映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ホランド

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1990年 まで合計7映画作品)

1990年

ディジー・ガレスピー ナイト・イン・ハバナ

  • 1990年7月30日(月)公開
  • 監督

40年ぶりに念願のキューバ訪問が叶ったトランペッター、ディジー・ガレスピーと彼のバンドの、その時の様子を捉えたジャズ・ドキュメンタリー映画。製作はニム・ポラネッカ、監督はジョン・ホランド、撮影はビル・メガロス、インタヴュー・脚本はアレン・ホニグバーグが担当。作品は、ビバップを創成した立役者のひとり、ジャズ・トランペッターのディジー・ガレスピーが、そのルーツとも言えるアフロ・キューバン・リズムの発生の地であるキューバの地を、「第5回ハバナ国際ジャズ・フェスティヴァル」にゲストとして招待されたことで、実に40年ぶりに訪問したその時の模様を収めたもので、ガレスピーへのインタヴューと演奏によって構成されている。

監督
ジョン・ホランド
出演キャスト
ディジー・ガレスピー
1965年

シーサイドの男

  • 1965年6月12日(土)公開
  • 出演(Mr._Courtland 役)

ジョン・メレディス・ルーカスの原作を、ジョン・マントリーが脚色、ウィリアム・コンラッドが製作・監督した、怪奇的な青春映画。撮影は「野望の系列」のサム・リーヴィット、音楽は「ミスタア・パルバー」のジョージ・ダニングが担当した。出演は「遠い喇叭」のトロイ・ドナヒュー、舞台出身の新人ジョーイ・ヒーザートンのほかに、バリー・サリヴァン、ジャネット・ノーランなど。

監督
ウィリアム・コンラッド
出演キャスト
トロイ・ドナヒュー ジョーイ・ヒーザートン バリー・サリバン ニコラス・コスター
1952年

虐殺の河

  • 1952年8月21日(木)公開
  • 出演(Roberts 役)

ソル・レッサーの息子ジュリアン・レッサーとフランク・メルフォードが製作した1949年度西部劇で、「コロラド」のルイス・スティーヴンスが脚本を書き卸し、「アラビアン・ナイト」のジョン・ローリンスが監督した。撮影はジャック・マッケンジー、音楽はリュシエン・モラウェックとジョン・レイポルドの担当である。主演はガイ・マディソン、「彼女は二挺拳銃」のロリー・カルホーン、キャロル・マシューズ、「荒野の決闘」のキャシー・ダウンズで以下、「悪名高きテキサス人」のジョニー・サンズ、「勇者のみ」のスティーヴ・ブロディとアート・ベイカーらが助演する。

監督
ジョン・ローリンス
出演キャスト
ガイ・マディソン ロリー・カルホーン ジョニー・サンズ キャロル・マシューズ
1931年

愛欲の果て(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Payton_Weldon 役)

無声時代の映画「背中を掻いて頂戴」「女房改造」の原作者としてまた米国著名なる小説家として知られているルパート・ヒューズの筆になるもので「摩天楼の巨人」「サンダーボルト(1929)」のハーマン・J・マンキーウィッツが脚色し「男の正体」「おしゃれ牧場」のフランク・タットルが監督にあたり「キック・イン」「街の紳士」のヴィクター・ミルナーがクランクした映画である。主演者は「街の紳士」「アパートの殺人」のウィリアム・パウェルで助演者は「赤新聞」「戦争と貞操」のケイ・フランシス、「悪魔が跳び出す」「街の紳士」のカロール・ロムバート、「赤新聞」のギルバート・エメリー、オリーヴ・テルなど

監督
ロウター・メンディス
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ケイ・フランシス キャロル・ロンバード ギルバート・エメリー
1930年

地獄の波止場(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Bod_Wade 役)

女流作家リダ・ジョンソン・ヤング作の小説より「彼女は戦いに行く」のフレッド・デ・グレサックが改作し、「熱沙果つるところ」のクラーク・シルヴァーネイルが脚色した南海情話である。監督は「彼女は戦いに行く」「春を讃えよ」のヘンリー・キング、主演者は「激流恋をのせて」「嵐」のルーベ・ヴェレス、相手役は「彼女は戦いに行く」のジョン・ホランドでこれに「あけぼの」「思い出」のジャン・ハーショルト、「グリード」のギブソン・ゴウランド、「踊る人生」のアル・セント・ジョン・ハリー・アレン、ポール・E・バーンズ等がつき合っている。カメラ担当は「国境の狼群(1930)」のマック・ステングラーとジョン・フルトンの二人である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ルーペ・ヴェレス ジーン・ハーショルト ジョン・ホランド ギブソン・ゴーランド
1929年

彼女は戦に行く

  • 1929年当年公開
  • 出演(Tom_Pike 役)

インスピレーション・ピクチャース社提供になる映画で、ルパート・ヒューズ氏が「レッド・ブック」誌上に発表した小説を映画化したものである。映画への改作にはフレッド・ド・グレサック夫人が当り、ホワード・エスタブルック氏が脚色、そして「噂の女」「魔炎」と同じくヘンリー・キング氏が監督製作した。主役を演ずるのは「英雄時代」「剣侠時代」のエリナー・ポードマン嬢であるが、それを助けてジョン・ホランド氏と「踊子フィリス」のエドモンド・バーンズ氏とが重要な役を演ずる。そのほかに「サイベリア」「サロメの心」のアルマ・ルーベンス嬢、「アメリカ美人」のアル・セント・ジョン氏、ヨーラ・ダヴリル嬢等も出演している。キャメラは「ガウチョウ」「暴力団(1928)」と同じくトニー・ゴーディオ氏の担当。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
エリナー・ボードマン ジョン・ホランド エドモンド・バーンズ アルマ・ルーベンス

黒旋風

  • 1929年当年公開
  • 出演(John_Ormsby 役)

「ブラッド・シップ」「最後の戦線」をものしたジョージ・ビー・サイツ氏の監督作品で、ウォルター・アーチャー・フロスト氏とポール・ディッキー氏との合作舞台劇に基き、「トレント大事件」「娘乱暴記」のピューラー・マリー・ディックス女史が脚本したもの。出演俳優は、「哀調の小道」「想天舞曲」のジョセフィン・ダン嬢、「彼女は戦いに行く」のジョン・ホランド氏、「疑惑晴れて」「大河の奇賊」のアール・フォックス氏、「紐育萬華鏡」「言論の自由」のヘンリー・ビー・ウォルソール氏、本映画によって初御目見えの新進女優ドロシー・ジョーダン嬢等で、その他シェルドン・ルイス氏、フリッツ・フェルト氏が助演している。キャメラは「寝巻」「踵の魅惑」のグレン・マックウィリアムス氏が担任している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ジョセフィン・ダン アール・フォックス ジョン・ホランド ヘンリー・B・ウォルソール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ホランド