映画-Movie Walker > 人物を探す > アンソニー・マイケル・ホール

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2008年 まで合計12映画作品)

2008年

ダークナイト

  • 2008年8月9日(土)公開
  • 出演(Mike Engel 役)

クリスチャン・ベール主演による新生「バットマン」シリーズ第2弾。若くして急死したヒース・レジャーが、旧シリーズにも登場した人気キャラ、ジョーカー役を怪演。

監督
クリストファー・ノーラン
出演キャスト
クリスチャン・ベール マイケル・ケイン ヒース・レジャー ゲイリー・オールドマン
2002年

ケイブマン

  • 2002年4月27日(土)公開
  • 出演(Bob 役)

実力派俳優サミュエル・L・ジャクソンが元作曲家のホームレスという異色の役柄に挑戦。同名ミステリー小説を原作に、殺人事件に立ち向かう男の心理的葛藤を描くスリラーだ。

監督
キャシー・レモン
出演キャスト
サミュエル・L・ジャクソン コルム・フィオール アン・マグナスン アーンジャニュー・エリス
1997年

欲情の媚薬

  • 1997年6月7日(土)公開
  • 出演(Nick 役)

一夜の過ちから殺人事件に巻き込まれる男の姿を描いたサスペンス。監督は「スリー・オブ・ハーツ」のユレク・ボガエヴィッチ。製作はスコット・エインビンダー、キャロル・コッテンブルック、「ブロンドの標的」のスティーヴン・ポール。脚本はJ・S・カルドンとデイヴィッド・ウォマークの原案を基にカルドンとユレク・ボガエヴィッチが執筆。製作総指揮はハンク・ポール、カルドンとウォマークの共同。撮影はエリクソン・コア。音楽はマイカル・ロレンク。美術はジャック・ユベール。編集はゲイル・ヤスナガ。衣裳はパリス・リビーがそれぞれ担当。主演は「ダブルチーム」のミッキー・ローク。共演は「シザーハンズ」のアンソニー・マイケル・ホール、「クライシス2050」のアナベル・スコフィールド、「蘭の女」で共演後ローク夫人となったキャリー・オーティスほか。

監督
ユレク・ボガエヴィッチ
出演キャスト
ミッキー・ローク Annabel Schofield アンソニー・マイケル・ホール キャリー・オーティス
1995年

私に近い6人の他人

  • 1995年11月3日(金)公開
  • 出演(Trent 役)

ニューヨークのいわゆる上流階級を舞台に、現代社会の多面性、虚飾、そして偽善を痛烈なタッチで炙りだしてゆくコメディ・ドラマ。ブロードウェイで絶賛を浴びたヒット舞台劇の映画化。監督は「ミスター・ベースボール」「星に想いを」のフレッド・スケピシ。製作はスケピシと「JFK」のアーノン・ミルチャン。脚本は原作戯曲も執筆した現代アメリカを代表する劇作家の一人で、映画でも「アトランティック・シティ」でアカデミー賞を受賞したジョン・グエア。撮影はスケピシの全作を手掛けるイアン・ベイカー。美術は「アマデウス」でアカデミー賞を受賞した「ビリー・バスゲイト」のパトリシア・フォン・ブランデンスタインで、画商夫妻が主人公であるためミケランジェロ、カンディンスキー、セザンヌ、ドガなどの絵画やメイプルソープの写真などが多数登場。音楽は「激流」などの巨匠ジェリー・ゴールドスミス。編集はピーター・ホネス。主演は舞台版でも同じ役を演じた「アップルゲイツ」「スモーク」のストッカード・チャニング(本作でアカデミー主演女優賞ノミネート)と、「M★A★S★H(マッシュ)」「アウトブレイク」のドナルド・サザーランド。共演は「メイド・イン・アメリカ」などにも出演したラップ歌手のウィル・スミス、「スキャンダル」のイアン・マッケレン、「ショート・カッツ」のブルース・デイヴィソンと「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のメアリー・ベス・ハート、「彼と彼女の第2章」のリチャード・メイサー、「シザーハンズ」のアンソニー・マイケル・ホール。

監督
フレッド・スケピシ
出演キャスト
ストッカード・チャニング ドナルド・サザーランド ウィル・スミス イアン・マッケラン
1991年

シザーハンズ

  • 1991年7月13日(土)公開
  • 出演(Jim 役)

両手がハサミの人造人間が街で巻き起こす騒動と、彼と少女との恋を描くSFフアンタジー。エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・ハシモト、製作はデニーズ・ディ・ノヴィと監督も兼ねる「バットマン(1989)」のティム・バートン、バートンとキャロライン・トンプソンの原案をトンプソンか脚本に執筆、撮影はステファン・チャプスキー、音楽はリチャード・エルフマンが担当。出例はジョニー・デップ、ウィノナ・ライダーほか。

監督
ティム・バートン
出演キャスト
ジョニー・デップ ウィノナ・ライダー ダイアン・ウィースト アンソニー・マイケル・ホール

グノーム ボクの素敵なパートナー

  • 1991年5月18日(土)公開
  • 出演(Casey_Gallagher 役)

地中深く住む生物ノームが、地上に出て来たために起こる騒動を描いたファンタジー・コメディ。監督は「パンプキン・ヘッド」、「ターミネーター2」のSFXを手掛けたスタン・ウィンストン。製作はスコット・クルーフとジョン・ワトソン、脚本はケヴィン・コスナー主演の「ロビン・フッド<プリンス・オブ・ウェールズ>」のペン・デンシャムとジョン・ワトソン、撮影は「テープヘッズ」のボージャン・バゼリ、特撮はデビッド・ネルソン、美術はボー・ジョンソンが担当。出演はアンソニー・マイケル・ホール、クラウディア・クリスチャンほか。

監督
スタン・ウィンストン
出演キャスト
アンソニー・マイケル・ホール クラウディア・クリスチャン ジェリー・オーバック Mark Harelik
1986年

ランナウェイ 18才の標的

  • 1986年11月22日(土)公開
  • 出演(Daryl_Cage 役)

偶然のいたずらから犯罪に巻き込まれた少年の逃亡劇を、「タイトロープ」のリチャード・タッグル監督が描く。脚本はトニー・ケイドン、撮影はブルース・サーティーズ、音楽をスチュワート・コープランドが担当。出演はアンソニー・マイケル・ホール、ジェニー・ライトほか。

監督
リチャード・タッグル
出演キャスト
アンソニー・マイケル・ホール ジェニー・ライト ジェフ・コバー グリン・ターマン

ときめきサイエンス

  • 1986年7月12日(土)公開
  • 出演(Gary 役)

2人の高校生がコンピューターでグラマー美女を創造したことからおきる珍騒動を描くSFコメディ。製作は「コマンドー」のジョエル・シルヴァー。監督・脚本は「すてきな片想い」のジョン・ヒューズ。撮影はマシュー・F・レオネッティ、音楽はアイラ・ニューボーン、特殊効果はヘンリー・メラーが担当。出演はアンソニー・マイケル・ホール、ケリー・ルブロックほか。

監督
ジョン・ヒューズ
出演キャスト
アンソニー・マイケル・ホール ケリー・ルブロック イラン・ミッチェル・スミス ビル・パクストン

ブレックファスト・クラブ

  • 1986年5月17日(土)公開
  • 出演(Brian 役)

学校側から休日登校の間を言い渡された男女5人の高校生が、友情の絆に結ばれていく姿を描く。製作は「すてきな片想い」の監督を手掛けたジョン・ヒューズとネッド・タネン、監督・脚本もヒューズが担当。撮影はトーマス・デル・ルース、音楽はキース・フォースーが担当。出演はエミリオ・エステヴェス、ジャド・ネルソンなど。

監督
ジョン・ヒューズ
出演キャスト
エミリオ・エステヴェス ポール・グリーソン アンソニー・マイケル・ホール ジョン・カペロス
1985年

すてきな片想い

  • 1985年3月21日(木)公開
  • 出演(Geek 役)

多感な少女が迎えた16歳の誕生日を綴った青春映画。製作はヒルトン・A・グリーン、エグゼクティヴ・プロデューサーはネッド・タネン、監督・脚本は「ミスター・マム」の脚本を手がけたジョン・ヒューズ、撮影はボビー・バーン、庁楽はアイラ・ニューボーンが担当。出演はモリー・リングウォルド、ジャスティン・ヘンリーなど。

監督
ジョン・ヒューズ
出演キャスト
モリー・リングウォルド アンソニー・マイケル・ホール マイケル・ショーフリング ジャスティン・ヘンリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンソニー・マイケル・ホール