映画-Movie Walker > 人物を探す > アレッサンドロ・チコニーニ

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1963年 まで合計22映画作品)

1963年

殿方ごろし

  • 1963年12月7日(土)公開
  • 音楽

数年前の「パンと恋と夢」のシリーズ三作目。エットーレ・マリア・マルガドンナ、マルセロ・ジロージ、ディーノ・リージ、ヴィンセンツォ・タラリコの原案から「パンと恋と夢」のエットーレ・マリア・マルガドンナがシナリオを執筆、「ローマの恋」のディーノ・リージが演出、撮影をジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽を「パンと恋と夢」のアレッサンドロ・チコニーニがそれぞれ担当した。出演者は、「求むハズ」のヴィットリオ・デ・シーカ、「エル・シド」のソフィア・ローレン「裸のマヤ」のレア・パドヴァーニ、「青い海岸」のアントニオ・チファリエロ、他にジョーカ・ベレッティ、マリオ・カロテヌート等。

監督
ディーノ・リージ
出演キャスト
ソフィア・ローレン ヴィットリオ・デ・シーカ レア・パドヴァーニ アントニオ・チファリエロ

ローマを占領した鳩

  • 1963年2月13日(水)公開
  • 音楽

ドナルド・ダウンズのベスト・セラー小説「復活祭のごちそう」を「ダニー・ケイの替え玉作戦」のメルヴィル・シェイヴェルソンが脚色・監督した戦争喜劇。撮影は「ウエスト・サイド物語」のダニエル・L・ファップ、音楽は「2ペンスの希望」のアレッサンドロ・チコニーニ。出演者は「ダイアモンド・ヘッド」のチャールトン・ヘストン、「ハタリ!」のエルザ・マルティネリ、「突撃隊」のハリー・ガーディノなど。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
チャールトン・ヘストン エルザ・マルティネッリ ハリー・ガーディノ バッカロニ
1962年

ウンベルト・D

  • 1962年10月1日(月)公開
  • 音楽

シナリオは「靴みがき」以来「終着駅」まで絶えず、デ・シーカに協力しているチェザーレ・ザヴァッティーニがデ・シーカの父親をモデルとして書いたものと言われている。監督は「ふたりの女(1960)」のヴィットリオ・デ・シーカ。撮影は「終着駅」のG・R・アルド、音楽は、これまでデ・シーカの全作品を受持ったアレッサンドロ・チコニーニ。出演者は、大部分が素人で、主演のウンベルトにフィレンツェ大学教授のカロル・バッティスティが請われて出演、マリアには同じく町で発見したマリア・ピア・カジリオが出演している。

監督
ヴィットリオ・デ・シーカ
出演キャスト
カロル・バッティスティ マリア・ピア・カジリオ リナ・ジェンナーリ

2ペンスの希望

  • 1962年8月1日(水)公開
  • 音楽

1952年度カンヌ国際映画祭グランプリ、同年度セルズニック・ゴールデン・ローレル賞作品。「ロミオとジュリエット(1954)」のレナート・カステラーニとエットーレ・マリア・マルガドンナの原作をカステラーニとティティナ・デ・フィリッポが脚色、カステラーニが監督。撮影はアルトゥロ・ガルレア、音楽は「終着駅」のアレッサンドロ・チコニーニ、出演は無名の新人ばかりで、マリア・フィオーレ、ヴィンチェンツォ・ムゾリーノなど。製作はサンドロ・ゲンツィ。

監督
レナート・カステラーニ
出演キャスト
マリア・フィオーレ ヴィンチェンツォ・ムゾリーノ Filomena Russo Luigi Astarita
1961年

バラ色の森

  • 1961年3月17日(金)公開
  • 音楽

第1次大戦前のウィーンの王宮を舞台にした喜劇。フェレンク・モルナールの戯曲「オリンピア」をシドニー・ハワードが脚色し、「決断」のマイケル・カーティズが監督した。撮影は「青い大きな海」のマリオ・モントゥーリ、音楽をアレッサンドロ・チコニーニが担当。出演は「ナポリ湾」のソフィア・ローレン、「カンカン」のモーリス・シュヴァリエ、「誰かが狙っている」のジョン・ギャビン、イザベル・ジーンズ、アンジェラ・ランズベリーら。製作カルロ・ポンティ、マルチェロ・ジローシ。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ソフィア・ローレン ジョン・ギャビン モーリス・シュヴァリエ アザベル・ジーンズ

恋はすばやく

  • 1961年3月5日(日)公開
  • 音楽

ヴィットリオ・デ・シーカ総監督のもとレジナルド・デンハムが監督した喜劇。エットーレ・マリア・マルガドンナとディーノ・リージの原作をエットーレ・マリア・マルガドンナ、ルチアーナ・コルダ、ジョゼフ・ステファノが共同脚色した。音楽はアレッサンドロ・チコニーニとヴィットリオ・デ・シーカの担当。出演するのは「ソロモンとシバの女王」のジーナ・ロロブリジーダ、ヴィットリオ・デ・シーカなど。製作はミルコ・スコフィック。テクニカラー・テクニラマ。

監督
レジナルド・デンハム
出演キャスト
ジーナ・ロロブリジーダ ヴィットリオ・デ・シーカ デイル・ロバートソン アメディオ・ナザーリ
1960年

ナポリ湾

  • 1960年12月13日(火)公開
  • 音楽

マイケル・パートウィーとジャック・デイヴィスの原作を「5つの銅貨」のメルヴィル・シェイヴェルソンンが監督したコメディ。脚色はシェイブルスン、ジャック・ローズとスーソ・チェッキ・ダミーコの共同。撮影は「ベン・ハー(1959)」のロバート・サーティース、音楽をアレッサンドロ・チコニーニニとカルロ・サビーナが共同で担当。出演は「僕は御免だ」のクラーク・ゲーブル、「西部に賭ける女」のソフィア・ローレン、「ロベレ将軍」のヴィットリオ・デ・シーカ、ほかにマリエット、パオロ・カルリーニら。製作ジャック・ローズ。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ソフィア・ローレン ヴィットリオ・デ・シーカ マリエット
1959年

みんなが恋してる

  • 1959年10月6日(火)公開
  • 音楽

「三月生れ」「お嬢さん、お手やわらかに!」のジャクリーヌ・ササール作。監督は日本初登場のジュゼッペ・オルランディーニ。パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレとマッシモ・フランシオーサの原案を、フランコ・ロッシ、ウーゴ・グエッラ、ジョルジョ・プロスペリ、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、M・フランチオサが共同してシナリオ化した。撮影はアルマンド・ナンヌッツィ。音楽はアレッサンドロ・チコニーニ監修をフランエ・ロッシが受けもっている。他の出演者は「掟(1959)」のマルチェロ・マストロヤンニ、「三月生れ」のガブリエレ・フェルゼッティ、マリサ・メルリーニ等。

監督
ジュゼッペ・オルランディーニ
出演キャスト
ジャクリーヌ・ササール マルチェロ・マストロヤンニ マリサ・メルリーニ ガブリエレ・フェルゼッティ

黒い蘭

  • 1959年3月21日(土)公開
  • 音楽

ジョセフ・ステファノがテレビ・ドラマとして書き下ろした原作を、日本初登場のマーティン・リット監督が映画化した作品。アメリカのイタリア人街に住む、子供をもつ後家と、1人のやもめ男の結婚をめぐる小市民ドラマである。脚本はステファノ自身が担当、撮影を「めまい」のロバート・バークスが受けもっている。音楽アレッサンドロ・チコニーニ。出演するのは「ノートルダムのせむし男(1957)」のアンソニー・クイン、「月夜の出来事」のソフィア・ローレン、ブロードウェイ出身のイナ・バリン、マーク・リッチマン、ジミー・ベアード、ヴァージニア・ヴィンセント等。製作カルロ・ポンティとマルチェロ・ジローシ。

監督
マーティン・リット
出演キャスト
ソフィア・ローレン アンソニー・クイン イナ・バリン ジミー・ベアード
1957年

屋根(1956)

  • 1957年1月15日(火)公開
  • 音楽

「われら女性」のチェザーレ・ザヴァッティーニのオリジナル・シナリオを「終着駅」のヴィットリオ・デ・シーカが監督した。撮影は「懐かしの日々」のカルロ・モントゥオーリ、音楽担当は「旅情」のアレッサンドロ・チコニーニ。主演のガブリエラ・パロッタは児童用品店の売子、またジョルジョ・リストッツィはサッカー選手という共にズブの素人。一九五六年カンヌ映画祭では特別賞〈OCIC賞〉を獲得している。

監督
ヴィットリオ・デ・シーカ
出演キャスト
ガブリエラ・パロッタ ジョルジョ・リストッツィ Gastone Renzelli Maria Di Rollo
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アレッサンドロ・チコニーニ