TOP > 人物を探す > エドワード・T・ロウ

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1948年 まで合計7映画作品)

1948年

ターザン砂漠へ行く

  • 1948年12月
  • 脚色

「ターザンの凱歌」に次いでソル・レッサー製作、ウィリアム・ティーレ監督、ハリー・J・ワイルド撮影、ジョニー・ワイズミュラー、ジョニー・シェフィールド主演の同じスタッフで作られた1943年作品で、「凱歌」のキャロル・ヤングが原作し、エドワード・T・ロウが脚本を執筆した。

監督
ウィリアム・ティーレ
出演キャスト
ジョニー・ワイズミュラー ジョニー・シェフィールド ナンシー・ケリー オットー・クルーガー
1937年

夜霧の怪盗

  • 1937年
  • 脚色

「天使の花園」「ジャングルの女王」のレイ・ミランドが主役を勤める映画で、H・C・マクニール、ジェラード・フェアリー合作の探偵小説をエドワード・T・ロウが脚色し、「アリゾナ突撃隊」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり、「平原児」「恋のナポリ」のヴィクター・ミルナーが撮影した。共演者は「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディング、「男の敵」のヘザー・エンジェル、「平原児」のポーター・ホール、「撮影所の惨劇」のレジナルド・デニー「オペラは踊る」のウォルター・キングスフォード、E・E・クライヴ等の面々である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
レイ・ミランド サー・ガイ・スタンディング ヘザー・エンジェル ポーター・ホール

誘拐団

  • 1937年
  • 脚色

「踊らん哉」のエドワード・エヴァレット・ホートン、舞台から来たルイズ・キャンベル、「箱入り亭主」のリン・オバマンおよびベニー・ベイカー、「海の魂」のポーター・ホールおよびルシアン・リトルフィールド「医者の日記」のルース・コールマン、「街は春風」のエスター・デール、子役ビリー・リーが共演する映画で、ポール・ギャリコの原作をエドワード・T・ロウ、マーゲリット・ロバーツ、エディ・ウェルチが協力脚色し、「ベンガルの虎」のルイ・キングが監督し、「箱入り亭主」のヘンリー・シャープが撮影したものである。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン ルイズ・キャンベル リン・オヴァーマン ルシアン・リトルフィールド
1935年

ピラミッドの殺人

  • 1935年
  • 製作

「怪探偵張氏」「黒い駱駝」と同じくワーナー・オーランドが主役を務める映画で、アール・ディア・ビッガースの小説の主人公チャーリー・チャンに基づいて、ロバート・エリスとヘレン・ローガンが共同して原作脚色し、「黒影牧場荒らし」「無頼漢ジム」のルイ・キングが監督に当たり、「荒馬スモーキィ」「驀進快走王」のダニエル・B・クラークが撮影した。主演者を助けて、「薔薇のワルツ」「これぞ幸運」のパット・ペイターソン、トーマス・ベック、リタ・カンシノ、「世界は動く」のステビン・フェチット、「旋律の殺人」のジェームズン・トーマス、「小連隊長」のフランク・コンロイ、ニイゲル・ド・ブリュエ、ポール・ポルカシ等が出演する。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
ワーナー・オーランド パット・パターソン トーマス・ベック リタ・カンシノ
1932年

エスキモー(1932)

  • 1932年
  • ナレーション台詞

F・W・ムルナウの助監督だったユーイング・スコットが1931年の3月から9月にかけてアラスカ北部のイヌイット地区に於いて監督撮影した映画で、ストーリーは氏自ら書き下ろし、キャメラはローイ・クラッフキがクランクした。主役は白人とイヌイット婦人のハーフなるチー・アクが勤め、イヌイットのキアツク(娘)、トユク少年、ラナク、ナー・シュクの2老人が重なる役を演ずる。この映画にはゲイン・ホィットマンが呈する説明がついている。

監督
ユーイング・スコット
出演キャスト
チー・アク キアツク トユク ラナク
1924年

巴里の薔薇

  • 1924年
  • 脚色

原作はデリーというペン・ネームでフランスの出版界を賑わしている匿名の兄妹の作家の作になる『ミッチ』“Mitsiでこれをメルヴィル・ブラウンとエドワード・T・ロウとが脚色した。監督は「闇の女神」等と同じくアーヴィング・カミングス、「メアリー・ゴー・ラウンド」「闇の女神」等と同じくメアリー・フィルビンが主演した。対手は「白絹の女」等出演のロバート・ケイン、「サロメ(1923)」「小公子」等出演のローズ・ディオン等で、ジョン・セント・ポリス、チェザーレ・グラヴィナ等も出演している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
メアリー・フィルビン ロバート・ケイン ジョン・セント・ポリス ローズ・ディオン

愛欲の渦

  • 1924年
  • 脚色

「危険なる処女時代」「情夫奮起せば」等と同じくブース・ターキントン氏の原作になり、エドワード・T・ロウ氏が脚色し、「危険なる処女時代」「女性の輝き」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督した。主役は「メアリー・ゴー・ラウンド」のジョージ・ハッカーソン氏、「売られて行く魂」のエリナ・ボードマン嬢。「アダムス・リブ」のボーリン・ギャロン嬢、「危険なる処女時代」のアイリーン・パーシー嬢等で良い顔触れである。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ジョージ・ハッカソーン エメット・コリガン エリナー・ボードマン キティ・ブラッドベリ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > エドワード・T・ロウ