映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・コートネイ

年代別 映画作品( 1964年 ~ 2019年 まで合計17映画作品)

2019年

ガーンジー島の読書会の秘密

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』などを手掛けた製作陣が再結集したミステリードラマ。作家のジュリエットは、第二次世界大戦中イギリスで唯一ナチスドイツに占領されていたガーンジー島でエリザベスという女性が創設した“読書会”の存在を知り、島を訪れる。ジュリエット役に『シンデレラ』のリリー・ジェームズ、「ゲーム・オブ・スローンズ」のミキール・ハースマンらが共演。『フォー・ウェディング』のマイク・ニューウェルが監督を務める。

監督
マイク・ニューウェル
出演キャスト
リリー・ジェームズ ミキール・ハースマン グレン・パウエル ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ
2017年

バーニー・トムソンの殺人日記

  • 2017年7月24日(月)公開
  • 出演(Chief Superintendent McManaman 役)

「フルモンティ」のロバート・カーライルが初監督・主演を務めたブラック・コメディ。理髪師のトムソンはある日、誤って上司を殺してしまう。母親に相談し、「死体は冷蔵庫に入れておけ」と言われたトムソンが死体を運ぶと、そこにはすでに別の死体があった。出演は、「ウォルト・ディズニーの約束」のエマ・トンプソン、「X-ミッション」のレイ・ウィンストン。BAFTAスコットランド・アワード2015長編映画部門作品賞、映画部門女優賞受賞。カリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2017にて上映。

監督
ロバート・カーライル
出演キャスト
ロバート・カーライル エマ・トンプソン レイ・ウィンストン ジェームズ・コスモ
2016年

さざなみ

  • 2016年4月9日(土)公開
  • 出演(ジェフ・マーサー 役)

2015年の第65回ベルリン国際映画祭で主演男優賞と主演女優賞をW受賞するなど、各国の映画賞に輝いた、とある夫婦の姿を映す人間ドラマ。シャーロット・ランプリングが長年連れ添った夫の元に届いた1通の手紙により心を乱される妻を、その相手を『長距離ランナーの孤独』のトム・コートネイが演じ、イギリスの名優の共演となった。

監督
アンドリュー・ヘイ
出演キャスト
シャーロット・ランプリング トム・コートネイ ジェラルディン・ジェームズ ドリー・ウェルズ
2008年

ライラの冒険 黄金の羅針盤

  • 2008年3月1日(土)公開
  • 出演(ファーダー・コーラム 役)

イギリスで人気のファンタジー小説3部作、その第1部を映画化。現実世界と似たパラレルワールドに住む少女が、すべての世界を巻き込む戦いの鍵を握る壮大な冒険ドラマ。

監督
クリス・ワイツ
出演キャスト
ニコール・キッドマン ダコタ・ブルー・リチャーズ サム・エリオット エヴァ・グリーン
2001年

ハロルド・スミスに何が起こったか?

  • 2001年4月28日(土)公開
  • 出演(Harold Smith 役)

70年代英国を舞台に、当時のディスコやパンク、超能力ブームなどの流行を反映させたコメディ。ブームに翻弄される一家の姿に笑いつつも、家族の絆に思わずシンミリ。

監督
ピーター・ヒューイット
出演キャスト
トム・コートネイ マイケル・リッジ ローラ・フレイザー スティーヴン・フライ
1984年

ドレッサー

  • 1984年8月10日(金)公開
  • 出演(Norman 役)

シェイクスピア劇団の名優と彼に長年従えているドレッサー(衣裳係兼付き人)の舞台公演をめぐる確執を描く。製作・監督は「銀河伝説、クルール」のピーター・イェーツ、脚本はロナルド・ハーウッド、撮影はケヴィン・パイク、音楽はジェームズ・ホーナー、編集はレイ・ラヴジョイ、ブロダクション・デザイナーはスティーブン・グライムスが担当。出演はアルバート・フィニー、トム・コートネイ、エドワード・フォックス、ゼナ・ウォーカー、アイリーン・アトキンズ、マイケル・ガウ、キャスリン・ハリソンなど。

監督
ピーター・イェーツ
出演キャスト
アルバート・フィニー トム・コートネイ エドワード・フォックス ゼナ・ウォーカー
1974年

イワン・デニーソヴィチの一日

  • 1974年6月8日(土)公開
  • 出演(Ivan Denisovich 役)

国外追放処分を受けたソビエト文学の闘う作家ソルジェニーツィンが、スターリン批判の急先鋒作家としてフルシチョフ政権下のソ連文壇雪どけ時代にノーヴィ・ミール誌に発表した処女作の映画化。製作・監督はキャスパー・リード、脚本はロナルド・ハーウッド、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はアーン・ノーディム、編集はセルマ・コネルが各々担当。出演はトム・コートネイ、アルフレッド・バーク、ジェームズ・マックスウェル、エリック・トンプソン、エスペン・スクジョンバーグ、アルフ・マルランド、マシュー・ギネス、ジョン・コーディングなど。

監督
キャスパー・リード
出演キャスト
トム・コートネイ アルフレッド・バーク ジェームズ・マックスウェル エリック・トンプソン
1972年

雨のパスポート

  • 1972年1月22日(土)公開
  • 出演(Baxter 役)

東西間の巧妙なスパイ合戦に巻き込まれる、新婚夫婦の思いがけない恋の行方を描いた作品。製作はスティーヴン・パロス、ピエール・ブロンベルジェの共同、監督はマイケル・ウイナーの「ジョーカー野郎」「脱走山脈」の脚本を担当した「地獄のかけひき」のリチャード・クレメント、ジョージ・マートン、ティボー・メレイの共同原作をクレメントが脚色、撮影はクリストファー・チャリス、音楽はクロード・ボラン、編集はジョン・ブルームが各々担当。出演は「雨の訪問者」のマルレーヌ・ジョベール、「アレンジメント」のカーク・ダグラス、「ライアンの娘」のトレヴァー・ハワード、トム・コートネイなど。

監督
リチャード・クレメント
出演キャスト
マルレーヌ・ジョベール カーク・ダグラス トレヴァー・ハワード トム・コートネイ
1970年

地獄のかけひき

  • 1970年12月15日(火)公開
  • 出演(Otley 役)

右や左の体制も、世界の情勢も関係なし。その日その日を楽しく過ごせりゃ……という男に突如振りかかった身の危険!全くワケの分からぬままスパイ事件に翻弄される。製作総指揮を「マッケンナの黄金」のカール・フォアマン、製作はブルース・C・カーチス、監督はディック・クレメントの第一作。脚本はクレメントとイアン・ラ・フレネ、撮影は「鏡の国の戦争」のオースティン・デンプスター、音楽を「としごろ」のスタンリー・マイヤーズがそれぞれ担当。出演は「将軍たちの夜」のトム・コートネイ、「夜明けの舗道」のロミー・シュナイダー、その他アラン・バデル、ジェームズ・ヴィリアーズ、レナード・ロジター、エドワード・ハードウィックなど。

監督
ディック・クレメント
出演キャスト
トム・コートネイ ロミー・シュナイダー アラン・バデル ジェームズ・ヴィリアーズ
1969年

殺しのダンディー

  • 1969年5月31日(土)公開
  • 出演(Gatiss 役)

デレック・マーロウの小説を、彼自身がシナリオ化し「エル・シド」のアンソニー・マンが製作・監督した、彼の遺作。撮影はクリストファー・チャリス、音楽は、クインシー・ジョーンズ、衣装をピエール・カルダンが担当している。出演は「ダーリング」のローレンス・ハーヴェイ、「ローズマリーの赤ちゃん」のミア・ファロー、「魚が出てきた日」のトム・コートネイなど。

監督
アンソニー・マン
出演キャスト
ローレンス・ハーヴェイ トム・コートネイ ミア・ファロー ハリー・アンドリュース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・コートネイ