TOP > 映画監督・俳優を探す > マリナ・ハンズ

年代別 映画作品( 2004年 ~ 2017年 まで合計5映画作品)

2017年

世界にひとつの金メダル

  • 2017年6月17日(土)
  • 出演(ナディア 役)

ソウル五輪で金メダルを獲得した選手と小柄な馬の成長を「よりよき人生」のギョーム・カネ主演で活写。幼い頃から父の指導を受け障害飛越競技に打ち込んできたピエール。弁護士の道を捨て、気性の荒い若馬ジャップルーや父とともに再び競技に挑戦するが……。ギョーム・カネは脚本にも携わり、スタントを使わず自ら騎乗し撮影に臨んだ。ほか、息子を愛情深く指導する父を「あるいは裏切りという名の犬」のダニエル・オートゥイユが、ピエールの妻を「隠された日記 母たち、娘たち」のマリナ・ハンズが演じる。監督は「ココ・シャネル」のクリスチャン・デュゲイ。2016年2月28日、日本橋三越本店乗馬サロンピアッフェにてアジア初上映(上映会タイトル:「ピエールとジャップルー 小さな大障害馬」)。

監督
クリスチャン・デュゲイ
出演キャスト
ギヨーム・カネ マリナ・ハンズ ダニエル・オートゥイユ ドナルド・サザーランド
2010年

隠された日記 母たち、娘たち

  • 2010年10月23日(土)
  • 出演(オドレイ 役)

カトリーヌ・ドヌーヴら実力派女優の共演で、3世代の女性たちの生きざまを魅せる愛の物語。一冊の日記を通して導かれる、どの時代も女性たちが抱える葛藤や悩みといったテーマが、フランスの美しい海や風景とともに描かれる。監督は「海のほとり」でカンヌ映画祭カメラドールに輝いたジュリー・ロペス=クルヴァル。

監督
ジュリー・ロペス=クルヴァル
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ マリナ・ハンズ マリー=ジョゼ・クローズ ミシェル・デュショソワ
2008年

潜水服は蝶の夢を見る

  • 2008年2月9日(土)
  • 出演(ジョゼフィーヌ 役)

順風満帆な人生から一転、身体の自由を失った男が、唯一動く左目の瞬きだけで自伝を書き上げた奇跡の実話を映画化。「ミュンヘン」のM・アマルリックが難役の主人公を熱演。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
マチュー・アマルリック エマニュエル・セニエ マリー=ジョゼ・クローズ アンヌ・コンシニ
2007年

レディ・チャタレー

  • 2007年11月3日(土)
  • 出演(コンスタンス 役)

スキャンダラスな性愛描写で物議を醸した小説「チャタレー夫人の恋人」を再映画化。仏の女性監督パスカル・フェランが、静かな森で芽生えた官能的な愛を映し出す。

監督
パスカル・フェラン
出演キャスト
マリナ・ハンズ ジャン=ルイ・クロック イポリット・ジラルド エレーヌ・アレクサンドリディ
2004年

みなさん、さようなら(2003)

  • 2004年4月24日(土)
  • 出演(Gaele 役)

カナダ発、アカデミー賞外国語映画賞受賞作。偏屈オヤジが家族や友人の愛に囲まれながら“最期のひと時”を過ごす姿を、シニカルながらも温かな視点で活写した感動ドラマ。

監督
ドゥニ・アルカン
出演キャスト
レミー・ジラール ステファン・ルソー マリー=ジョゼ・クローズ マリナ・ハンズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > マリナ・ハンズ

ムービーウォーカー 上へ戻る