TOP > 映画監督・俳優を探す > クレア・マクドウェル

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1927年 まで合計49映画作品)

1926年

ディキシーの商人

  • 1926年
  • 出演(Josephine_Fippany 役)

バリー・ベネフィールド氏作の小説に基づいてケネス・B・クラーク氏が脚色し「なまけ者」「秘密」「死に行く我が子」等と同じくフランク・ボーザー氏が監督したもので、「3悪人」「電光」等出演のJ・フェーレル・マクドナルド氏、「サンディー」「電光」等出演のマッヂ・ベラミー嬢、「地下鉄サディー」「甘い親爺」等出演のジャック・マルホール氏等が主演し、クレア・マクドエェル嬢、エドワード・マーティンデル氏、エヴェリン・アーデン嬢等が助演している。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
J・ファーレル・マクドナルド マッジ・ベラミー ジャック・マルホール クレア・マクドウェル

駄法螺大当たり

  • 1926年
  • 出演(Mom_Fisher 役)

舞台劇として大成功を博したジョージ・ケリー氏の戯曲に基づいてピエール・コリングス氏が脚色し、「三日伯爵」「姫君と給仕」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督したもので、主役は「当たり狂言」「美女競艶」等主演のフォード・スターリング氏が演じ、対手役は「滅び行く民族」「轟く天地」等出演のロイス・ウィルソン嬢が勤めている他ルイズ・ブルックス嬢、クレア・マクドウェル嬢、グレゴリー・ケリー氏等が重要なる役を演じている。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
フォード・スターリング ロイス・ウィルソン ルイズ・ブルックス グレゴリー・ケリー

曙光の森

  • 1926年
  • 出演(Mrs._McTavish 役)

大北物の大衆作家として知名なジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏の小説の映画化で、それを「三人」「ドロシー・ヴァーノン」と同じくウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「大分水嶺」「怒號する天地」の監督者レジノルド・バーカー氏が監督したもの。主役は「明眸罪あり」「イット」出演のアントニオ・モレノ氏と「ビッグ・パレード」「ミシガン小僧」出演のルネ・アドレー嬢との二人で、ガードナー・ジェームズ氏、トム・オブライエン氏、匈牙利オスカー・ベレギ氏等が出演してイる。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
アントニオ・モレノ ルネ・アドレー ウィリアム・オースティン トム・オブライエン

シャムロック大競馬

  • 1926年
  • 出演(Molly_O'Shea 役)

ピーター・B・カイン氏作の物語をジョン・ストン氏が脚色し「3悪人」「電光」等と同じくジョン・フォード氏が監督したもので、主役は「ジョンスタウンの大洪水」に出演したジャネット・ゲイナー嬢と「サンディー」「なまけ者」等出演のレスリー・フエントン氏で、J・ファーレル・マクドナルド氏、故ウィラード・ルイス氏、クレーア・マクドウエル嬢等が共演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー レスリー・フェントン J・ファーレル・マクドナルド ルイス・ペイン

悪魔の曲馬団

  • 1926年
  • 出演(Mrs.Peters 役)

デンマーク映画界にあって令名高かったベンジャミン・クリステンセン氏の渡米第1回作品で、氏自ら原作脚色監督したもの。主演俳優は「殴られる彼奴」「夜の女」等出演のノーマ・シアラー嬢と「決死隊」「世界の女」等出演のチャールズ・エメット・マック・マック氏及びユニヴァーサル社青島映画で御馴染みのカーメル・マイアース嬢、ジョン・ミルジャン氏、クレア・マックドウエル嬢、ジョイス・コード嬢等が助演している。

監督
ベンジャミン・クリステンセン
出演キャスト
ノーマ・シアラー チャールズ・エメット・マック カーメル・マイヤース ジョン・ミルジャン
1925年

突貫急行

  • 1925年
  • 出演(Liza_Slater 役)

アーサー・ガイ・エンペイ氏作の二つの物語を組合わせてJ・グラブ・アレキサンダー氏が脚色し、「勝敗の彼方へ」「影に怖えて」「燃ゆる四十」等と同じく故トム・フォーマン氏が監督したもので、主役は「処女時代」「孔雀の羽根」等出演のカレン・ランディス氏と「美人食客」「紅顔の侠児」等出演のドロシー・デヴォーア嬢とで、バーバラ・テナント嬢、クレア・マクドウェル嬢、フランキー・ダーロ君、バディー・ポースト氏等が助演している。

監督
トム・フォーマン
出演キャスト
カレン・ランディス ドロシー・デヴォーア バディー・ポースト チャールズ・ヒル・メイルズ

天地も裂けよ

  • 1925年
  • 出演(Mrs._Joyce 役)

「馬蹄千麈」「奔流千里」に続くジャック・ピックフォード氏の主演映画で、原作はパラマウントの名監督ジェームズ・クルーズ氏と「ホリウッド」の原作者フランク・コンドン氏の合作になつたもの。新進のヴァーノン・キース氏が監督した。ピックフォード氏の対手は「縺れ行く情火」「奔流恋を乗せて」出演のノーマ・シアヲー嬢、「ボー・ブラムメル」等出演のアレック・フランシス氏、「ボンジョーラ」等出演のクレア・マクドウェル嬢等で愉快な喜活劇である。

監督
ヴァーノン・キース
出演キャスト
ジャック・ピックフォード クレア・マクドウェル アレック・B・フランシス ノーマ・シアラー

故郷の土

  • 1925年
  • 出演(Katrina 役)

「殴られる彼奴」「真紅の文字」等と同じくヴィクター・シーストロム氏監督作品で「霊魂の不滅」の原作者で知られている瑞典の女流名作家セルマ・ラゲルレフ女史の小説を映画化したものである。脚色したのはアグネス・クリスティン・ジョンストン女史。主役は「殴られる彼奴」と同じくノーマ・シアラー嬢とロン・チャニー氏との2人で、「美人国二人行脚」「ある男の過去」等出演のアイアン・キース氏、ウィリアム・ヘインズ氏、クレア・マクドウェル嬢、デイヴィッド・トーレンス氏などが助演する。

監督
ヴィクトル・シェーストレム
出演キャスト
ノーマ・シアラー ロン・チャニー クレア・マクドウェル ウィリアム・ヘインズ
1927年

大進軍(1925)

  • 1927年9月30日(金)
  • 出演(Mrs._Apparsor 役)

「栄光」「戦艦くろかね号」の原作者ローレンス・ストーリングス氏が執筆した物語を映画化したメトロ・ゴールドウイン社超大作品で、ハリー・ベーン氏が脚色し、「腕自慢」「半獣半人の妻」「男子凱旋」等と同じくキング・ヴィダー氏が監督した。主役は「半獣半人の妻」「男子凱旋」等出演のジョン・ギルバート氏と「愛の黒眼鏡」「神ぞ知る」等出演のルネ・アドレー嬢で、カール・デーン氏、トム・オブライエン氏、ホバート・ボスウオース氏、クレア・マクドウェル嬢、クレア・アダムス嬢等が共演している。因みにこの映画はフォトプレイ誌が1926年度最優秀映画として推薦して賞碑を与えたもの。ニューヨークに於いて96週間の長期封切り興行を終わって最近に一般に発売された。キネマ旬報外国映画ベスト・テン3位。別邦題「ビッグ・パレード」。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルネ・アドレー クレア・マクドウェル ホバート・ボスウォース
1924年

汝の名は女

  • 1924年
  • 出演(Juan's_Mother 役)

「社交界の誘惑」「海賊アップルジャック」に続くフレッド・ニブロ氏の監督作品で、原作はカルル・ショーンヘル氏の書いた舞台劇で、ベス・メレディス女史が脚色したもの。主役は「心なき女性」「アラブ」「文化果つるところ」出演のラモン・ノヴァロ氏、「海賊アップルジャック」「心なき女性」出演のバーバラ・ラ・マー嬢で、その他ウィリアム・ヴィー・モング氏、エディス・ロバーツ嬢、ウォーレス・マクドナルド氏、クレアー・マクドウェル嬢等が共演している。スペインのピレネー山脈中に住む密輸入者の物語である。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ バーバラ・ラ・マー ウィリアム・V・モング ウォーレス・マクドナルド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > クレア・マクドウェル

ムービーウォーカー 上へ戻る