映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・K・アーサー

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1934年 まで合計22映画作品)

1934年

台風

  • 1934年当年公開
  • 出演(Bertie 役)

「永遠に微笑む」「夫婦戦線」のノーマ・シアラーが「舗道の雨」「夫婦戦線」のロバート・モンゴメリーを相手に主演する映画で「恐怖の四人」「旅客機の怪盗」のハーバート・マーシャルおよび映画初出演の英国劇団の大女優パトリック・キャンベル夫人が共演する。原作は「グランド・ホテル」の監督者エドモンド・グールディングが書き下ろして自ら脚色監督に当たり、キャメラは「舗道の雨」「宝島(1934)」のレイ・ジェーンがクランクしている。助演者は「ママはパパが好き」の故リリアン・タッシュマン、「不思議の国のアリス(1933)」のスキーツ・ギャラガー、「永遠に微笑む」のラルフ・フォーブス、「恋をしましょう(1933)」のアーサー・ジャレット、「側面の男」のヘレン・ジェローム・エディー「明日の太陽」のジョージ・K・アーサー、そのほかである。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
ノーマ・シアラー ロバート・モンゴメリー ハーバート・マーシャル パトリック・キャンベル夫人
1933年

明日の太陽

  • 1933年当年公開
  • 出演(Tressitt 役)

「散り行く花」「令嬢殺人事件」のクラレンス・ブラウンが監督した映画で、「グランド・ホテル」「戦く幻影」のライオネル・バリモアと「僕の自叙伝」「散り行く花」のリュイス・ストーンが共演するもの。C・L・アンソニイ原作の舞台劇に基づいて「笑う罪人」「巴里の魔人」のベス・メレディスがH・M・ハーウッドと共同して脚本を書き、「雨」「散り行く花」のオリヴァー・マーシュが撮影した。助演者は「婦人に御給仕」のベニタ・ヒューム折びエリザベス・アラン、「蒼白いまぶた」のフリップス・ホームス及びダグラス・ウォルトン・ドリス・ロイド、ハリウェル・ホップス等。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ライオネル・バリモア ルイス・ストーン ベニタ・ヒューム エリザベス・アラン
1930年

虹を追って

  • 1930年当年公開
  • 出演(Lester 役)

「ブロードウェイ・メロディー」と同じくベシー・ラヴとチャールズ・キングの共演映画で原作は「女の秘密」「恋多き女」の脚色者ベス・メレディス、それを「嵐」のウェルズ・ルートが脚色し、「ホリウッド・レビュー」「俺は渡り鳥」のチャールズ・F・ライズナーが監督した。助演者は「ホリウッド・レビュー」のジャック・ベニー、「俺は渡り鳥」のジョージ・K・アーサー、ポリー・モーラン、グウェン・リー、ニタ・マルタン、エディ・フィリップス等で、カメラは「グレイト・ガッポ」「海魔」等のアイラ・モーガンが担任。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
ベッシー・ラブ チャールズ・キング ジャック・ベニー ジョージ・K・アーサー
1929年

俺は水兵(1929)

  • 1929年当年公開
  • 出演(Rollo_the_Great 役)

「俺は探偵」「俺は曲芸師」と同じくカール・デーン氏、ジョージ・K・アーサー氏の共演になるもので「スピードウエイ」「大飛行艦隊」のバイロン・モーガン氏の原作から同氏及びアン・プライス女史が共同で脚色をなし「雷親父」のアルフ・グールディング氏が監督した。主演者を援けて「シンギング・フール」「極北恋の滑走」のジョセフィン・ダン嬢、ハーバート・プライアー氏、エディー・ベーカー氏等が助演している。キャメラはアーサー・リード氏が担任である。

監督
アルフ・グールディング
出演キャスト
カール・デーン ジョージ・K・アーサー ジョセフィン・ダン ハーバート・プライアー

俺は渡り鳥

  • 1929年当年公開
  • 出演(Eustace 役)

「俺は曲芸師」「俺は水兵」と同じくジョージ・K・アーサーとカール・デーンとが共演する喜劇で、シルヴィア・サルバーグ及びフランク・バトラー合作のストーリーからペギー・ケリーが撮影台本を執筆し、「キートンの船長(キートンの蒸気船)」「幸運20パーセント」のチャールズ・F・ライズナーが監督し、「キートンの結婚狂」のレジー・ラニングが撮影したもの。「好いて好かれて」「シンギング・フール」のジョセフィン・ダン、「スポーツ王国」「ホリウッド・レビュー」のポリー・モーラン、カール・ストックデールその他が助演している。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
カール・デーン ジョージ・K・アーサー ジョセフィン・ダン ポリー・モーラン
1928年

俺は曲芸師

  • 1928年当年公開
  • 出演(Francis_Byrd 役)

「ブリキ帽」「キートンのカメラマン」闘と同じくエドワード・セジビック氏の監督になる喜劇で、セジビック氏とリウ・リブトン氏合作の原作を、リチャード・スカイヤー氏が脚色したもの。主役は「俺は新兵」「俺は探偵」と同じくカール・ディン氏とジョージ・ケイ・アーサー氏が共演している。封手は「俺は新兵」と同じくルイズ・ロレイン嬢。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
カール・デーン ジョージ・K・アーサー ルイズ・ロレイン シドニー・ジャーヴィス

俺は探偵

  • 1928年当年公開
  • 出演(Bell_Hop 役)

「俺は探偵」「俺は新兵」と同じくカール・デーン氏ジョージ・ケイ・アーサー氏の共演喜劇でロバート・ロード氏がストーリーを合作し併せて撮影台本を作りチェスター・エム・フランクリン氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「俺は新兵」「キートンのカメラマン」のマーセリン・デイ嬢、「活動役者」「黄金の世界へ」のテネン・ホルツ氏、駒井哲氏、クラレンス・リール氏等が出演している。キャメラは「ブロードウェイ・メロディー」「風」のジョアン・アーノルド氏が担任。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
カール・デーン ジョージ・K・アーサー マーセリン・デイ テネン・ホルツ

俺は名選手

  • 1928年当年公開
  • 出演(Jerry 役)

「俺は渡り鳥」「俺は曲芸師」と同じくカール・デーンとジョージ・K・アーサーの共演映画で、原作はペタースン・マゾーニ、それをアール・ボールドウィンとリュウ・リプトンとが共同で脚本を執筆し、「俺は渡り鳥」「ホリウッド・レビュー」のチャールズ・F・ライズナーが監督した。助演者は「野球王」「恋のデパート」のジーン・アーサーをはじめリチャード・カーライル、エドワード・コネリーなどである。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
カール・デーン ジョージ・K・アーサー ジーン・アーサー リチャード・カーライル
1927年

俺は新兵

  • 1927年当年公開
  • 出演(Greg_Lee 役)

「ビッグ・バレード」「紅唇百万ドル」等出演のカール・ディン氏と「踊る英雄」「女房いぬ間に」等出演のジョージ・ケイ・アーサー氏との2人を主役とした映画で、バイロン・モーガン氏が原作並びに撮影台本を物し、「青春の喜び」「誉れの一蹴」等と同じくサム・ウッド氏が監督した。相手役は「足で蹴る恋」「我れ若し王者なりせば」出演のマーセリン・デイ嬢とユニヴァーサルにいたルイズ・ロレイン嬢との2人で、トム・オブライエン氏も出演している。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
カール・デーン ジョージ・K・アーサー マーセリン・デイ ルイズ・ロレイン

恋人(1927)

  • 1927年当年公開
  • 出演(Pepito 役)

「囁きの小径」「良人の危険時代」「人妻の危険時代」と同じくジョン・M・スタール氏の監督作品である。チャールズ・フレデリック・ナードリンジャー氏作の舞台劇の映画化で、ダグラス・ファーバー氏とシルヴィア・サルバーグ氏とが撮影台本を執筆した。主役は「ベン・ハー(1926)」のラモン・ノヴァロ氏と「魔術師」のアリス・テリー嬢との2人で、それを助けて「楽園に帰る(1928)」のエドワード・マーティンデル氏、故エドワード・コネリー氏、「俺は新兵」のジョージ・K・アーサー氏、ホームズ・ハーバート氏、ジョン・ミルジャン氏、ロイ・ダルシー氏、等が出演するものである。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ アリス・テリー エドワード・マーティンデル エドワード・コネリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・K・アーサー