映画-Movie Walker > 人物を探す > キム・ヘス

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2019年 まで合計12映画作品)

2019年

国家が破産する日

  • 2019年11月8日(金)公開予定
  • 出演(ハン・シヒョン 役)

1997年の韓国を舞台に国家破産まで7日間と迫った通貨危機の裏側を実話を基に描く

監督
チェ・グクヒ
出演キャスト
キム・ヘス ユ・アイン ホ・ジュノ チョ・ウジン
2018年

修羅の華

  • 2018年6月2日(土)公開
  • 出演

「コインロッカーの女」のキム・ヘス主演による韓国ノワール。愛を捨て、組織のナンバー2に登り詰めた女ヒョンジョン。一方、愛に飢え容赦なく殺戮を繰り返す男サンフン。やがて、歪んだ愛憎は狂気の連鎖を生み、関わる者すべてを鮮血の渦へと飲み込んでいく。共演は「最後まで行く」のイ・ソンギュン、「海にかかる霧」のイ・ヒジュン、「恋愛の温度」のチェ・ムソン。監督・脚本は、新鋭イ・アンギュ。

監督
イ・アンギュ
出演キャスト
キム・ヘス イ・ソンギュン イ・ヒジュン チェ・ムソン

グッバイ・シングル

  • 2018年4月7日(土)公開
  • 出演

「10人の泥棒たち」のキム・ヘスと「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソク共演のコメディ。トップ女優のジュヨンは年齢を重ねるにつれ徐々に人気が下がり、年下の彼氏にも浮気される始末。落ち込む彼女は妊娠を偽装し、一発逆転を狙うが……。出演は、「トガニ 幼き瞳の告発」のキム・ヒョンス、ドラマ『魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~』のクァク・シヤン。

監督
キム・テゴン
出演キャスト
キム・ヘス マ・ドンソク キム・ヒョンス クァク・シヤン
2016年

コインロッカーの女

  • 2016年2月16日(火)公開
  • 出演

コインロッカーに捨てられた娘と、彼女を育てた闇金業者の女との愛憎を活写したドラマ。育ての母のもと生きるために何でもしてきた娘は、初めて心惹かれた青年を殺すよう命じられ……。第68回カンヌ国際映画祭国際批評家週間出品作品。監督・脚本は、本作が長編初監督作となるハン・ジュニ。感情を殺して生きる娘を「その怪物」のキム・ゴウンが、韓国・仁川の暗黒街を牛耳る育ての母を「タチャ イカサマ師」のキム・ヘスが演じる。第16回東京フィルメックス・コンペティション部門および特集上映『未体験ゾーンの映画たち2016』にて上映。

監督
ハン・ジュニ
出演キャスト
キム・ゴウン キム・ヘス パク・ボゴム コ・ギョンピョ
2014年

観相師 かんそうし

  • 2014年6月28日(土)公開
  • 出演

人相から相手を見抜く天才観相師が、その才能の高さから国を揺るがす覇権争いに巻き込まれていく時代劇。監督は「優雅な世界」(未)で第27回韓国映画評論家協会賞および第28回青龍映画賞で最優秀作品賞を獲得したハン・ジェリム。タイトルにもなっている顔を見るだけでその人の性格から寿命まで見抜く天才観相師を、「殺人の追憶」「義兄弟 SECRET REUNION」などを経て「スノーピアサー」で国外作品に進出した演技派俳優ソン・ガンホが演じる。ハン監督とは「優雅な世界」でもタッグを組んでいる。ほか、「新しき世界」のイ・ジョンジェ、「ユゴ 大統領有故」のペク・ユンシクらが出演。第50回大鐘賞にて最優秀作品賞・監督賞をはじめ5部門を受賞。

監督
ハン・ジェリム
出演キャスト
ソン・ガンホ イ・ジョンジェ ペク・ユンシク チョ・ジョンソク
2013年

10人の泥棒たち

  • 2013年6月22日(土)公開
  • 出演(ペプシ 役)

12年に韓国で公開されるや、同国の観客動員記録を6年ぶりに塗り替えるなど、大ヒットを記録した、サスペンス・アクション。韓国人と中国人からなる10人の泥棒たちが、幻のダイヤモンド“太陽の涙”強奪に挑む姿が描かれる。『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンをはじめ、韓国、香港の人気スターが多数顔を揃えている。

監督
チェ・ドンフン
出演キャスト
キム・ユンソク キム・ヘス イ・ジョンジェ チョン・ジヒョン
2012年

モダンボーイ

  • 2012年6月2日(土)公開
  • 出演

日本占領下にある1937年の朝鮮を舞台に、ある女性を愛したことから爆破事件に巻き込まれた総督府書記官が、行方をくらました彼女を捜しつつ、事件の真相に迫ってゆく。出演は「黒く濁る村」のパク・ヘイル、「美人図」のキム・ナムギル、「2階の悪党」のキム・ヘス。監督は、「黒く濁る村」の脚本を担当したチョン・ジウ。

監督
チョン・ジウ
出演キャスト
パク・ヘイル キム・ヘス キム・ナムギル

2階の悪党

  • 2012年5月26日(土)公開
  • 出演(Yeonju 役)

ヒステリックな母娘が、下宿してきた正体不明の男に振る舞わされる様を描いたサスペンス・コメディ。監督・脚本は「甘く、殺伐とした恋人」のソン・ジェゴン。出演は「白夜行 白い闇の中を歩く」のハン・ソッキュ、「楽しい我が家」のキム・ヘス。2012年5月26日より、東京・新宿K's cinemaにて開催された「真!韓国映画祭2012」にて上映。

監督
ソン・ジェゴン
出演キャスト
ハン・ソッキュ キム・ヘス ジウ キム・ギチョン
2010年

浮気日和

  • 2010年9月8日(水)公開
  • 出演(イスル 役)

正反対な性格の二人の人妻を通して、現代社会における韓国人女性の浮気観を大胆かつコミカルに描いたラブコメディ。監督は「幸福な葬儀屋」のチャン・ムニル。出演はキム・ヘス(「タチャ イカサマ師」)とユン・ジンソ(「オールド・ボーイ」)。別邦題「浮気するのにいい日」。2010年8月21日よりシネマート新宿/シネマート心斎橋にて開催された「韓流シネマ・フェスティバル2010~新しい風~」にて上映。

監督
チャン・ムニル
出演キャスト
キム・ヘス ユン・ジンソ イ・ジョンヒョク イ・ミンギ
2004年

メモリーズ(2002)

  • 2004年4月24日(土)公開
  • 出演(Wife 役)

アジア各国の気鋭のクリエイターによって手掛けられた3編から成るオムニバス・ホラー。それぞれの国の文化を反映したタッチで共通テーマ“死の向こう側にあるもの”を描く。監督は韓国「クワイエット・ファミリー」のキム・ジウン、タイ「ナンナーク」のノンスィー・ニミブット、香港「君さえいれば」のピーター・チャン。

監督
キム・ジウン
出演キャスト
キム・ヘス ジャン・ボソ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > キム・ヘス