映画-Movie Walker > 人物を探す > Pamela Segall

年代別 映画作品( 1982年 ~ 1996年 まで合計4映画作品)

1996年

マンハッタン花物語

  • 1996年7月13日(土)公開
  • 出演(Kim 役)

恋愛に臆病な女性と、彼女の前に現れた理想の男性の恋を、オーソドッスな語り口で描いたロマンチックなラブ・ストーリー。監督・脚本は、本作がデビューとなる戯曲家のマイケル・ゴールデンバーグ。製作は「恋愛の法則」のアラン・ミンデルとデニス・ショウのコンビ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョゼフ・ハートウィックとリン・ハリス。撮影は「ゴーストバスターズ」など数多くの作品に関わったアダム・キンメル、音楽は「恋愛の法則」のマイケル・コンヴァーティノ、美術も同作のスティーヴン・マッケイブ、編集はジェーン・カーソン、衣裳は「プリティ・リーグ」のシンシア・フリントが担当。主演は「ブロークン・アロー」のクリスチャン・スレイターと「ヘブンズ・プリズナー」のメアリー・スチュアート・マスターソン。

監督
マイケル・ゴールデンバーグ
出演キャスト
クリスチャン・スレーター メアリー・スチュアート・マスターソン Pamela Segall ジョシュ・ブローリン
1990年

ゲート2 デモンボーイズ

  • 1990年6月22日(金)公開
  • 出演(Liz 役)

88年のSFXホラー「ザ・ゲート」の続編。前作同様、監督はティボー・タカクス、脚本はマイケル・ナンキン、SFXはランドール・ウィリアム・クックが担当。クックのストップモーション・アニメによるモンスターは必見。

監督
ティボー・タカックス
出演キャスト
ルイス・トゥリップ サイモン・レーノルズ James Villemaire Pamela Segall
1989年

セイ・エニシング

  • 1989年12月23日(土)公開
  • 出演(Rebecca 役)

憧れの女性と恋におちた青年の成長と、周囲の人々の反応を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・L・ブルックス、製作はポリー・プラット、監督・脚本は本作品がデビューとなるキャロン・クロウ、撮影はラズロ・コヴァックス、音楽はリチャード・ギブスとアン・ダドリーが担当。出演はジョン・キューザック、アイオン・スカイほか。

監督
キャメロン・クロウ
出演キャスト
ジョン・キューザック アイオン・スカイ ジョン・マホーニー リリ・テイラー
1982年

グリース2

  • 1982年12月18日(土)公開
  • 出演(Dolores 役)

78年の「グリース」の続編に当たり、ライデル高校の生徒たちの青春賛歌を描くミュージカル。前作と同様にロバート・スティグウッドとアラン・カーが製作に当たり、前作で振付を担当したパトリシア・バーチ(女性)が、今回監督としてデビュー。エクゼクティブ・プロデューサーはビル・オークス。脚本はケン・フィンクルマン、撮影はフランク・スタンレー、音楽はルイス・セイント・ルイスが手掛けている。出演はイギリス生まれのマックスウェル・コールフィールド、ミシェル・ファイファー、エイドリアン・ズメド、イブ・アーデン、タブ・ハンター、コニー・スティーブンスなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。メトロカラー、シネスコサイズ。1982年作品。

監督
パトリシア・バーチ
出演キャスト
マックスウェル・コールフィールド ミシェル・ファイファー エイドリアン・ズメド クリストファー・マクドナルド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > Pamela Segall