映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・ハッカソーン

年代別 映画作品( 1914年 ~ 1932年 まで合計14映画作品)

1932年

追撃ミックス

  • 1932年当年公開
  • 出演(Hugh 役)

「テキサス無頼漢」「高原強撃隊」と同じくトム・ミックス主演西部劇でピーター・B・カインの原作を上記二映画と同じくジャック・カニンガムが脚色し、西部劇、活劇の監督者として経験を積んでいるアート・ロッスンが監督に当たり、「東は西」「猫は這い寄る」のジェローム・アッシュが撮影した。助演者は「いんちき商売」「選手の後に娘あり」のルース・ホール、「愉快な武士道」「ペインテッド・デザート」のウィリアム・ファーナム、クラレンス・H・ウィルソン、ジョージ・ハッカソーン等でトニー・ジュニア号が初出演する。

監督
アート・ロッスン
出演キャスト
トム・ミックス ウィリアム・ファーナム ルース・ホール クラレンス・H・ウィルソン
1930年

大学の地廻り

  • 1930年当年公開
  • 出演(Atlas 役)

「假の塒」「ローズマリー(1928)」主演のジェームズ・マレイ氏と「風雲の天地」「美人投売一弗均一」のキャスリン・クロフォード嬢とが主演する映画で、嘗て監督だったランバート・ヒルヤー氏がアーサー・リップリー氏と共同して執筆した台本により、「炭坑」「曙光の森」のレジナルド・バーカー氏が監督、「ショウ・ボート(1929)」「薫る河風」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影したものである。助演者は「歓楽地帯」「暴力団(1928)」のリー・モーラン氏、「乙女よ純なれ」「暗黒街のローマンス」のロバート・エリオット氏、カール・ストックデール氏、エドワード・ハーン氏、等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ジェームズ・マレイ キャスリン・クロフォード Jackie Hanlon リー・モーラン
1929年

スコール

  • 1929年当年公開
  • 出演(Niki 役)

「ゴンドラの歌」「姫百合の花」と同じくアレクサンダー・コルダ氏監督作品で、ジャン・パアル氏原作の舞台劇を「ウィリー・リバー」「真紅の海」のブラッドリー・キング女史が脚色したもの。主役は「女丈夫(1927)」「太平洋横断」のマーナ・ローイ嬢が勤め「獄中日記」「ワシントン街十三番地」のアリス・ジョイス嬢、「真紅の海」「棚からぼた餅」のロレッタ・ヤング嬢、「燃ゆる人魚」「夢想の犯罪」のキャロル・ナイ氏、「結婚行進曲」「父と子」のザス・ピッツ嬢、リチャード・タッカー氏、ニコラス・スウサニン氏、ハリー・コーディング氏、ジョージ・ハッカソーン氏等である。撮影は「情炎の美姫」のジョン・サイツ氏。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
マーナ・ローイ リチャード・タッカー アリス・ジョイス キャロル・ナイ
1925年

在りし日

  • 1925年当年公開
  • 出演(Leonard_Cairns 役)

マーティン・ブラウンの戯曲に基づき「秘密」と同じく「ステラ・ダラス(1925)」「熱砂の舞」等のフランシス・マリオンの脚色、「なまけ者」「第七天国(1927)」等のフランク・ボーゼージの監督、「お転婆キキー(1926)」「椿姫(1927)」等のノーマ・タルマッジの主演という良いトリオからなる映画である。相手役はウォーレス・マクドナルドで、そのほかブランドン・ハースト、ポーレット・デュヴァル、マーガレット・セドン、ジョージ・ハッカソーン、マーク・マクダーモット、監督として知られているアルフ・グールディングなどが出演している。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ノーマ・タルマッジ ウォーレス・マクドナルド ブランドン・ハースト アルフ・グールディング
1924年

愛欲の渦

  • 1924年当年公開
  • 出演(Bibbs_Sheridan 役)

「危険なる処女時代」「情夫奮起せば」等と同じくブース・ターキントン氏の原作になり、エドワード・T・ロウ氏が脚色し、「危険なる処女時代」「女性の輝き」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督した。主役は「メアリー・ゴー・ラウンド」のジョージ・ハッカーソン氏、「売られて行く魂」のエリナ・ボードマン嬢。「アダムス・リブ」のボーリン・ギャロン嬢、「危険なる処女時代」のアイリーン・パーシー嬢等で良い顔触れである。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ジョージ・ハッカソーン エメット・コリガン エリナー・ボードマン キティ・ブラッドベリ

嵐の判決

  • 1924年当年公開
  • 出演(Bob_Heath 役)

パルマー映画会社が募集した映画脚本に当選し1000ドルの懸賞金を得たのがこの1編でピッツバーグの職工の妻エセル・スティルス・ミッドルトン夫人というのが原作者である。監督はデル・アンドリュース。主役には「女性を讃えよ」のロイド・ヒューズ、エドガー喜劇でお馴染みのルシル・リクセンが扮している。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
ロイド・ヒューズ ルシル・リクセン マートル・ステッドマン ジョージ・ハッカソーン

男子起たば

  • 1924年当年公開
  • 出演(Yavapai_Joe 役)

米国現代の小説家として有名なハロルド・ベル・ライト氏の同じ名の小説に基づき、ウォルター・アンソニー氏とハリー・カー氏とが脚色し、「少年ロビンソン」「淋しき灯台守」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもの。主役は「結婚愛」「ローナ・ドゥーン」等出演のジョン・ホワーズ氏、「結婚愛」「嫉妬の創痕」等出演のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢で、その他にも「煙の都」等出演のジョージ・ハッカソーン氏、「十番目の女」等出演のジューン・マーロウ嬢等が助演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジョン・ボワーズ マーゲリット・ド・ラ・モット フォレスト・ロビンソン ジョージ・ハッカソーン
1923年

メリー・ゴー・ラウンド(1923)

  • 1923年当年公開
  • 出演(Bartholomew_Gruber 役)

「愚なる妻」に続いてエリッヒ・フォン・シュトロハイムが原作及び脚色し、自ら監督のもとに製作を始めたのを、製作中途で氏が退社したので、青島時代の名監督ルパート・ジュリアンがその後を襲って、多少脚色等も改めて完成した。主役は「人類の心」「燈台守の妻」等に端役を演じて認められ一躍抜擢されてスターの地位を与えられたメアリー・フィルビンと、「暗黒の妖星」「雁」に出演したノーマン・ケリーとで、「愚なる妻」出演のケーザー・グラヴィナやデール・フラー等も出演する。「三銃士(1921)」「オリヴァー・トウィスト」等出演のジョージ・シーグマン、「人類の心」「小牧師(1922)」等出演のジョージ・ハッカソーンの42人も重要な役を勤める。1914年から18年迄のオーストリア首都ウィーンを背景とした悲しい恋の物語である。

監督
エリッヒ・フォン・シュトロハイム ルパート・ジュリアン
出演キャスト
メアリー・フィルビン ノーマン・ケリー チェザーレ・グラヴィナ エディス・ヨーク
1922年

小牧師(1922)

  • 1922年当年公開
  • 出演(Gavin 役)

「緑の誘惑」「世界の果」「国境を越えて」などと同じくベティー・カンプソン主演のパラマウント映画。上記中の後者2映画同様ペンリン・スタンロウズの監督で、英国の文壇耆宿たる「男性と女性」(すなわち「アドミラブル・クライトン」)原著者ジェームズ・M・バリーの舞台劇をエドフリッド・A・ビンガムが脚色したもの。尚この「小牧師」はヴァイタグラフ社でもアリス・カルホーンを主役として映画化してパ社より少し後に発売している。

監督
ペンリン・スタンロウズ
出演キャスト
ベティー・カンプソン ジョージ・ハッカソーン エドウィン・スティーヴンス Niegel Barry
1920年

モヒカン族の最後(1920)

  • 1920年当年公開
  • 出演(Capt._Raldolph 役)

モーリス・トゥールヌール氏が連合製作者会社から発売した第1回映画で、トゥールヌール氏及びクラレンス・ブラウン氏の2人によって監督された。インディアン集落の物語で、フランス人と英国人との争いや、悪インディアンが白人の娘に対する卑しき恋などを描いて力強い感銘を与える。画面の美しいことがこの映画の最大長所で、「この種の物語を取り扱ったものとして真に傑作である」と米誌は評している。

監督
モーリス・トゥールヌール クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー バーバラ・ベッドフォード アルバート・ロスコー リリアン・ホール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・ハッカソーン