団の姿がつづられる。人気K-POPグループ、EXOのシウミンが詐欺師集団の末っ子的なキャラクターを演じ、映画初出演。

監督
パク・デミン
出演キャスト
ユ・スンホ シウミン コ・チャンソク ラ・ミラン
2016年

ミス・ワイフ

  • 2016年8月13日(土)
  • 出演

「悪魔は誰だ」のオム・ジョンファ、「情愛中毒」のソン・スンホン主演のラブコメディ。勝訴率100%の敏腕弁護士ヨヌは不慮の交通事故で生死の境をさまようが、誰にも正体を見破られずにひと月他人の人生を生きれば元に戻すという怪しげな男の提案を受け入れる。監督は、「花嫁はギャングスター」のカン・ヒョジン。

監督
カン・ヒョジン
出演キャスト
オム・ジョンファ ソン・スンホン キム・サンホ ラ・ミラン

ヒマラヤ〜地上8,000メートルの絆〜

  • 2016年7月30日(土)
  • 出演

山岳史上最も壮絶な挑戦を行った伝説の登山家と仲間たちの実話に基づくドラマ。登山家オム・ホンギルは、最愛の後輩がエベレスト下山中に遭難死したことを知る。誰もが遺体回収を諦めるなか、ホンギルは仲間たちと“ヒューマン遠征隊”を結成する。監督・脚本は、「パイレーツ」のイ・ソクフン。出演は、「国際市場で逢いましょう」のファン・ジョンミン、ドラマ『応答せよ1994』のチョンウ、「サスペクト 哀しき容疑者」のチョ・ソンハ、「王になった男」のキム・イングォン、「トガニ 幼き瞳の告発」のチョン・ユミ。

監督
イ・ソクフン
出演キャスト
ファン・ジョンミン チョン・ウ チョ・ソンハ キム・イングォン

ビッグマッチ

  • 2016年1月30日(土)
  • 出演

「観相師 かんそうし」のイ・ジョンジェと歌手のBoAが共演したアクション。“不屈のファイター”の異名を持つボクサーが誘拐された兄を救うため、極悪党の仕掛けた過酷な“死のゲーム”に挑む。監督は「GOGO70s」のチェ・ホ。出演は、「高地戦 THE FRONT LINE」のシン・ハギュン、「さまよう刃」のイ・ソンミン。『未体験ゾーンの映画たち2016』で上映。

監督
チェ・ホ
出演キャスト
イ・ジョンジェ BoA シン・ハギュン イ・ソンミン
2015年

国際市場で逢いましょう

  • 2015年5月16日(土)
  • 出演(ドクスノオバ 役)

朝鮮戦争やベトナム戦争に巻き込まれながら、激動の時代をただ家族のために必死に生き抜いた一人の男の生涯を描く大河ドラマ。監督は「TSUNAMI ツナミ」のユン・ジェギュン。出演は「新しき世界」のファン・ジョンミン、「ハーモニー 心をつなぐ歌」のキム・ユンジン、「パパロッティ」のオ・ダルス、「王の男」のチョン・ジニョン、「チング 永遠の絆」のチャン・ヨンナム、「ソウォン 願い」のラ・ミラン、東方神起のユンホ。2015年3月6日より開催の「第10回大阪アジアン映画祭」のクロージング・セレモニーとして上映。

監督
ユン・ジェギュン
出演キャスト
ファン・ジョンミン キム・ユンジン オ・ダルス ユンホ
2014年

ソウォン 願い

  • 2014年8月9日(土)
  • 出演(ソンヨクノハハ 役)

2008年に韓国で実際に起きた幼女暴行事件とその裁判の顛末を元に、被害者家族が数々の苦痛を背負いながらも、やがて希望を見出してゆく姿を描いたドラマ。オーディションによって選ばれたイ・レが暴行事件の被害者少女を演じ、その両親役で「TSUNAMI ツナミ」のソル・ギョング、「映画館の恋」のオム・ジウォンが出演。

監督
イ・ジュニク
出演キャスト
ソル・ギョング オム・ジウォン キム・ヘスク キム・サンホ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ラ・ミラン

ムービーウォーカー 上へ戻る