TOP > 映画監督・俳優を探す > ルイジ・ロ・カーショ

年代別 映画作品( 2004年 ~ 2020年 まで合計10映画作品)

2020年

シチリアーノ 裏切りの美学

第68回ヴェネツィア国際映画祭にて栄誉金獅子賞を受賞したマルコ・ベロッキオ監督が、マフィアの掟を破ったパレルモ派の大物を描いた伝記ドラマ。犯罪組織コーザ・ノストラに失望したブシェッタは、信頼するファルコーネ判事に組織の罪を告白する決心をする。主演は「修道士は沈黙する」のピエルフランチェスコ・ファヴィーノ。政府に寝返ったブシェッタを描いた本作は、イタリアのアカデミー賞と呼ばれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞にて作品賞など6部門を受賞。第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。第92回アカデミー賞国際長編映画賞イタリア代表作品。

監督
マルコ・ベロッキオ
出演キャスト
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ ルイジ・ロ・カーショ マリア・フェルナンダ・カンディド ファブリツィオ・フェラカーネ
2018年

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち

  • 2018年11月16日(金)
  • 出演(Walter Mercurio 役)

落ちこぼれインテリ教授たちがドラッグ製造に手を染めるイタリア発コメディシリーズ最終章となる第3作目。服役中の神経生物学者ピエトロは、ある男が神経ガスによるテロを企てていることを突き止める。テロを阻止するため、ピエトロはかつての仲間を集める。出演は、「おとなの事情」のエドアルド・レオ、「人間の値打ち」のルイジ・ロ・カーショ、「暗黒街」のグレタ・スカラーノ。監督・原案・脚本は、シリーズ全作を手掛けているシドニー・シビリア。

監督
シドニー・シビリア
出演キャスト
エドアルド・レオ ルイジ・ロ・カーショ ステファノ・フレージ リベロ・デ・リエンゾ

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

  • 2018年5月26日(土)
  • 出演(Walter Mercurio 役)

2009年の欧州危機を踏まえ、学問の道を絶たれた研究者たちが日常の鬱屈を吹き飛ばすイタリア発の風刺コメディ。合法ドラッグ製造で逮捕された神経生物学者のズィンニは、警察からスマートドラッグ蔓延防止のミッションを依頼され、仲間と共に再起を図る。出演は「おとなの事情」のエドアルド・レオ、「人間の値打ち」のルイジ・ロ・カーショ。

監督
シドニー・シビリア
出演キャスト
エドアルド・レオ グレタ・スカラーノ ヴァレリア・ソラリーノ パオロ・カラブレッシ
2016年

人間の値打ち

  • 2016年10月8日(土)
  • 出演

イタリア・アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞など7冠に輝いたミステリー。クリスマスイヴ前夜、イタリア・ミラノ郊外で一件のひき逃げ事故が起こる。この事故をきっかけに、経済格差のある3つの家庭に隠された秘密が浮かび上がる。出演は、「SAINT LAURENT サンローラン」のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、「ブルーノのしあわせガイド」のファブリツィオ・ベンティボリオ、オーディションで選ばれ本作がデビュー作となるマティルデ・ジョリ、「湖のほとりで」のファブリツィオ・ジフーニ、「湖のほとりで」のヴァレリア・ゴリノ。監督・脚本は、「来る日も来る日も」のパオロ・ヴィルズィ。劇場公開に先駆け、2015年5月2日よりイタリア映画祭2015にて映画祭上映された。

監督
パオロ・ヴィルズィ
出演キャスト
ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ マティルデ・ジョリ ファブリツィオ・ジフーニ
2010年

シチリア!シチリア!

  • 2010年12月18日(土)
  • 出演(物乞いの息子 役)

「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督による人生賛歌。30年代から80年代までのシチリアを舞台に、少年から大人へと成長していく主人公の視点を通して、家族の愛や絆を見つめる。監督自身の半生を投影させた温もりあふれる物語に、名匠エンニオ・モリコーネのドラマチックな音楽が彩りを添えている。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
フランチェスコ・シャンナ マルガレット・マデ ニコール・グリマウド アンヘラ・モリーナ
2009年

セントアンナの奇跡

  • 2009年7月25日(土)
  • 出演(アンジェロ・トランチェッリ(大人) 役)

第2次大戦下のイタリアで起きた実話を基にした感動ドラマ。見ず知らずの戦場で出会った黒人部隊の兵士たちとイタリア人少年との心の交流が生み出す奇跡を描き出す。

監督
スパイク・リー
出演キャスト
デレク・ルーク マイケル・イーリー ラズ・アロンソ オマー・ベンソン・ミラー
2006年

夜よ、こんにちは

  • 2006年4月29日(土)
  • 出演(マリアーノ 役)

1978年にイタリアで起こったモロ元首相の誘拐殺人事件を題材にした問題作。名匠マルコ・ベロッキオ監督が犯人グループの女性の心理に焦点を当て、悲劇の中の希望を探る。

監督
マルコ・ベロッキオ
出演キャスト
マヤ・サンサ ルイジ・ロ・カーショ ロベルト・ヘンリッカ ピエル・ジョルジョ・ベロッキオ
2005年

輝ける青春

  • 2005年7月9日(土)
  • 出演(ニコラ・カラーティ 役)

第56回カンヌ映画祭ある視点部門でグランプリに輝いたイタリア発の家族ドラマ。ローマで暮らすひとつの家族の37年間の物語を、6時間6分かけて丁寧に描いていく。

監督
マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演キャスト
ルイジ・ロ・カーショ アレッシオ・ボーニ アドリアーナ・アスティ ソニア・ベルガマスコ
2004年

ぼくの瞳の光

  • 2004年6月19日(土)
  • 出演(Antonio 役)

イタリア映画祭で過去3年間に上映された作品から、傑作3本を特集する<チャオ!チネマ・イタリアーノ>。ひたむきに生きる人々の交流を描く「ぼくの瞳の光」などを上映。

監督
ジュゼッペ・ピッチォーニ
出演キャスト
ルイジ・ロ・カーショ Sandra Ceccarelli シルヴィオ・オルランド バルバラ・ヴァレンテ

ペッピーノの百歩

  • 2004年6月19日(土)
  • 出演(Peppino Impastato 役)

イタリア映画祭で過去3年間に上映された32作品から、劇場初公開作3本を厳選上映する<チャオ!チネマ・イタリアーノ>。「ペッピーノの百歩」は'60年代のシチリアを舞台にした社会派ドラマだ。

監督
マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演キャスト
ルイジ・ロ・カーショ ルイジ・マリア・ブッルアーノ ルチア・サルド パオロ・ブリグリア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ルイジ・ロ・カーショ

ムービーウォーカー 上へ戻る