映画-Movie Walker > 人物を探す > ホバート・ヘンリー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1932年 まで合計24映画作品)

1932年

夜の世界

  • 1932年当年公開
  • 監督

P・J・ウルフソンとアレン・リヴキン合作の物語を映画化したもので「蹴球大学」「キートンの恋愛指南番」のリチャード・スカイヤーがシナリオに組み立て、「河宿の夜」「チウインガム行進曲」のホバート・ヘンリーが監督し、「あけぼの」「紳士の運命」のメリット・B・ガースタットが撮影した。主なる出演者は「楽園の大河」「蹴球大学」のルウ・エヤース、「フランケンシュタイン(1931)」「ウォタルウ橋」のメイ・クラーク、「ミラクルマン(1932)」のボリス・カーロフ、ドロシー・レヴィア、ラッセル・ホプトン、バート・ローチ、ドロシー・ピーターソン、ヘッダ・ホッパーなどである。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ルー・エイヤース メイ・クラーク ボリス・カーロフ ドロシー・レヴィア
1931年

姉妹小町

  • 1931年当年公開
  • 監督

紐育ブロードウェイの舞台女優として知られているシドニー・フォックス及びベティ・デイヴィスと「ホリウッド・レビュー」「接吻」のコンラッド・ネーゲルが主演する映画で原作はブース・ターキントンの小説。それをエドウィン・H・ノッフ、レイモンド・シュロック、トム・リードの三氏が共同でっ脚色し、ノッフが台詞を付し、「河宿の夜」「チウインガム行進曲」のホバート・ヘンリーが監督し「最後の人」「新聞街の殺人」のカール・フロイントが撮影にあたったもの。助演者は「哄笑の世界」のハンフリー・ボガート、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、チャールズ・ウィニンジャー、エマ・ダン、スリム・サマーヴィル、デイヴィッド・デュランド、バート・ローチ等。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル シドニー・フォックス ベティ・デイヴィス ザス・ピッツ

新版結婚読本

  • 1931年当年公開
  • 監督

シドニー・ハワード作の戯曲をエドウィン・H・ノッフが改作し台詞をつけ、「サブマリン」のウィニフレッド・ダンが脚色したものに基づいて「女は嘘つき」「チウインガム行進曲」のホバート・ヘンリーが監督した作品である。舞台から来たジュネヴィエーヴ・トバンと「接吻」「ホリウッド・レビュー」のコンラッド・ネーゲルが主演し、モンロー・オーズリー、ベルサ・マン、イルカ・チェイス、ジョージ・アーヴィング、ザス・ピッツ嬢、スリム・サマーヴィル、リチャード・タッカー等が助演。「ブロードウェイ(1929)」「キング・オブ・ジャズ」のハル・モーアが撮影を担任している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ジュヌヴィエーヴ・トバン コンラッド・ネーゲル モンロー・オーズリー ベルサ・マン
1930年

河宿の夜

  • 1930年当年公開
  • 監督

「喝采」のヘレン・モーガン嬢が主演する映画で、「グレイト・ガッポ」「暗黒街」等の執筆者として有名なベン・ヘクト氏が自作のストーリーから脚色し台詞を書き「虎御前」「競売台」のホバート・ヘンリー氏が監督しウィリアム・スタイナー氏が撮影した。主演者のほかに「春宵巴里合戦」のチャールズ・ラグルズ氏、「サラアと其の子」のフラー・メリッシュ・ジュニア氏、「サンダーボルト(1929)」のフレッド・コーラー氏及びブロードウェイ・ナイト・クラブの人気者デュラント、クレイトン、ジャクソンの3人が出演している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ヘレン・モーガン チャールズ・ラグルズ フレッド・コーラー ジミー・デューラント

チウインガム行進曲

  • 1930年当年公開
  • 監督

「レビューのパリっ子」「ラヴ・パレイド」に次ぐモーリス・シュヴァリエ氏の主演映画でジョージ・ミドルトン氏及びA・E・トーマス氏合作の舞台劇から「河宿の夜」「喝采」のギャレット・フォート氏及びロバート・プレスネル氏が撮影台本を書き、「河宿の夜」「虎御前」のホバート・ヘンリー氏が監督したもの。「屠殺者(1930)」「壁の穴(1929)」のクローデット・コルベール嬢、ジョージ・バービア氏、マリオン・バルー夫人、アンドレ・コルデー氏、フランク・A・リヨン氏その他が助演、キャメラは「喝采」「ココナッツ」のジョージ・フォルシーが担任している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ クローデット・コルベール ジョージ・バービア マリオン・バルー
1929年

女は嘘つき

  • 1929年当年公開
  • 監督

「虎御前」「河宿の夜」のホバート・ヘンリーの監督作品でジョン・ミーハンの原作から「喝采」「嫉妬」のギャレット・フォートが脚色し、ミーハン氏自信が台詞をつけ「シャーロック・ホームズ(1929)」のウィリアム・スタイナーが撮影したもの。主役を演ずるのは「新聞記者」、「ヴァージニアン(1929)」のウォルター・ヒューストン「壁の穴(1929)」のクローデット・コルベール、「春宵巴里合戦」のチャールズ・ラグルズの三人でほかにパトリシア・ディーアリング、トム・ブラウン、ベティー・ガード、等が出演している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン クローデット・コルベール チャールズ・ラグルズ パトリシア・ディーアリング
1928年

虎御前

  • 1928年当年公開
  • 監督

アドルフ・マンジュウ氏が「一夜の秘密」に次いで主演したもので、バ社に於いて比が最初の当りをとつた「姫君と給仕」の原作者アルフレッド・サヴォア氏の喜劇に取材して「セレナーデ」「一夜の秘密」と同じくエルネスト・ヴァイダ氏が脚本を書き、「新婚の危機」「紅唇百万ドル」のホバート・ヘンリー氏が監督した。マンジュウ氏の相手役には「ショウ・ダウン」「非常線(1928)」出演のイヴリン・ブレント嬢が選ばれ、ローズ・ディオン嬢、エミール・ショータール氏、マリオ・カリロ氏等が助演する。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ イヴリン・ブレント ローズ・ディオン エミール・ショータール
1926年

競売台

  • 1926年当年公開
  • 監督

レックス・ビーチ氏作の有名な小説を映画化したもので、フレデリック・ハットン氏とファニー・ハットン女史が脚色し、「惑溺の十字路」「新婚の危機」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督したもの。主役は前記二映画及びエリノア・ボードンマ嬢。「高らかに歌え」「かぼちゃ野郎」等主演のチャールズ・レイ氏が演じ、「腕自慢」出演のサリイ・オニール嬢、デイヴィッド・トレンス氏、チャールズ・クラリー氏、等が助演している。因みに本映画の原作は前期ゴールドウローレンス・トリンブル氏監督ルビイ・デ・レマー嬢主演になる8巻物であった。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
チャールズ・レイ サリー・オニール Sinet Gillen チャールズ・クラリー
1925年

結婚破綻

  • 1925年当年公開
  • 監督

ルイス・ビーチ氏作品の舞台劇に基いてアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し「新婚の危機」「惑溺の十字路」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督したもので主役は「愛の大雪嶺」「黎明のサハラ」等出演のクレア・ウィンザー嬢で、「囁きの小径」「青春の美酒」等出演のウィリアム・ヘインズ氏と「突貫花婿」等出演のバート・ローチ氏とが共演するほか、ロバート・エイニュー氏、故ルシル・リクセン嬢、エドワード・コネリー氏、エミリー・フィッツローイ嬢等が出演する。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
クレア・ウィンザー ウィリアム・ヘインズ バート・ローチ エドワード・コネリー

紅唇百万ドル

  • 1925年当年公開
  • 監督

「新婚の危機」「競売台」と同じくホバート・ヘンリー氏の監督作品で、ケイリー・ウィルソン氏のオリジナル・ストーリーによりルイス・D・ライトン氏とホープ・ロアリング女史とが脚色したもの。主演者は「殴られる彼奴」「悪魔の曲馬団」出演のノーマ・シアラー嬢と「愛の黒眼鏡」「奇跡の薔薇」のルー・コディ氏とで、この2人を助けて故ウィラード・ルイス氏、カール・デーン氏、グウェン・リー嬢などが出演している。

監督
ホバート・ヘンリー ホープ・ロアリング
出演キャスト
ノーマ・シアラー ルー・コディ ウィラード・ルイス カール・デーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ホバート・ヘンリー