TOP > 人物を探す > デイヴィッド・トーレンス

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1939年 まで合計50映画作品)

1927年

感傷の秋

  • 1927年
  • 出演(Gordon 役)

「ダーク・エンゼル(1925)」「悲恋舞曲」等と同じくジョージ・フィッツモーリス氏監督作品で、ケーリー・ウィルソン氏が書き卸した物語をウィニフレッド・ダン女史が脚色したものである。主役は「紅草紙」「歓楽地獄(1927)」等出演のビリー・ダヴ嬢と「金髪より黒い髪」「死線を潜りて」等出演のベン・ライオン氏で、「悲恋舞曲」「ドン・ファン(1926)」等出演のモンタギュー・ラヴ氏を始め、アレック・B・フランシス氏、ラスカ・ウィンター嬢、T・ロイ・バーンズ氏等が共演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ビリー・ダヴ ベン・ライオン アレック・B・フランシス モンタギュー・ラヴ

怪騎手

  • 1927年
  • 出演(Mark_King 役)

「快傑義涙」「森の男(1926)」に続いて発表されたジャック・ホルト氏主演西部劇で前記二映画と同じくゼーン・グリイ氏作の小説をジョン・ウォーターズ氏が監督したもの。脚色者はフレッド・マイトン氏とポール・ガングロン氏である。相手役は新進のベテイー・ジユウエル嬢が勤め、トム・ケネディー氏、デイヴィッド・トーレンス氏、ガイ・オリヴァー氏、アーサー・ホイト氏、チャールズ・セロン氏等が共演している。

監督
ゼーン・グレイ ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
ジャック・ホルト ベティー・ジュウエル チャールズ・セロン デイヴィッド・トーレンス

アンニー・ローリー

  • 1927年
  • 出演(Sir_Robert_Laurie 役)

「憧れの水兵」「センチメンタル・トミー」等と同じくジョン・S・ロバートソン監督作品で、良き協力者ジョセフィン・ラヴェットが、有名な歌「アニー・ローリー」にヒントを得て脚本を執筆したもの。主役は「ラ・ボエーム」「真紅の文字」のリリアン・ギッシュ、「君が為め命捧げん」「西空の下に」のノーマン・ケリーが相手役を演じ、「猫とカナリヤ」のクレイトン・ヘール、ジョセフ・ストライカー、ホバート・ボスウォース、パトリシア・エイヴリー、ラッセル・シンプソン、ブランドン・ハーストらが助演する。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
リリアン・ギッシュ ノーマン・ケリー クレイトン・ヘール ジョセフ・ストライカー
1926年

ラディー

  • 1926年
  • 出演(Paul_Stanton 役)

女流作家ジーン・ストラットン・ポーターの有名な小説の映画化で、女史の娘であるジャネット・ポーター・ミーハン夫人がそれを映画用に改作したものから、同夫人の夫ジェームズ・レオ・ミーハン氏が台本を作り、併せて監督製作したものである。ミーハン氏の作品では以前に同じくポーター女史の小説を映画化した「処女時代」がある。主役は「鉄拳制裁」等出演のジョン・ボワーズ氏で「恋愛講座」等出演のセオドア・フォン・エルツ氏、ベス・フラワース嬢、デイヴィッド・トーレンス氏、ユーラリー・ジェンセン嬢、ユーゼニア・ギルバート嬢それから原作者ポーター女史の孫娘ジーン・ストラットン嬢などが助演している。

監督
ジェームズ・レオ・ミーハン
出演キャスト
ジョン・ボワーズ ベス・フラワース セオドア・フォン・エルツ ユーゼニア・ギルバート

無名の騎士

  • 1926年
  • 出演(Peter_Gaunt 役)

「紅顔の侠児」につづくケン・メイナード氏主演西部劇でケネス・パーキンス氏作の物語をマリオン・ジャクソン女史が脚色し「紅顔の侠児」「侠勇トムソン」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したものである。メイナード氏の相手女優は新進のキャスリーン・コリンス嬢が勤め、T・ロイ・バーンズ氏、デイヴィッド・トーレンス氏、ジェームズ・メイソン氏、オティス・ハアラン氏、ブルース・ゴードン氏等が助演している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード キャスリーン・コリンス デイヴィッド・トーレンス T・ロイ・バーンズ

大学のブラウン

  • 1926年
  • 出演(Mr._Brown 役)

リダ・ジョンソン・ヤング女史作の有名な舞台劇を映画化したもので、A・P・ヤンガー氏とドナルド・オグデン・スチュワート氏とが脚色し、「奔流恋を乗せて」「奇略縦横」等と同じくジャック・コンウェイ氏が監督した。主役は「青春の美酒」等出演のウィリアム・ヘインズ氏が演じ、「バット」「鷲鳥飼う女」等出演のジャック・ピックフォード氏、「可愛いフランス娘」「ジョニー大勝利」等出演のメアリー・ブライアン嬢が共演するほか、フランシス・X・ブッシュマン・ジュニア氏、メアリー・アルデン嬢、デイヴィッド・トーレンス氏、エドワード・コネリー氏等が助演する愉快なる大学生劇である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ ジャック・ピックフォード メアリー・ブライアン フランシス・X・ブッシュマン・ジュニア

サンディー

  • 1926年
  • 出演(Angus_McNeil 役)

エリノア・メヒリン女史作の小説家らイヴ・アンセル女史が脚色し、「恋の舞台姿」「恋の浅瀬」等と同じくハリー・ボーモン氏が監督したもので、主役は「なまけ者」「踊り狂う人々」等出演のマッジ・ベラミー嬢で相手役は「女案内者」「腕自慢」等出演のハリソン・フォード氏が演じ、「なまけ者」出演のレスリー・フェントン氏を始めグロリア・ホープ嬢、チャールズ・バード氏、チャールズ・ファーレル氏、デイヴィッド・トーレンス氏及びジョアン・スタンデーング嬢等が助演している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
マッジ・ベラミー レスリー・フェントン ハリソン・フォード グロリア・ホープ

最後の栄冠

  • 1926年
  • 出演(Mr._Clayton 役)

オーウェン・デイヴィス氏作の舞台劇を映画化したものでジュリエン・ジョセフソン氏が改作しポール・ガンジェリン氏が脚色し「愛の迷い路」等と同じくF・ハーモン・ウェイト氏が監督した。主役は「誰の刺青」「お洒落娘」等出演のロイド・ヒユーズ氏と「栄冠は吾れに」「ドン・Q」等出演のメアリー・アスター嬢が勤め、ハラム・クーリー氏、ユーラリー・ジェンセン嬢、アレック・B・フランシス氏、デイヴィッド・トレンス氏等共演。

監督
F・ハーモン・ウェイト
出演キャスト
メアリー・アスター ロイド・ヒューズ ハラム・クーリー ユーラリー・ジェンセン

恋は曲者変装自在

  • 1926年
  • 出演(Big_Tim_Harrison 役)

「馬車で風切る男」に続いてチャールズ・ライズナー氏が監督したシドニー・チャップリン氏主演喜劇で、ロバート・シャーウッド氏バートラム・ブロック氏合作の物語をダリル・フランシス・ザナック氏が脚色したものである。チャップリン氏の相手女優は「快走百万哩」「陽気なパリっ子」等主演のパッシー・ルス・ミラー嬢が勤め、ゲイン・ホィットマン氏、マッシュー・ベッツ氏、デヴィド・トーレンス氏、エディス・ヨーク嬢等が助演している。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
シドニー・チャップリン パッシー・ルス・ミラー ゲイン・ホイットマン マシュー・ベッツ

競売台

  • 1926年
  • 出演(Robert 役)

レックス・ビーチ氏作の有名な小説を映画化したもので、フレデリック・ハットン氏とファニー・ハットン女史が脚色し、「惑溺の十字路」「新婚の危機」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督したもの。主役は前記二映画及びエリノア・ボードンマ嬢。「高らかに歌え」「かぼちゃ野郎」等主演のチャールズ・レイ氏が演じ、「腕自慢」出演のサリイ・オニール嬢、デイヴィッド・トレンス氏、チャールズ・クラリー氏、等が助演している。因みに本映画の原作は前期ゴールドウローレンス・トリンブル氏監督ルビイ・デ・レマー嬢主演になる8巻物であった。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
チャールズ・レイ サリー・オニール Sinet Gillen チャールズ・クラリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > デイヴィッド・トーレンス

ムービーウォーカー 上へ戻る