映画-Movie Walker > 人物を探す > デニス・ウィーバー

年代別 映画作品( 1953年 ~ 2001年 まで合計12映画作品)

2001年

マリン・クラッシュ

  • 2001年4月17日(火)公開
  • 出演(Buck Stevens 役)

軍事機密を搭載した航空機がテロ集団に襲撃されるパニック・アクション映画。主演はミュージシャンのクーリオ。

監督
エド・レイモンド
出演キャスト
クーリオ ブレント・ハフ ニコール・エガート デニス・ウィーバー
1973年

激突!

  • 1973年1月13日(土)公開
  • 出演(David_Mann 役)

車を連転する人間なら少なからず経験する大型トラックの無謀運転ぶりを自ら体験しヒントに執筆したリチヤード・マチソンが、ハイウエイでのトラブルが殺意にまで発展する現代の恐怖をスリリングに描く。製作はジョージ・エクスタイン、監督はスティーヴン・スピルパーグ、原作・脚本はリチャード・マシスン、撮影はジャック・マータ、音楽はビリー・ゴールデンバーグ、編集はフランク・モリスが各々担当。出演はデニス・ウィーバー、ジャクリーヌ・スコット、エディ・ファイアーストーン、ルー・フリッゼル、ルシル・ベンソン、キャリー・ロフティンなど。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
デニス・ウィーバー ジャクリーン・スコット エディ・ファイアーストーン ルー・フリッゼル
1971年

スレッジ

  • 1971年7月17日(土)公開
  • 出演(Wald 役)

30万ドルの砂金を狙って、血なまぐさい硝煙がけぶるハード・ボイルド・ウェスタン。製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督はこれがデビュー第一作のビッグ・モロー、脚本はハリー・ブルーム、撮影はルイジ・クヴェイラーがそれぞれ担当。出演はジェームズ・ガーナー、デニス・ウィーバー、クロード・エイキンズ、ロバート・マーレイ、それに新人のローラ・アントネリなど。日本語版監修は太田国夫。テクニカラー、テクニスコープ。1971年作品。

監督
ヴィック・モロー
出演キャスト
ジェームズ・ガーナー デニス・ウィーバー クロード・エイキンズ ロバート・マーレイ
1966年

月世界宙がえり

  • 1966年12月24日(土)公開
  • 出演(Hoffman 役)

ウィリアム・バワーズとラスロ・ヴァドナイの共同脚本を「駅馬車(1965)」のゴードン・ダグラスが監督した喜劇。撮影はウィリアム・H・クローシア、音楽はラロ・シフリンが担当。出演はジェリー・ルイス、コニー・スティーヴンス、ロバート・モーリー、デニス・ウィーバー、アニタ・エクバーグ。製作はマルコム・スチュアート・ボイラン。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ジェリー・ルイス コニー・スティーヴンス ロバート・モーレイ デニス・ウィーバー

砦の29人

  • 1966年6月18日(土)公開
  • 出演(Willard_Grange 役)

マーヴィン・H・アルバートの原作を彼自身と、ミッチェル・M・グリリケスが共同で脚色、「野のユリ」のラルフ・ネルソンが監督した西部劇。撮影はチャールズ・F・ウィーラー。音楽は「ハーロー」のニール・ヘフティ、出演は「いつか見た青い空」のシドニー・ポワチエ、「卑怯者の勲章」のジェームズ・ガーナー、「十二人の怒れる男」のデニス・ウィーバー、「野いちご」のビビ・アンデルソン、「野郎ぶっ飛ばせ」のビル・トラヴァース。製作は、ラルフ・ネルソンとフレッド・エンゲル。

監督
ラルフ・ネルソン
出演キャスト
ジェームズ・ガーナー シドニー・ポワチエ ビビ・アンデショーン デニス・ウィーバー
1964年

七匹の無法者

  • 1964年1月25日(土)公開
  • 出演(John _Jr. 役)

「カンサス大平原」のダニエル・B・ウルマンの実録をもとにしたシナリオを、TV「ローハイド」のチャールズ・マーキス・ウォーレンが演出した西部劇。撮影は「荒野の無頼漢」のエルスワース・フレデリックス、音楽はカール・ブラントが担当した。製作は「荒野の無頼漢」のヴィンセント・M・フェネリー。出演は「バファロー大隊」のジェフリー・ハンター、「十戒(1957)」のデブラ・パジェット、TV「ドクター・キルデア」のレイモンド・マッシー、「ララミー牧場」のジョン・スミスなど。

監督
チャールズ・マーキス・ウォーレン
出演キャスト
レイモンド・マッセイ デブラ・パジェット ジェフリー・ハンター ラリー・ペネル
1960年

山本元帥対ハルゼイ堤督 太平洋紅に染まる時

  • 1960年10月7日(金)公開
  • 出演(Lt._Cmdr._Andy_Lowe 役)

ハルゼイ堤督を、その好敵手、山本五十六大将と共に描く戦争映画。バーン・レイ・ジュニアとフランク・D・ギルロイの脚本を「湖中の女」などのロバート・モンゴメリーが監督した(製作も担当)。撮影はジョー・マクドナルド。音楽はロジャー・ワグナー。出演はジェームズ・キャグニー、(これがその映画入り30周年記念作品)、デニス・ウィーバーのほか、後藤武一ら。日本語解説・秋山雪雄。

監督
ロバート・モンゴメリー
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー デニス・ウィーバー ワード・コステロ リチャード・ジャッケル
1959年

決斗!一対三

  • 1959年4月15日(水)公開
  • 出演(Jim_Clements 役)

テキサスに実在した賭博師であり、無法者として知られたウェス・ハーディンの半生記の映画化。彼の書いた自叙伝にもとづいて、ドラマが組みたてられている。ハーディンの自伝から製作者のウィリアム・アランドがオリジナル・ストーリーを書き下ろし、それをバーナード・ゴードンがシナリオに脚色している。監督は「裸者と死者」のラウール・ウォルシュ。撮影は「世界を駈ける恋」のアーヴィング・グラスバーグ、音楽はジョセフ・ガーシェンソン。出演するのは「翼に賭ける命」のロック・ハドソン、「平原の待伏せ」のジュリア・アダムス、「若き獅子たち」のリー・ヴァン・クリーフ、ジョン・マッキンタイア、ジュー・オブライアン、メアリー・キャッスル、ウィリアム・プレン、グレン・ストレンジ、マイケル・アンサラ、デニス・ウィーバー、ボビー・ホイ等。製作ウィリアム・アランド。テクニカラー・スタンダードサイズ。1952年作品。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ロック・ハドソン ジュリア・アダムス メアリー・キャッスル ジョン・マッキンタイア
1958年

黒い罠

  • 1958年7月5日(土)公開
  • 出演(The_Night_Man 役)

「マクベス(1948)」以来のオーソン・ウェルズ監督作品の登場である。探偵作家ホイット・マスターソンの「悪の記章」を原作とする、メリカ=メキシコ国境の町に起こった爆殺事件にからまる、両国の捜査刑事の対立と不気味な警察内部の腐敗が、国境町の風土感を生かして描かれる。撮影監督は「千の顔を持つ男」のラッセル・メティ。音楽は「世界を駈ける恋」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「悪魔に支払え!」に次ぐウェルズ自身に「十戒(1957)」のチャールトン・へストンと「ジェット・パイロット」のジャネット・リー。その他「追想」のエイキム・タミロフやジョセフ・カレイアなどの性格演技者が選ばれている。特別主演として「情婦」のマレーネ・ディートリッヒ、「赤い風車」のザザ・ガボールが登場。製作は「翼に賭ける命」のアルバート・ザグスミス。

監督
オーソン・ウェルズ
出演キャスト
チャールトン・ヘストン ジャネット・リー オーソン・ウェルズ ジョゼフ・キャレイア
1954年

雪原の追跡

  • 1954年8月17日(火)公開
  • 出演(Pruitt 役)

テクニカラー記録映画「われらの周囲の海」でアカデミー賞を得たアーウィン・アレンの製作、「高原の白馬」のルイ・キングの監督になる1954年作。テクニカラー・アクションドラマである。作家のホーレス・マッコイとジェームズ・エドミストンのストリーを「アスファルト・ジャングル」のW・R・バーネットとチャールズ・ベネットが脚色し、撮影は「零号作戦」のウィリアム・スナイダー、音楽は「魔術の恋」のロイ・ウェッブが担当した。主演は「聖衣」のヴィクター・マチュア、「ミシシッピの賭博師」のパイパー・ローリー、「犯罪都市(1951)」のヴィンセント・プライス、「探偵物語」のウィリアム・ベンディックスで、「聖衣」のベッタ・セント・ジョン、スティーヴ・ダレルなどが出演している。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
ヴィクター・マチュア パイパー・ローリー ウィリアム・ベンディックス ヴィンセント・プライス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デニス・ウィーバー