映画-Movie Walker > 人物を探す > エステル・テイラー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1946年 まで合計25映画作品)

1946年

南部の人

  • 1946年12月公開
  • 出演(Lizzie 役)

デイヴィッド・L・ロウ、ロバート・ハキム共同製作でジョージ・セッション・ペリーの原作「秋を手のうちに」より監督のジャン・ルノワールが脚色監督した1945年度作品。ルノワールは「どん底」その他で知られたフランス映画の巨匠。主演は新人ザカリー・スコットと「肉体と幻想」のベティ・フィールド。撮影は「歌へ陽気に」のルシエン・アンドリオが担当。音楽はウェルナー・ジャンセン。

監督
ジャン・ルノワール
出演キャスト
ザカリー・スコット ベティ・フィールド J・キャロル・ナイシュ ビューラ・ボンディ
1932年

ミス・ダイナマイト

  • 1932年公開
  • 出演(Ruth_Springer 役)

パラマウント映画「キック・イン」を最後に映画界を引退していたクララ・ボウが 復活して主演した映画で、米国では有名な作家ティファニイ・セイヤーの筆になった小説を映画化したもの。脚色は「バッド・ガール」を脚色してアカデミ賞を獲たエドウィン・バークが当り、監督には「無冠の帝王」「キスメット(1930)」のジョン・フランシス・ディロンが任し、キャメラは「上海特急」「アメリカの悲劇」のリー・ガームスが受持っている。助演者は「十三号室の女」「キートンの決闘狂」のギルバート・ローランド、「御冗談でしョ」のセルマ・トッド、「軟派ガール」「十仙ダンス」のモンロー・オーズリー、「街の風景」「シマロン(1931)」のエステル・テイラー、「曠原の伊達男」のウィラード・ロバートソン、「沈黙の証人」のウェルドン・ヘイバーン、アンソニー・ジョウィット、ヘール・ハミルトン等であった。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
クララ・ボウ モンロー・オーズリー ギルバート・ローランド セルマ・トッド
1931年

国際盗賊ホテル

  • 1931年公開
  • 出演(Elise_Mowbry 役)

「放蕩息子」「怪紳士」と同じくロナルド・コールマンが主演する映画で、「グレイト・ガッポ」「河宿の夜」のベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが共同で特に物語を書き下ろし「天国の一夜」「仮染の唇」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「放蕩息子」のグレッグ・トーランドとジョージ・バーンズが撮影した。助演者は「無冠の帝王」「大飛行船」のフェイ・レイ、「リリオム」のエステル・テイラー、タリー・マーシャル、ウォーレン・ハイマー、ウルリッヒ。ハウプト、ローレンス・グラント等である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン フェイ・レイ エステル・テイラー タリー・マーシャル

シマロン(1931)

  • 1931年公開
  • 出演(Dixie_Lee 役)

「母」「ショウボーイ」の原作者エドナ・ファーバーの名作小説をトーキー化したもので「地獄の天使(1930)」「キスメット(1930)」のハワード・エスタブルックが脚色して台詞をつけ、「ストリート・ガール」「海魔」のウェズリー・ラッグルズが監督し、「七つの鍵」「愛の医者」のリチャード・ディックスが据えんしている。助演者は舞台女優だったアイリーン・ダンを始め「国際盗賊ホテル」「リリオム」のエステル・テイラー、「花嫁選手権」「妾は貴方のものなのよ」の小ウィリアム・コリナー、「怪物団」「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「特集社会面」「ギャングを追う女」のジョージ・E・ストーン、「市街」「明暗二人女」のスタンリー・フィールズ、「王様ごっこ」のエドナ・メイ・オリヴァー、某他である。カメラはパ社時代からディックス映画をクランクしたエドワード・クロンジェガーの担任である。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
リチャード・ディックス アイリーン・ダン エステル・テイラー ナンス・オニール

街の風景

  • 1931年公開
  • 出演(Mrs._Maurrant 役)

エルマー・ライスが自作の舞台劇から脚色したものに基づいて「ハレルヤ」「ビリー・ザ・キッド」のキング・ヴィダーが監督し「怪紳士」「天国の一夜」と同じくグレッグ・トーランドとジョージ・バーンズが共同撮影に当たった映画で、主なる出演者は、「女学生の日記」「アメリカの悲劇」のシルヴィア・シドニー、「妾は貴方のものなのよ」の小ウィリアム・コリアー、「惨劇の波止場」のラッセル・ホプトン、「リリオム」のエステル・テイラー、「失われた抱擁」のデイヴィッド・ランドー、アンナ・コスタント等である。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ウィリアム・コリアー・ジュニア Max Montor ラッセル・ホプトン
1930年

リリオム(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Madam_Muskat 役)

劇作家として有名なフェレンク・モルナール原作の同名戯曲を映画化したもので主演者は「友愛天国」「サニー・サイド・アップ」のチャールズ・ファーレルである。「海の狼(1930)」の台詞を書いた劇作家のS・N・ベールマンが潤色した脚本及び台詞により、「我が心の歌(1930)」「巴里見るべし」を同じくソニア・レヴィーンが撮影台本を作り、フランク・ボーゼージが監督にあたり、チェスター・ライオンズが撮影を担当している。主演者を助けて出演するのは舞台出のローズ・ホバート、「キング・オブ・キングス(1927)」のH・B・ワーナー、「ドン・ファン(1926)」のエステル・テイラー、リー・トレイシー、その他である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
チャールズ・ファーレル ローズ・ホバート H・B・ワーナー エステル・テイラー
1929年

獣人タイガ

  • 1929年公開
  • 出演(Mme._de_Silva 役)

「鉄路の王者」「ザンジバルの西」と同じく故ロン・チャニーが主演する映画で、トッド・ブラウニングとハリー・シンクレア・ドラゴが合作したストーリーを基に「黎明の剣士」「キートンのエキストラ」のリチャード・スカイヤーが脚色し、「見世物」「知られぬ人」のトッド・ブラウニングが監督し、「スピードウェイ」「鉄路の王者」のヘンリー・シャープが撮影にあたった。助演者は「嵐」「激流恋をのせて」のルーペ・ヴェレス、「ドン・ファン(1926)」のエステル・テイラー、トム・マクガイアー、アリス・モー、ビートリス・バンヤードその他である。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ロン・チャニー ルーペ・ヴェレス エステル・テイラー トム・マクガイアー
1928年

女ラッフルズ

  • 1928年公開
  • 出演(Lady_Raffles(Miss_Lane) 役)

「ドン・ファン(1926)」「十誡(1923)」等に出演したエステル・テイラー嬢の主演する映画で、ジャック・ジャングマイヤー氏とフレッド・スタンリー氏との書いた原作を、アール・ハドソン氏が脚色し、「暗黒の楽園」「アリゾナの快男児」等と同じくロイ・ウィリアム・ニール氏が監督したものである。相手役は「ラモナ(1927)」「弥次喜多消防の巻」等出演の ローランド・ドリュー氏と「陽気なパリ子」「世話女房」等出演のリリアン・タッシュマン嬢との2人で、他にアーネスト・ヒリアード氏、ウィニフレッド・ランディス夫人も出演でいる。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
エステル・テイラー ローランド・ドリュー リリアン・タッシュマン アーネスト・ヒリアード

恋愛受難

  • 1928年公開
  • 出演(Evelyn_Mortimer 役)

「生娘二人入り用」と同じくアルフレッド・E・グリーン氏の監督作品出ある。原作はジャック・ベシア氏で、それをフィリップ・クライン氏が映画用に改作したものから、グレアム・ベイカー氏が脚本の筆を執った。主役は「サンライズ」「タイタニック」出演のジョージ・オプライエン氏と「女ラッフルズ」「ドン・ファン(1926)」出演のエステル・テイラー嬢との二人で、それを助けて「幽霊船」「3悪人」のトム・サンチ氏、「暴力団(1928)」のサム・ド・グラッス氏、「バラウー」のリーラ・ハイアムス嬢等が出演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ジョージ・オブライエン エステル・テイラー トム・サンチ リーラ・ハイアムス
1927年

ニウ・ヨーク

  • 1927年公開
  • 出演(Angie_Miller 役)

バーバラ・チャムバース、ベッキー・ガーディナーが特に執筆した物語をフォーレスト・ハルシイが脚色し「不良老年」と同じくルーサー・リードが監督したもので、主役は「サタンの嘆き」「猫の寝巻」「十誡(1923)」「マンハッタン狂乱」等出演のエステル・テイラー及び「駄法螺大当たり」「滅び行く民族」等出演のロイス・ウィルソンが演じ、ウィリアム・ポウエル、ノーマン・トレヴァー、リチャード・“スキーツ”・ギャラガーが共演する。

監督
ルーサー・リード
出演キャスト
リカルド・コルテス エステル・テイラー ロイス・ウィルソン ノーマン・トレヴァー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エステル・テイラー