TOP > 人物を探す > ウィーダ

年代別 映画作品( 1915年 ~ 1997年 まで合計5映画作品)

1997年

フランダースの犬(1997)

  • 1997年3月15日(土)
  • 原作

75年にフジテレビ『世界名作劇場』で放送され多くの視聴者に感動を与えた、少年ネロと愛犬パトラッシュの友情を描いた物語『フランダースの犬』を、構想も新たに劇場版としてリメイクした長編アニメーション。監督は『世界名作劇場』で同作の演出をつとめていた黒田昌郎。ウィーダの原作を、多くのテレビ・アニメの脚本を手掛けている丸尾みほが脚色した。

監督
黒田昌郎
出演キャスト
津村まこと 丹下桜 八木光生 山本圭
1961年

フランダースの犬(1960)

  • 1961年10月26日(木)
  • 原作

ウィーダの小説を映画化したジェームズ・B・クラーク監督作品。脚色はテッド・シャーデマン。撮影をオットー・ヘラー、音楽をパル・サウテルとバート・シェフターがたんとう。出演するのはデイヴィッド・ラッド、セオドア・バイケルら。製作はロバート・B・ラドニッツ。

監督
ジェームズ・B・クラーク
出演キャスト
デイヴィッド・ラッド ドナルド・クリスプ セオドア・バイケル Max Croiset
1936年

二国旗の下に

  • 1936年
  • 原作

「モンテカルロの銀行破り」「嵐の三色旗」のロナルド・コール マンが「花嫁の感情」「白い友情」のクローデット・コルベール、「男の敵」「海を嫌う船長」のヴィクター・マクラグレン、「アメリカの機密室」「何が彼をそうさせたか」のロザリンド・ラッセルと共に主演する映画で、ウィーダ作の小説に基づき「ガルシアの伝令」「噫無情」のW・P・リプスコームがウォルター・フェリスと協力脚色し「南海征服」「カヴァルケード」のフランク・ロイドが監督にあたり、「運河のそよ風」「モンテカルロの銀行破り」のアーネスト・パーマーがシドニー・ワグナー以下の協力を得て撮影したもの。助演者は「めりけん音頭」のグレゴリー・ラトフ、「丘の一本松」のナイジェル・ブルース「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラダイン、C・ヘンリー・ゴードン、ハーバート・マンディン、オンスロー・スティーヴンス等である。

監督
フランク・ロイド レイモンド・グリフィス オットー・ブラワー
出演キャスト
ロナルド・コールマン クローデット・コルベール ヴィクター・マクラグレン ロザリンド・ラッセル
1924年

愛欲の炎(1924)

  • 1924年
  • 原作

「フランダースの少年」の原作者なる英国閨秀作家ウイーダ婦人の小説「ストラスモーア」Strarhmoreに基づき、デニソン・クリフト氏が監督したもので、主役は「久遠の微笑」等出演のウィンダム・スタンディング氏と,「ダンテ地獄篇」出演のダイアナ・ミラー嬢とで、リチャード・ソープ氏、フランセス・ボーモン嬢が対手役である。

監督
デニソン・クリフト
出演キャスト
ウィンダム・スタンディング ダイアナ・ミラー リチャード・ソープ フランク・レイ
1915年

沼の神秘

  • 1915年
  • 原作

1915年作品ではあるが、エミール・ショータール氏が米国へ来て初期の作品である。原作は昔のバタフライ映画第1回作品「不滅の恋」に似たもので、ヴィヴィアン・マーティン嬢の主演になったもの。対手役は「極内証」「シス・ホプキンス」等に出演したジョン・ボワース氏及び「海底の驚異」出演のチェスター・バーネット氏である。

監督
エミール・ショータール
出演キャスト
ヴィヴィアン・マーティン チェスター・バーネット ジョン・ボワーズ Fairchild

ウィーダの関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ウィーダ