TOP > 映画監督・俳優を探す > マイク・ヘンリー

年代別 映画作品( 1968年 ~ 1981年 まで合計7映画作品)

1981年

トランザム7000VS激突パトカー軍団

  • 1981年3月14日(土)
  • 出演(Junior 役)

77年に製作された「トランザム7000」の続編で、ある任務を引き受けてハイウェイを走るトランザムと18輪トラックがパトカー軍団を相手にカーチェイスを展開するというカー・アクション映画。製作総指揮はロバート・L・レヴィ、製作はモート・エンゲルバーグ、監督は「トランザム7000」のハル・ニーダム。ニーダムとロバート・L・レヴィの原案を基にジェームズ・リー・バレットとチャールズ・シャイアー、アラン・マンデルが脚色。撮影はボビー・バーン、音楽はビル・ジャスティスとジェリー・リードが各々担当。出演はバート・レイノルズ、サリー・フイールド、ジェリー・リード、マイク・ヘンリー、ポール・ウィリアムズ、バット・マコーミック、アルフィー・ワイズ、ジャッキー・グリーソンなど。

監督
ハル・ニーダム
出演キャスト
バート・レイノルズ サリー・フィールド ジェリー・リード マイク・ヘンリー
1977年

トランザム7000

  • 1977年10月22日(土)
  • 出演(Junior 役)

ビール密輸トラックを先導するトランザムと、それを追うポリ公のドタバタ・スピード・アクション。製作総指揮はロバート・L・レヴィ、製作はモート・エンゲルバーク、監督はスタントマンあがりのハル・ニーダム、脚本はジェームズ・リー・バレット、チャールズ・シャイアー、アラン・マンデル、原案はH・ニーダム、R・L・レビイ、撮影はボビー・バーン、音楽はビル・ジャスティス、ジェリー・リードが各々担当。出演はバート・レイノルズ、サリー・フィールド、ジェリー・リード、マイク・ヘンリー、ポール・ウィリアムス、パット・マコーミック、ジャッキー・グリーソンなど。

監督
ハル・ニーダム
出演キャスト
バート・レイノルズ サリー・フィールド ジェリー・リード マイク・ヘンリー
1973年

ソイレント・グリーン

  • 1973年6月9日(土)
  • 出演(Kulozik 役)

2022年、今から約50年後のニューヨークには人口が膨大したことによって食糧難が起こっていた。人々は1週間に1度、政府が配給する「ソイレント・グリーン」と呼ばれるウェーフェース状の食料で命を継いでいたが……。原題のソイレント・グリーンとはSOY(大豆)とLENTIL(レンズ豆)を合成した言葉でアメリカのSF作家ハリー・ハリソンの小説の映画化。製作はウォルター・セルツァーとラッセル・サッチャー、監督は「センチュリアン」のリチャード・フライシャー、脚色はスタンリー・R・グリーンバーグ、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はフレッド・マイロー、編集はサミュエル・E・ビートリーが各々担当。出演はチャールストン・ヘストン、リー・テイラー・ヤング、これが遺作となったエドワード・G・ロビンソン、チャック・コナーズ、ジョセフ・コットン、ブロック・ピーターズ、スティーブン・ヤング、マイク・ヘンリーなど。

監督
リチャード・フライシャー
出演キャスト
チャールトン・ヘストン リー・テイラー・ヤング エドワード・G・ロビンソン チャック・コナーズ
1971年

リオ・ロボ

  • 1971年2月13日(土)
  • 出演(Hendricks 役)

無法の町リオ・ロボを舞台に展開される壮絶なアクションと西部男の心意気を描く。製作・監督は「リオ・ブラボー」「エル・ドラド」のハワード・ホークス、アクション担当監督を「ベン・ハー(1959)」の戦車競争シーンを撮ったヤキマ・カナット、脚本はバートン・ウォルとリー・ブラケット、撮影を「アラモ」のウィリアム・H・クローシア、音楽はジェリー・ゴールドスミス、編集をジョン・ウッドコック、美術はロバート・スミスがそれぞれ担当。出演は「チザム」のジョン・ウェイン、新人のホルヘ・リベロとジェニファー・オニール。その他、ジャック・エラム、クリス・ミッチャム、ヴィクター・フレンチ、マイク・ヘンリーなど。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジョン・ウェイン ホルヘ・リベロ ジェニファー・オニール ジャック・イーラム
1968年

ターザンの大逆襲

  • 1968年
  • 出演(Tarzan 役)

「ターザンと黄金の谷」に次ぐ、ターザン映画。製作指揮はサイ・ワイントローブ、製作は「ターザンと黄金の谷」を監督したロバート・デイ、監督はロバート・ゴードン。脚本はステファン・ロード、撮影はオーゼン・セメット、音楽はウィリアム・ルーズとイゴー・カンター、美術はミルトン・マンがそれぞれ担当。出演は「ターザンと黄金の谷」のマイク・ヘンリー。他にアリツィア・ガー、スティーヴ、ボンド、ラファー・ジョンソン、ロナルド・ガンス、エドワード・ジョンソンなど。カラー、パナビジョン。1968年作品。

監督
ロバート・ゴードン
出演キャスト
マイク・ヘンリー アリツィア・ガー スティーヴ・ボンド ラファー・ジョンソン

グリーン・ベレー

  • 1968年7月20日(土)
  • 出演(Sgt._Kowaiski 役)

ロビン・ムーアの同名のベストセラー小説を、ジェームズ・リー・バレットが脚色、ジョン・ウェインとレイ・ケロッグの2人が監督したもので、グリーンベレー(アメリカ軍特殊部隊)の勇者たちの活躍を描いた戦争スペクタル・アクション。撮影はアカデミー賞を3度も受賞した(「ジャンヌ・ダーク」「黄色いリボン」「静かなる男」)ウィントン・C・ホックで、ロケ地はジョージア州フォート・ベニング、音楽はミクロス・ローザが担当した。なお技術顧問としてウィリアム・バーンズ中佐とジェラルド・R・ドッズ少佐が協力している。出演はジョン・ウェイン、TV「逃亡者」のデイヴィッド・ジャンセン、「お呼びの時間」のジム・ハットン、ウェインの次男で「シェナンドー河」のパトリック・ウェイン、「モダンミリー」のジャック・スーなど。製作はウェインの長男マイケル・ウェインである。

監督
ジョン・ウェイン レイ・ケロッグ
出演キャスト
ジョン・ウェイン デイヴィッド・ジャンセン ジム・ハットン アルド・レイ
1967年

ターザンと黄金の谷

  • 1967年8月22日(火)
  • 出演(Tarzan 役)

クレア・ハフェイカーの脚本を、「ターザン三つの挑戦」のロバート・デイが監督した「ターザン」シリーズ41作目。撮影はアーヴィング・リップマン、音楽はヴァン・アレクサンダーが担当した。出演は「ターザン、ブラジルへ行く」(未公開)のマイク・ヘンリー(14代目)、「サイレンサー 沈黙部隊」のナンシー・コバック、「ザ・スパイ」のデイヴィッド・オパトシュほか。

監督
ロバート・デイ
出演キャスト
マイク・ヘンリー ナンシー・コバック デイヴィッド・オパトシュ Manuel Padilla Jr.
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > マイク・ヘンリー

ムービーウォーカー 上へ戻る