TOP > 人物を探す > トム・コートネイ

年代別 映画作品( 1964年 ~ 2020年 まで合計22映画作品)

1974年

イワン・デニーソヴィチの一日

  • 1974年6月8日(土)
  • 出演(Ivan Denisovich 役)

国外追放処分を受けたソビエト文学の闘う作家ソルジェニーツィンが、スターリン批判の急先鋒作家としてフルシチョフ政権下のソ連文壇雪どけ時代にノーヴィ・ミール誌に発表した処女作の映画化。製作・監督はキャスパー・リード、脚本はロナルド・ハーウッド、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はアーン・ノーディム、編集はセルマ・コネルが各々担当。出演はトム・コートネイ、アルフレッド・バーク、ジェームズ・マックスウェル、エリック・トンプソン、エスペン・スクジョンバーグ、アルフ・マルランド、マシュー・ギネス、ジョン・コーディングなど。

監督
キャスパー・リード
出演キャスト
トム・コートネイ アルフレッド・バーク ジェームズ・マックスウェル エリック・トンプソン
1972年

雨のパスポート

  • 1972年1月22日(土)
  • 出演(Baxter 役)

東西間の巧妙なスパイ合戦に巻き込まれる、新婚夫婦の思いがけない恋の行方を描いた作品。製作はスティーヴン・パロス、ピエール・ブロンベルジェの共同、監督はマイケル・ウイナーの「ジョーカー野郎」「脱走山脈」の脚本を担当した「地獄のかけひき」のリチャード・クレメント、ジョージ・マートン、ティボー・メレイの共同原作をクレメントが脚色、撮影はクリストファー・チャリス、音楽はクロード・ボラン、編集はジョン・ブルームが各々担当。出演は「雨の訪問者」のマルレーヌ・ジョベール、「アレンジメント」のカーク・ダグラス、「ライアンの娘」のトレヴァー・ハワード、トム・コートネイなど。

監督
リチャード・クレメント
出演キャスト
マルレーヌ・ジョベール カーク・ダグラス トレヴァー・ハワード トム・コートネイ
1970年

地獄のかけひき

  • 1970年12月15日(火)
  • 出演(Otley 役)

右や左の体制も、世界の情勢も関係なし。その日その日を楽しく過ごせりゃ……という男に突如振りかかった身の危険!全くワケの分からぬままスパイ事件に翻弄される。製作総指揮を「マッケンナの黄金」のカール・フォアマン、製作はブルース・C・カーチス、監督はディック・クレメントの第一作。脚本はクレメントとイアン・ラ・フレネ、撮影は「鏡の国の戦争」のオースティン・デンプスター、音楽を「としごろ」のスタンリー・マイヤーズがそれぞれ担当。出演は「将軍たちの夜」のトム・コートネイ、「夜明けの舗道」のロミー・シュナイダー、その他アラン・バデル、ジェームズ・ヴィリアーズ、レナード・ロジター、エドワード・ハードウィックなど。

監督
ディック・クレメント
出演キャスト
トム・コートネイ ロミー・シュナイダー アラン・バデル ジェームズ・ヴィリアーズ
1969年

殺しのダンディー

  • 1969年5月31日(土)
  • 出演(Gatiss 役)

デレック・マーロウの小説を、彼自身がシナリオ化し「エル・シド」のアンソニー・マンが製作・監督した、彼の遺作。撮影はクリストファー・チャリス、音楽は、クインシー・ジョーンズ、衣装をピエール・カルダンが担当している。出演は「ダーリング」のローレンス・ハーヴェイ、「ローズマリーの赤ちゃん」のミア・ファロー、「魚が出てきた日」のトム・コートネイなど。

監督
アンソニー・マン
出演キャスト
ローレンス・ハーヴェイ トム・コートネイ ミア・ファロー ハリー・アンドリュース
1968年

魚が出てきた日

  • 1968年6月1日(土)
  • 出演(The_Pilot 役)

「その男ゾルバ」のギリシャ映画会の名匠マイケル・カコヤニスが製作・脚本・監督・衣裳デザインを担当した異色篇。撮影は「その男ゾルバ」のウォルター・ラサリー、音楽も同じく「その男ゾルバ」のミキス・テオドラキスが担当した。出演は「パリのめぐり逢い」のキャンディス・バーゲン、「将軍たちの夜」のトム・コートネイ、「寒い国から帰ったスパイ」のサム・ワナメイカー、「わが命つきるとも」のコリン・ブレイクリーほか。

監督
マイケル・カコヤニス
出演キャスト
トム・コートネイ キャンディス・バーゲン サム・ワナメーカー コリン・ブレークリー
1967年

将軍たちの夜

  • 1967年5月27日(土)
  • 出演(Hartman 役)

ハンス・ヘルムート・カーストの原作をジョセフ・ケッセルとポール・デーンが共同で脚色、「真夜中へ五哩」のアナトール・リトヴァクが監督した戦時下のミステリー。撮影は「ビバ!マリア」のアンリ・ドカエ、音楽はモーリス・ジャールが担当。出演は「おしゃれ泥棒」のピーター・オトゥール、「ドクトル・ジバゴ」のオマー・シャリフとトム・コートネイ、「ミクロの決死圏」のドナルド・プレザンス、「グループ」のジョアンナ・ペティット、イギリスのTV俳優チャールズ・グレイほか。製作は「逃亡地帯」のサム・スピーゲル。

監督
アナトール・リトヴァク
出演キャスト
ピーター・オトゥール オマー・シャリフ トム・コートネイ ドナルド・プレゼンス
1966年

ドクトル・ジバゴ

  • 1966年6月18日(土)
  • 出演(Pasha 役)

ボリス・パステルナークの小説を、「アラビアのロレンス」のロバート・ボルトが脚色、同じく「アラビアのロレンス」のデイヴィッド・リーンが監督した、ロシア革命を背景に1人の男の生涯を描いた文芸篇。撮影はフレッド・A・ヤング、音楽はモーリス・ジャール、美術監督はテレンス・マーシュとジョン・ボックス、装置はダリオ・シモニ、衣裳デザインはフィリス・ダルトン、特殊効果はエディ・フォーリー、第2班監督はロイ・ロソッティが担当した。出演は「アラビアのロレンス」のオマー・シャリフ、「ある晴れた朝突然に」のジェラルディン・チャップリン、「ダーリング」で38回アカデミー女優主演賞をとったジュリー・クリスティ、「クロスボー作戦」のトム・コートネイのほかにアレック・ギネス、シオバン・マッケナ、ラルフ・リチャードソン、リタ・トゥシンハムなど。製作は「クロスボー作戦」のカルロ・ポンティ、製作企画は「人間の絆」のジョン・ボックス。なおこの作品は、第38回アカデミー賞の、5部門(脚色賞、色彩撮影賞、色彩美術賞、色彩衣裳デザイン、オリジナル作曲賞)で受賞。

監督
デイヴィッド・リーン
出演キャスト
オマー・シャリフ ジュリー・クリスティ ジェラルディン・チャップリン ロッド・スタイガー

キング・ラット

  • 1966年3月
  • 出演(Lieutenant Grey 役)

ジェームズ・クラベルの原作を「汚れなき瞳」のブライアン・フォーブスが脚色・監督した捕虜収容所物。撮影は「地上より永遠に」のバーネット・ガフィ、音楽は「ナック」のジョン・バリーが担当した。出演は「ガンファイトへの招待」ジョージ・シーガル、「長距離ランナーの孤独」のトム・コートネイ、「素晴らしきヒコーキ野郎」のジェームズ・フォックス、「追いつめられて……」」のジョン・ミルズ、ほかにジェームズ・ドナルド、アラン・ウェブ、パトリック・オニールなど。製作は「女が愛情に渇くとき」のジェームズ・ウルフ。

監督
ブライアン・フォーブス
出演キャスト
ジョージ・シーガル トム・コートネイ ジェームズ・フォックス パトリック・オニール
1965年

クロスボー作戦

  • 1965年7月30日(金)
  • 出演(Robert_Henshaw 役)

実録にもとずいてリチャード・イムリー、デリー・クイン、「丘」のレイ・リグビーがシナリオを執筆、「あしやからの飛行」のマイケル・アンダーソンが監督した戦争アクション。撮影は「サミー南へ行く」のアーウィン・ヒリアー、音楽は「633爆撃隊」のロン・グッドウィンが担当した。出演は「あゝ結婚」のソフィア・ローレン、「大いなる野望」のジョージ・ペパード、「ドーバーの青い花」のジョン・ミルズ、「たたり」のリチャード・ジョンソン、「長距離ランナーの孤独」のトム・コートネイ、ほかにリリー・パルマー、ポール・ヘンリードなど。製作はカルロ・ポンティ。

監督
マイケル・アンダーソン
出演キャスト
ソフィア・ローレン ジョージ・ペパード トレヴァー・ハワード ジョン・ミルズ
1964年

銃殺(1964・イギリス)

  • 1964年
  • 出演(Hamp 役)

ジェームズ・ラッスデール・ホドソンの原作を、「エヴァの匂い」のエヴァン・ジョーンズが脚色、同じく「エヴァの匂い」のジョゼフ・ロージーが監督した戦場秘話。撮影は「孤独の報酬」のデニス・クープ、音楽はラリー・アドラーが担当した。出演は「二都物語」のダーク・ボガード、「ドクトル・ジバゴ」のトム・コートネイ(六四年ヴェネチア映画祭で主演男優賞受賞)のほかに、「HELP! 四人はアイドル」のレオ・マッカーンをはじめジェームズ・ヴィリアーズ、ピーター・コプレーなど舞台出身俳優が助演している。製作はノーマン・プリッゲンとジョゼフ・ロージー。なおこの作品は、六四年ヴェネチア映画祭サン・ジォルジオ佳作賞を受賞している。

監督
ジョセフ・ロージー
出演キャスト
ダーク・ボガード トム・コートネイ レオ・マッカーン バリー・フォスター

関連ニュース

ハリウッドを代表する名優ダスティン・ホフマンが75歳にして初の映画監督に挑戦
75歳で初監督のダスティン・ホフマン「まだまだクライマックスはこれから」 4月18日 15:30

引退した音楽家たちが暮らすホーム「ビーチャム・ハウス」を舞台に、過去の栄光をひきずった4大旧スターがホームの存続をかけて悲喜こもごものドラマを繰り広げる映画『カルテット! 人生のオペラハウス』(4月19日公開)。キャスト…

『カルテット!人生のオペラハウス』のメガホンを握ったダスティン・ホフマン監督(中央)
ダスティン・ホフマン、初監督作を品引っさげて21年ぶりの来日決定! 3月19日 12:00

現役を引退した音楽家たちが老人ホームの存続をかけ、コンサートに挑む姿を描いた『カルテット!人生のオペラハウス』(4月19日公開)。本作で初の映画監督に挑戦したダスティン・ホフマンが来日することがわかった。ダスティン・ホフ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > トム・コートネイ