映画-Movie Walker > 人物を探す > ポリー・モーラン

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1934年 まで合計22映画作品)

1934年

ハリウッドパーティ

  • 1934年公開
  • 出演(Honrietta 役)

スタン・ローレル及びオリヴァー・ハーディ、ジミー・デューラント、チャールズ・バターウォース、ポリー・モーラン、ジャック・パール等の錚々たるメトロの喜劇俳優を網羅したミュージカル・フィルム・コメディーで、「頓馬パルーカ」のルーペ・ヴェレス、「キャバレエの鍵穴」のフランセス・ウィリアムス、「紐育・ハリウッド」のエディ・クィラン、「昨日」のジューン・クライド、「ダンシング・レディ」のテッド・ヒーリーが助演するほかミッキイ・マウスも特別出演している。台本はハワード・ディーツが「ママはパパが好き」のアーサー・コーバーと協同して書卸し、キャメラは「力と栄光」「第三の恋」のジェームズ・ウォン・ホウが担当した。監督は無記名で、舞踊監督はシーモア・フェリックス、ジョージ・ヘール、デヴィッド・ゴールドが分担している。

出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー ジミー・デューラント チャールズ・バターウォース
1933年

不思議の国のアリス(1933)

  • 1933年公開
  • 出演(Dodo_Bird 役)

ルイス・キャロル作の名高い寓意的童話を映画化したもので、「唄へ!踊れ!(1933)」を書き下ろしたジョセフ・L・マンキーウィッツがフォックス者で最近監督者として活躍しているウィリアム・キャメロン・メンジースと共同して脚色し「御冗談でしョ」「ママはパパが好き」のノーマン・Z・マクロードが監督にあたり、「我輩はカモである」「ビール万歳」のヘンリー・シャープと「ブロンド・ヴィナス」のバート・グレノンが共同撮影した。マスク及び衣装は原著初版の挿し絵に基づいてウォーリー・ウェストモアとニュート・ジョーンズが調整し、作曲はディミトリ・ティオムキンが担当している。主役アリスには「腕白大将」「たそがれの女」に主演したシャーロット・ヘンリーが抜擢されて扮し、「ある日曜日の午後」のゲイリー・クーパー、「王様ごっこ」のエドナ・メイ・オリヴァー及びルイズ・ファゼンダ、「恋の凱歌」のアリソン・スキップワース、「荒浪越えて」のリチャード・アーレン、「恋の手ほどき(1933)」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「海の密室」のケーリー・グラント「国際喜劇ホテル」のW・C・フィールズ「唄へ!踊れ!(1933)」のジャック・オーキー及びスキーツ・ギャラガー、「レヴュー艦隊」のチャールズ・ラグルズ、ベビー・ルロイ、レオン・エロール、ロスコー・カーンス、ロスコー・エイツ、ポリー・モーランその他腕達者連が競演している。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
シャーロット・ヘンリー レオン・エロール ルイズ・ファゼンダ フォード・スターリング
1932年

私重役様よ

  • 1932年公開
  • 出演(Lizzie_Praskins 役)

「進め女性軍」「花嫁選手権」と同じくマリー・ドレッスラー、ポリー・モーラン共演喜劇。監督は「若き血に燃ゆる頃」「メリケン押切帳」のサム・ウッドで、ゼルダ・シーアスが書き下ろした物語を「僕の武勇伝」と同じくシルヴィア・サルバーグとフランク・バトラーが共同脚色したもの。助演者は「花嫁選手権」「処女読本(1932)(1932)」のアニタ・ペイジ、「処女読本(1932)(1932)」「女学生の日記」のノーマン・フォスター、「シマロン(1931)」「歓呼の涯」のフランク・ダリアン、子役はジャッキー・リン及びジェリー・タッカー等で撮影は「ニューヨークの歩道」「花嫁選手権」のレナード・スミスの担任。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ポリー・モーラン アニタ・ペイジ ノーマン・フォスター

キートンの決闘狂

  • 1932年12月31日公開
  • 出演(Albine 役)

「ニューヨークの歩道」に次ぐバスター・キートン主演喜劇で「恋愛指南番」「決死隊」と同じくエドワード・セジウィックが監督に当たった。脚本はローレンス・E・ジョンソンが執筆し、台詞はラルフ・スペンスが書いた。カメラは「街の野獣(1932)」「陽気なママさん」のノーバート・ブロディンが担当している。「河宿の夜」のジミー・デューラントが共演し、新進のアイリーン・パーセル、「花嫁選手権」のポリー・モーラン、「ニューヨークの囁き」「銀界の伊達者」のギルバート・ローランド、「情熱の唇」「哄笑の世界」のモナ・マリス、モード・エバーン、ヘンリー・アーメッタ、オーギュスト・トレール等が助演している。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
バスター・キートン ジミー・デューラント アイリーン・パーセル ポリー・モーラン
1931年

戦く幻影

  • 1931年公開
  • 出演(Aunt_Maggie 役)

「マタ・ハリ」「自由の魂」のライオネル・バリモアが主演する映画で、劇作家ベイヤード・ヴェイラーが特に書き卸した物語を氏自ら映画脚色して台詞をつけ、「類猿人ターザン(1932)」「キューバの恋唄」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に当たった。助演者は「若き血に燃ゆる頃」「印度の寵児」のマッジ・エヴァンス、「極楽特急」「宝石泥棒」のケイ・フランシス、「令女学」のアラン・モーブレイ、「進め女性軍」のウィリアム・ベイクウェル及びボリイ・モラン、「類猿人ターザン(1932)」のC・オーブリー・スミス及びフォーレスター・ハーヴェイ等で撮影は「怪物団」「青空狂騒曲」のメリット・B・ガースタッドの担当である。

監督
W・S・ヴァン・ダイク ライオネル・バリモア
出演キャスト
ライオネル・バリモア ケイ・フランシス マッジ・エヴァンス ウィリアム・ベイクウェル

進め女性軍

  • 1931年公開
  • 出演(Ivy 役)

「花嫁選手権」「ウォール街の女将」と同じくチャールズ・F・ライズナーが監督したマリー・ドレッスラー、ポリー・モーラン共演喜劇で、ゼルダ・シアース及びマルコム・スチュアート・ポイランが執筆した物語にウェルズ・ルートが潤色を加え、ロバート・E・フォプキンスが台詞をつけた。カメラは「類人猿ターザン」「南の誘惑」のクライド・デ・ヴィナの担当である。助演者は「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「マタ・ハリ」のカレン・モーリー、「琉球大学」のウィリアム・ベイクウェル、「太平洋爆撃隊」のジョン・ミルジャン某他ジョーン・マーシュ、トム・マッグァイヤー、ケイン・リッチモンド等である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ポリー・モーラン ロスコー・エイツ カレン・モーリー

花嫁選手権

  • 1931年公開
  • 出演(Polly_Roachay 役)

「惨劇の波止場」「盗んだ結婚」のマリー・ドレッスラーと「恋愛放送局」「海行かば(1930)」のポリー・モーランが主演する映画で原作はウィラード・マックとビートリス・バンヤードの二人が組み立て並びに脚本を書いた。監督者は「俺は渡り鳥」「俺は名選手」のチャールズ・F・ライズナーで撮影者は「キートンの恋愛指南番」「キートンの決死隊」のレナード・スミス。助演者は「キートンのエキストラ」のアニタ・ペイジ、「速成成金」のサリー・アイラース、「妾は貴方のものなのよ」のバスター・コリヤー、「蹴球大学」のウクリアム・ベイクウェル、ルシアン・リトルフィールドその他である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ポリー・モーラン アニタ・ペイジ バスター・コリヤー・ジュニア
1930年

ウォール街の女将

  • 1930年公開
  • 出演(Polly_Smith 役)

ジークフェルド・フォリーズにその名を知られているエディ・キャンターの原作からウィラード・マックが脚色し、台詞を執筆したものに基づいて「俺は渡り鳥」「ホリウッド・レビュー」のチャールズ・ライズナーが監督したものである。「スポーツ王国」のポリー・モーラン、「ホリウッド・レビュー」のルイズ・ドレッサーが主演し、「エロチック艦隊」のアニタ・ペイジ、「クリスティナ」のチャールズ・モートン、トーマス・コンリン、ダグラス・ヘイグその他が助演。「キートンのエキストラ」「スポーツ王国」のレナード・スミスが撮影を担当している。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ポリー・モーラン アニタ・ペイジ チャールズ・モートン

海行かば(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Polly 役)

アルバート・リチャード・ウェチェン原作の小説を映画化したもので「藪睨みの世界」「ビッグ・パレイド」の原作者ローレンス・ストーリングスとW・L・リヴァー、チャールズ・マッカーサーの3人が脚色し台詞を付し「鴛鴦の舞」のサム・ウッドが監督した作品である。主演者は「生ける屍」「赤熱の抱擁」のジョン・ギルバートで、「ビッグ・ハウス」「支那街の夜」のウォーレス・ビアリー、「ビッグ・ハウス」「世界の与太者」のリーラ・ハイアムス、「人世の乞食」の原作者ジム・タリー、ポリー・モーラン、ドリス・ロイドその他が助演、カメラは「有頂天時代(1930)」「生ける屍」のパーシー・ヒルバーンが担任している。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ジョン・ギルバート ウォーレス・ビアリー リーラ・ハイアムス ジム・タリー

世界の与太者

  • 1930年公開
  • 出演(Pansy 役)

「エロチック艦隊」「スピードウェイ」と同じくウィリアム・ヘインズの主演映画でバイロン・モーガン、アルフレッド・ブロックがストーリーを組み立て執筆した撮影台本を基に「愛の太鼓」「女の秘密」のフレッド・ニブロが監督し、「鉄路の王者」「スピードウェイ」のヘンリー・シャープが撮影した。主演者を助けて「侠盗ヴァレンタイン」「キートンの結婚狂」のリーラ・ハイアムス、「有頂天代」「スポーツ王国」のクリフ・エドワーズ、「スポーツ王国」のポリー・モーラン、フランシス・ブッシュマン・ジュニア・チャールズ・ミドルトンその他が顔を出している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ リーラ・ハイアムス ポリー・モーラン クリフ・エドワーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポリー・モーラン