映画-Movie Walker > 人物を探す > 辻本祐樹

年代別 映画作品( 2003年 ~ 2019年 まで合計13映画作品)

2019年

君がまた走り出すとき

  • 2019年3月2日(土)公開
  • 出演(北川誠司 役)

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』15周年を記念し、地元である埼玉県川口市を舞台に制作されたヒューマンドラマ。日本人男性で初めて世界6大マラソンを走破した川口在住の市民ランナーの実話をモチーフに、人生に行き詰まった男女6人の出会いと再生を綴る。出演は「菊とギロチン」の寛一郎、「寝ても覚めても」の山下リオ、「ケアニン あなたでよかった」の菜葉菜、「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」の辻本祐樹、「破裏拳(はりけん)ポリマー」の長谷川初範、「あん」の浅田美代子、「ゆずの葉ゆれて」の松原智恵子。脚本を「25 NIJYU-GO」の岡芳郎、撮影を「覚悟はいいかそこの女子。」の栢野直樹、音楽を「触れたつもりで」の大橋征人が担当。監督は「4/猫 ねこぶんのよん」の中泉裕矢。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 オープニング作品。2019年2月8日よりMOVIX川口にて先行上映。

監督
中泉裕矢
出演キャスト
寛 一 郎 山下リオ 松原智恵子 菜葉菜

笑顔の向こうに

  • 2019年2月15日(金)公開
  • 出演

若手演技派の高杉真宙を主人公に、歯科医療の現場をテーマに若者たちの成長を描く青春ドラマ。技術が高く容姿も端麗で“王子”と呼ばれる若手歯科技工士の主人公が、同じ職に就く父親や患者と接していくなかで挫折を経験し、新たな一歩を踏み出していく。女優やモデルとして活躍する安田聖愛が主人公の幼なじみの新人歯科衛生士を演じる。

監督
榎本二郎
出演キャスト
高杉真宙 安田聖愛 辻本祐樹 西方凌
2018年

えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~

  • 2018年11月23日(金)公開
  • 出演(南部信也 役)

福井県えちぜん鉄道を舞台にした人間ドラマ。福井県からお笑いタレントを目指し上京するも鳴かず飛ばずのいづみは、友人の結婚式に出席するため帰郷する。披露宴でえちぜん鉄道の社長にアテンダントにスカウトされ、血のつながらない兄の家に居候することに。出演は、お笑いタレントの横澤夏子、「心が叫びたがってるんだ。」の萩原みのり、「サイドライン」の山崎銀之丞、「空飛ぶタイヤ」の笹野高史、「ゆずの葉ゆれて」の松原智恵子、「散り椿」の緒形直人。監督は、ドラマ『ショカツの女 新宿西署 刑事課強行犯係』シリーズの児玉宜久。2018年11月3日より福井県先行ロードショー。

監督
児玉宜久
出演キャスト
横澤夏子 萩原みのり 山崎銀之丞 笹野高史
2016年

ゆずの葉ゆれて

  • 2016年8月20日(土)公開
  • 出演

松原智恵子の芸歴55周年を記念して製作されたヒューマンドラマ。隣家に住むジイちゃんが亡くなって悲しむ小学4年生の武。そこに見知らぬ少年ヒサオが現れ、宝探しに誘われた武は柚子の木の下から掘り出した古い煙草の缶をユウコという女性に渡すよう頼まれる。児童文学作家の佐々木ひとみによる椋鳩十児童文学賞受賞作『ぼくとあいつのラストラン』を原作に、本作が劇場用長編映画デビューとなる神園浩司監督が映画化。共演は「0.5ミリ」の津川雅彦、本作が映画初出演の山時聡真、「陰獣」の西村和彦、「おしん」の小林綾子、「飛べ!ダコタ」の芳本美代子、「陽光桜 YOKO THE CHERRY BLOSSOM」の真由子。

監督
神園浩司
出演キャスト
松原智恵子 津川雅彦 山時聡真 西村和彦
2014年

花と蛇 ZERO

  • 2014年5月17日(土)公開
  • 出演

団鬼六の官能小説を原作にした人気SMシリーズ。今作では、オーディションを勝ち抜いた天乃舞衣子、濱田のり子、桜木梨奈の3人を主役に、それぞれが禁断の快楽に目覚め溺れていく姿を描く。脚本は「私の奴隷になりなさい」の港岳彦、監督は「探偵はBARにいる」の橋本一。「模倣犯」の津田寛治、「利休にたずねよ」の川野直輝らが脇を固める。

監督
橋本一
出演キャスト
天乃舞衣子 濱田のり子 桜木梨奈 津田寛治
2013年

東京闇虫 パートII

  • 2013年9月28日(土)公開
  • 出演(小田 役)

本田優貴のコミックを原作に、闇金にどっぷり浸かった崖っぷち男の再起を賭けた戦いを描くドラマの第2弾。主人公・加藤が、幼なじみに誘われてカード詐欺を働き、更なる窮地に陥る。出演は「大奥 永遠 [右衛門佐・綱吉篇]」の桐山漣、NHK大河ドラマ『平清盛』の辻本祐樹。監督は「半分処女とゼロ男」の佐藤佐吉。

監督
佐藤佐吉
出演キャスト
桐山漣 辻本祐樹 秋山莉奈 穂花
2012年

「わたし」の人生 我が命のタンゴ

  • 2012年8月11日(土)公開
  • 出演(木下亮介 役)

精神科医でもある『受験のシンデレラ』の和田秀樹監督が、実際のエピソードを基に、認知症を患った父親とその娘との家族の絆を描く、ヒューマンドラマ。夢に向かって足を踏み出したヒロインに突きつけられた介護という重い負担。“介護離職”という現代社会が抱える問題と、家族や周辺の人々たちのリアルな苦悩がつづられる。

監督
和田秀樹
出演キャスト
秋吉久美子 橋爪功 冴木杏奈 松原智恵子

Miss Boys! 友情のゆくえ編

  • 2012年1月21日(土)公開
  • 出演(三木紀男 役)

女装にかける男子高校生をテーマにした青春映画「Miss Boys 決戦は甲子園!?編」の1年後を描いた続編。出演は、「シャッフル」の鎌苅健太、「BADBOYS」の鈴木勝吾、ドラマ『新撰組血風緑』の辻本祐樹。監督は、「東京ゾンビ」の佐藤佐吉。鎌苅と鈴木が所属するバンド・ココア男。が主題歌を担当。

監督
佐藤佐吉
出演キャスト
鎌苅健太 鈴木勝吾 辻本祐樹 馬場良馬
2011年

Miss Boys! 決戦は甲子園!?編

  • 2011年12月3日(土)公開
  • 出演(三木紀男 役)

バスケ部のエースが女装応援団に巻き込まれていく姿を描く青春ストーリー。出演は、「シャッフル」の鎌苅健太、「BADBOYS」の鈴木勝吾、ドラマ『新撰組血風緑』の辻本祐樹、「アサシン」の馬場良馬、「軽蔑」の蔵野友也。監督は、「東京ゾンビ」の佐藤佐吉。鎌苅と鈴木が所属するバンド・ココア男。が主題歌を担当。

監督
佐藤佐吉
出演キャスト
鎌苅健太 鈴木勝吾 辻本祐樹 馬場良馬
2006年

I am 日本人

  • 2006年8月5日(土)公開
  • 出演

アメリカからの留学生で日系3世のヒロインが、忘れられた“日本の心”を取り戻そうと奮闘する青春ドラマ。元国会議員の森田健作が原案・製作総指揮など6役を担った意欲作。

監督
月野木隆
出演キャスト
森本クリスティーナ 小野真弓 渡辺大 尾野真千子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 辻本祐樹