映画-Movie Walker > 人物を探す > グウェン・リー

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1930年 まで合計18映画作品)

1928年

天使の顔(1928)

  • 1928年
  • 出演(Gwen 役)

「思い出」「ホリウッド・レビュー」出演のノーマ・シアラー嬢が主演する映画で、ルロイ・スコット氏の原作から「悪魔の日曜日」「巴里(1926)」の監督者エドモンド・グールディング氏が脚色し、「滑れケリー」「アンクル・トムス・ケヴィン」のA・P・ヤンガー氏が脚本化し「歓楽の唇」「娘弁護士」のロバート・Z・レナード氏が監督したもの。主演者のほかに「踊る娘達」「海の王者」のジョン・マック・ブラウン氏、「愛欲の人魚」「ホリウッド・レビュー」のグウェン・リー嬢、「楽園に帰る(1928)」「女心を誰か知る」のローウェル・シャーマン氏、「スピードウェイ」「サンダーボルト(1929)」のユージェニー・ベッセラー夫人、「高速度娘ジャズの巻」のバディー・メッシンジャー氏等が助演。キャメラは「破戒」「シカゴ」「キング・オブ・キングス(1927)」のペヴァレル・マーレー氏が担任である。音響版8巻、無声版8巻がある。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
ノーマ・シアラー ローウェル・シャーマン グウェン・リー ジョン・マック・ブラウン

三人水兵恋行脚

  • 1928年
  • 出演(Flossie 役)

「青鷲」「雲晴れて愛は輝く」等と同じくジョージ・オブライエン氏の主演する映画で、原作はランドール・H・フェイ氏が特に氏のために書き卸したものである。脚色したのはマリオン・オース女史で、それを「踵の魅惑」「モガ地獄」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督している。オブライエン氏の相手役は「燃ゆる青春」「宣伝地獄」等出演のロイス・モーラン嬢で、この主役二人を助けてロイド喜劇出身のノア・ヤング氏、新進グウェン・リー嬢、それにジョセフ・スウィッカード氏、トム・デューガン氏、ウィリアム・デマレスト氏などが出演する。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ロイス・モラン ノア・ヤング トム・デューガン

高速度娘

  • 1928年
  • 出演(Nita_Dugan 役)

「トロイ情史」「紳士は金髪がお好き(1928)」等主演のアリス・ホワイト嬢がファースト・ナショナル社のスター昇進第一回主演映画で、ジェー・ピー・マッキヴォート氏作の小説をジェームス・T・オドノホー氏が脚色し、「運命(1928)」「ゴリラ(1927)」「熱血拳闘手」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したものである。助演者は「足で蹴る恋」「長屋騒動パリの巻」のチャールズ・デラニー氏を始め、リー・モーラン氏、ドナルド・リード氏、グウェン・リー嬢ケイト・プライス嬢等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
アリス・ホワイト チャールズ・デラニー リー・モーラン ドナルド・リード
1927年

密輸入の恋

  • 1927年
  • 出演(Hulda 役)

「ビッグ・パレード」「剣侠時代」等出演のジョン・ギルバート死の主演する映画で、ウィリアム・アンソニー・マクガイア氏の舞台劇に基づき、A・P・ヤンガー氏が脚色の筆を執り、「大学のブラウン」等と同じくジャック・コンウェイ氏が監督した。「キートンの船長(キートンの蒸気船)」「人罠」等出演のアーネスト・トーレンス氏、「踊る英雄」等出演のジョーン・クローフォード嬢等が相手役を演ずる外、アイリーン・パーシー嬢、ポーレット・デュヴァル嬢、ドロシー・セバスチャン嬢、グウェン・リー嬢、エドワード・アール氏等の腕利きが助演する。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ジョン・ギルバート アーネスト・トーレンス ジョーン・クロフォード アイリーン・パーシー

恋せよ乙女

  • 1927年
  • 出演(Daisy_Dean 役)

「想い叶えて」「娘新奮両面鏡」に次いで製作されたコリーン・ムーア嬢主演喜劇でハワード・アーヴィング・ヤング氏作の物語に基いてジェラルド・C・ダフィー氏が脚色し、「桃色女白浪」「恋愛大拡張」「芝居の世の中」と同じくマーシャル・ニーラン氏が監督した。助演者は「鉄條網」「喧嘩友達」等に出演したラリー・ケント氏、「男見るべからず」「蠻婚崇拝」等のハラム・クーリー氏、「想い叶えて」のグウェン・リー嬢等である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
コリーン・ムーア ラリー・ケント ハラム・クーリー グウェン・リー

想い叶うて

  • 1927年
  • 出演(Ermintrude 役)

「霧の裏街」「恋は異なもの」などと同じくコリーン・ムーア嬢主演映画で、「地下鉄サディー」「世界の寵児」などと同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したものでケーリー・ウイスソン氏が原作並びに脚色の任に当たった。ムーア嬢の相手役は「地下鉄サディー」「甘い親爺」等出演のジャック・マルホール氏が勤めサム・ハーディー氏とグウェン・リー嬢とが重要な役を演じている。尚アルマ・ベネット嬢、ジェッド・ブラウテイー氏等も助演している。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
コリーン・ムーア ジャック・マルホール サム・ハーディ グウェン・リー
1926年

怪紳士ウルフ

  • 1926年
  • 出演(Liane_Delorme 役)

かつて公開された「ローンウルフ」「ローンウルフの娘」「熱血漢ウルフ」等と同じくルイス・ジョゼフ・ヴァンス作の『ローンウルフ譚』を映画化したもので、J・グラブ・アレキサンダーが脚色し「名優の追想」等と同じくラルフ・インスが監督した。主役は「ローンウルフ」「恋の鉄条網」等出演のバート・ライテルで、對手役は「彗星雲を衝いて」「海賊(1926)」等出演のビリー・ダヴが演じている。また、グスタフ・フォン・セイファーティッツ、グウェン・リー、フリーマン・ウッド等が共演している。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
バート・ライテル ビリー・ダヴ グウェン・リー フリーマン・ウッド
1925年

紅唇百万ドル

  • 1925年
  • 出演(Clara_Bayne 役)

「新婚の危機」「競売台」と同じくホバート・ヘンリー氏の監督作品で、ケイリー・ウィルソン氏のオリジナル・ストーリーによりルイス・D・ライトン氏とホープ・ロアリング女史とが脚色したもの。主演者は「殴られる彼奴」「悪魔の曲馬団」出演のノーマ・シアラー嬢と「愛の黒眼鏡」「奇跡の薔薇」のルー・コディ氏とで、この2人を助けて故ウィラード・ルイス氏、カール・デーン氏、グウェン・リー嬢などが出演している。

監督
ホバート・ヘンリー ホープ・ロアリング
出演キャスト
ノーマ・シアラー ルー・コディ ウィラード・ルイス カール・デーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > グウェン・リー