映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシル・ランド

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1934年 まで合計4映画作品)

1934年

魔海

  • 1934年当年公開
  • 出演(Dorothy_Craig 役)

サイレント時代から跳躍活劇俳優として有名なリチャード・タルマッジが主演する連続映画で、例によってレイ・テイラーが監督にあたったもの。「大金鉱」「空中幽霊」のエラ・オニールが書き下ろし、ジョージ・プリンプトン、ベイジル・ディッキー、ジャック・ネルソンが脚色している。助演者は新進ルシル・ランドを始め「大金鉱」のウォルター・ミラー及びウィリアム・デスモンド、「肉の蝋人形(1933)」のパット・オマリー等で、撮影はリチャード・フライヤー。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
リチャード・タルマッジ ルシル・ランド ウォルター・ミラー パット・オマリー

黒猫

  • 1934年9月13日(木)公開
  • 出演(Karen 役)

「フランケンシュタイン(1931)」「ミイラ再生」のボリス・カーロフと「モルグ街の殺人」「恐怖の夜」のベラ・ルゴシが共演する怪奇劇で、美術監督から昇進したエドガー・G・ウルマーが第1回作品として監督にあたった者である。エドガー・アラン・ポーの名作からヒントを得て監督者ウルマーがピーター・ルーリックと共同して書き下ろした脚本であるから原作とは甚だ相違がある。助演者は「ミイラ再生」のデイヴィッド・マナース、「国境隊」のジャクソン・ウェルズ、「土曜日の大観衆」のルシル・ランド、「最後の一人まで(1933)」のエゴン・ブレッチャー、「戦線の嵐」のハリー・コーディング等で、撮影は「摩天楼の悲劇」のジョン・J・メスコールが担当している。

監督
エドガー・G・ウルマー
出演キャスト
ボリス・カーロフ ベラ・ルゴシ デイヴィッド・マナース ジャクリーン・ウェルズ
1933年

西洋馬騒動

  • 1933年当年公開
  • 出演(Iris 役)

「ナイヤガラ珍婚旅行」「犯罪都市(1931)」のスリム・サマーヴィルと「土曜日の大観衆」「ビッグ・ケージ」のアンディー・ディヴァインが主演する喜劇で、「土曜日の大観衆」「キートンの麦酒王」のエドワード・セジウィックが監督にあたり、「全米軍」「紐育→サンフランシスコ」のジョージ・ロビンソンが撮影したもの。原作はH・M・ウォーカーとデール・ヴァン・エヴァリーが書き下ろしエバ・ハヴェズとクラレンス・マークスが共同脚色した。助演者は「土曜日の大観衆」「ラジオは笑う」のリーラ・ハイアムス、「大帝国行進曲」のユーナ・オコナー、「真実の力」のコーネリアス・キーフ、「暴君ネロ(1932)」のフェルディナンド・ゴットシャルク、メイ・ビーティ、デイヴィッド・タレンス等である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
スリム・サマーヴィル アンディ・デヴァイン リーラ・ハイアムス フェルディナンド・ゴットシャルク

土曜日の試合

  • 1933年当年公開
  • 出演(Society_Reporter 役)

「キートンの麦酒王」「キートンの歌劇王」等を監督したスポーツ映画で、「今日限りの命」「カンターの闘牛師」のロバート・ヤングが「ラジオは笑う」「パリの魔人」のリーチ・ハイアムスは相手とて主演するもの。ルシアン・ケイルーの原作を「大空の闘士」「北海の漁火」のデール・ヴァン・エヴァリーが脚色し、カメラは「鉄血士官校」「ミイラ再生」のチャールズ・ステューマーが担任した。助演者は「響け応援歌」「黄金の唄女」のメエリイ・カーライル、「全米軍」「監視装甲車」のアンディー・ディヴァイン、「笑う罪人」「七万人の目撃者」のジョン・マック・ブラウン、「女探偵長」「ルンペン紳士」のメエリイ・ドーラン、「響け応援歌」のジョセフ・ソーアス、「心の青空」のグラント・ミッチェル、新人ルシル・ランド、ポール・ボーカジ、ポール・ハースト等である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ロバート・ヤング リーラ・ハイアムス ジョン・マック・ブラウン グラント・ミッチェル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシル・ランド