映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョアキム・デ・アルメイダ

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2011年 まで合計14映画作品)

2011年

ワイルド・スピード MEGA MAX

  • 2011年10月1日(土)公開
  • 出演(エルナン・レイエス 役)

マニア垂涎の高級車によるド派手なカー・チェイスが売り物の人気シリーズ第5弾。1作目からの常連であるヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーがコンビを組み、元人気プロレスラーの“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンを相手に、怒濤の逃走劇を繰り広げる。もうひとつの見どころであるセクシー美女たちも続々登場。

監督
ジャスティン・リン
出演キャスト
ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ジョーダナ・ブリュースター ドウェイン・ジョンソン
2010年

パリより愛をこめて

  • 2010年5月15日(土)公開
  • 出演(Trench-coat 1 役)

「96時間」のリュック・ベッソン&ピエール・モレル監督が放つサスペンス・アクション。暗殺テロ計画を阻止するべく奔走する駐仏大使館員とスゴ腕諜報部員の活躍を描き出す。

監督
ピエール・モレル
出演キャスト
ジョン・トラヴォルタ ジョナサン・リス・マイヤーズ カシア・アナ・スムートニアック リチャード・ダーデン
2009年

あの日、欲望の大地で

  • 2009年9月26日(土)公開
  • 出演(ニック 役)

「バベル」の脚本家ギジェルモ・アリアガの初監督作となるドラマ。悲痛な過去に縛られたひとりの女性の再生を、時や場所を交錯させながら、鋭くも優しいまなざしで見つめる。

監督
ギジェルモ・アリアガ
出演キャスト
シャーリーズ・セロン キム・ベイシンガー ジェニファー・ローレンス ホセ・マリア・ヤスピク

チェ 39歳 別れの手紙

  • 2009年1月31日(土)公開
  • 出演(バリエントス大統領 役)

実在した革命家、チェ・ゲバラの生涯に迫った伝記ドラマ2部作の後編。キューバからボリビアへと活動の場を移した彼が、やがて39歳で迎える悲劇的な結末を力強い筆致で描く。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
ベニチオ・デル・トロ カルロス・バルデム デミアン・ビチル ヨアキム・デ・アルメイダ
2007年

ボビーZ

  • 2007年11月17日(土)公開
  • 出演(ドン・ワテロ 役)

「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー演じる受刑者が、無罪放免と引き換えに危険なおとり役を引き受ける犯罪アクション。米国の人気サスペンス小説を映画化。

監督
ジョン・ハーツフェルド
出演キャスト
ポール・ウォーカー ローレンス・フィッシュバーン オリビア・ワイルド ジェイソン・フレミング
2005年

娼婦たち

  • 2005年9月24日(土)公開
  • 出演(Pierre 役)

人種、国籍、年齢もさまざまな娼婦たちへのインタビューを中心に構成されたスペイン発の異色作。ドラマ部分ではダリル・ハンナが隣人を性の世界へ誘う女優役で登場。

監督
ルナ
出演キャスト
ダリル・ハンナ デニース・リチャーズ ジョアキム・デ・アルメイダ
2003年

略奪者

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 出演(Hnoh 役)

広大なアフリカの砂漠を舞台にした犯罪アクション。強盗犯たちの逃避行とサバイバルをスリリングに描く。クセ者たちが野心と欲望をぶつけ合うタフな対決がアツい!

監督
ルイ・パスカル・クヴレア
出演キャスト
ジャン・ユーグ・アングラード ジョアキム・デ・アルメイダ シリル・トーヴナン サガモア・ステヴナン
2002年

エネミー・ライン

  • 2002年3月9日(土)公開
  • 出演(ピケ 役)

「アルマゲドン」の新鋭オーウェン・ウィルソン&ベテラン俳優ジーン・ハックマン主演の戦争ドラマ。敵地に迷い込んだ海軍兵士の決死の脱出劇をアクション満載で描く。

監督
ジョン・ムーア
出演キャスト
オーウェン・ウィルソン ジーン・ハックマン ガブリエル・マクト チャールズ・マリク・ホイットフィールド
1999年

エル(1997)

  • 1999年11月6日(土)公開
  • 出演

リスボンを舞台に境遇も生き方も全く異なる女性たちの揺れる心の内を、シンプルにかつ等身大に描くドラマ。監督・脚本はルイス・ガルバン・テレシュ。出演はカルメン・マウラ、ミュウミュウ、マリサ・ベレンソン、ゲッシュ・パティ、マルト・ケラーほか。

監督
ルイス・ガルバン・テレシュ
出演キャスト
カルメン・マウラ ミュウミュウ マリサ・ベレンソン ゲッシュ・パティ
1995年

デスペラード

  • 1995年12月16日(土)公開
  • 出演(Bucho 役)

麻薬組織のボスに復讐するマリアッチ(スペイン語でミュージシャンの意)の戦いを描いたバイオレンス・アクション。監督・脚本・編集は、93年に発表した弱冠24歳のデビュー作「エル・マリアッチ」が絶賛されたロバート・ロドリゲスで、彼がハリウッドに初進出した劇場用長編第2作。製作費は前作のわずか7千ドルから実に千倍の700 万ドルを投じ、スタイリッシュなアクション演出と定型を裏切るオフビートなユーモアに、さらに磨きがかかった。製作はビル・ボーデンとロドリゲス、製作補はエリザベス・アベランと、前作で主演したカルロス・ガラルド。撮影はギレルモ・ナバロ、音楽は「ラ・バンバ」のロス・ロボス、美術は「PNDC エル・パトレイロ」のセシリア・モンティエルが担当。主演は本格的アクションに初挑戦となる「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のアントニオ・バンデラス。共演はロドリゲス演出のテレビ映画『ロードレーサー』(V)にも出演しているメキシコ出身の新進女優サルマ・ハエック、「今そこにある危機」のジョアキム・デ・アルメイダ、「パルプ・フィクション」のスティーヴ・ブシェーミら。ロドリゲスも参加したオムニバス映画「フォー・ルームス」で製作総指揮を務めたクエンティン・タランティーノが友情出演している。

監督
ロバート・ロドリゲス
出演キャスト
アントニオ・バンデラス サルマ・ハエック ジョアキム・デ・アルメイダ チーチ・マリン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョアキム・デ・アルメイダ