映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・マクドウェル

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1933年 まで合計49映画作品)

1933年

家なき少年群

  • 1933年当年公開
  • 出演(Mrs._Smith 役)

「餓ゆるアメリカ」「フリスコ・ジェニー」のウィリアム・A・ウェルマンの監督作品で、原作はダニエル・エイハーンの筆になり「生の創め」「ドクターX」のアール・ボールドウィンが脚色し、「白馬王国」「七月の肌着」のアーサー・L・トッドが撮影にあたったものである。主演者は「地獄の市長」「民衆の敵」のフランキー・ダーロ、舞台出のエドウィン・フィリップス、コーラス・ガール出身のドロシー・クーナンの3人で、これを助けて「奈落の青空」のロチェル・ハドソン、コーラス・ガール出身のアン・ホヴェイ、などを始めとし多くの年少俳優、それからアーサー・ホール、グラント・ミッチェル、ロバート・バラット、ウィラード・ロバートソン、などが出演している。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
フランキー・ダーロ ドロシー・クーナン エドウィン・フィリップス ロチェル・ハドソン

つばさの天使

  • 1933年当年公開
  • 出演(Mrs._Blaine 役)

「暁の耕地」「暁の偵察」と同じくリチャード・バーセルメスが主演する映画で、ウャック・モフィット作の「鷹の仲間」と題する飛行小説を映画化したもの。「落下傘」の原作者アイラン・ジェームズと「陽気な後家さん」「空中大曲芸団」のジュエームス・シーモアが共同して脚色し、「母」「天晴れウォング」のウィリアム・A・ウェルマンが監督 に当り、「腕の男」「最後の偵察」のシド・ヒコックスが撮影した・相手役は「オーバー・ザ・ヒル」「バッド・ガール」のサリー・アイラース及び「鉄血士官校」「インチキ競馬」のトム・ブラウンが勤め、「仮面の米国」「恋愛百科全書」のグラント・ミッチェル、「キック・イン」のジェームズ・マレイ、「仮面の米国」のウィラード・ロバートスン、ハロルド・ヒューバー、アーサー・ヴィンスン、チャールズ・セロン等助演。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
リチャード・バーセルメス サリー・アイラース トム・ブラウン グレンダ・ファレル

流れる青空

  • 1933年当年公開
  • 出演(Miss_Breen 役)

「陽炎の春」と同じくジャネット・ゲイナーとワーナー・バクスターが顔合わせして主演する映画で、ガートルード・ペイジ作の小説により「ミス・ダイナマイト」のエドウィン・バークが脚色し、欧州から招かれて入社したハリー・ラックマンが監督にあたり、「風雲の国際連盟」「地獄特急」のジョン・サイツが撮影した。助演者は「アメリカの暴露」「風雲の支那」のウォルター・コノリー、「戦線の嵐」「大帝国行進曲」のマーガレット・リンゼイ、新人ハーヴェイ・スチーヴンス、ジョセフ・M・ケリガン、マール・トッテナム、ロージャー・イムホフ、フィスク・オハラ等である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ワーナー・バクスター ウォルター・コノリー ハーヴェイ・スティーブンス
1932年

農園のレベッカ

  • 1932年当年公開
  • 出演(Mrs._Randall 役)

「ほほえみの街」のマリアン・ニクソンと「真実の力」のラルフ・ベラミーが主演する映画で、ケイト・ダグラス・ウィギンとシャーロット・トンプソン合作の同名の舞台劇に基づいて「脱走兵」のS・N・ベールマンと「デリシャス」のソニア・レブィーンとが共同して脚色し「陽炎の春」「地獄のサーカス」のアルフレッド・サンテルが監督し、「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスが撮影したもの。助演者は「オーバー・ザ・ヒル」のメイ・マーシュ、「ロイドの活動狂」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「母」のアラン・ヘール、「腕白大将」のシャーロット・ヘンリー、サラ・パッデン、ユーラ・ガイ、クレア・マクドウェル等。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
マリアン・ニクソン ラルフ・ベラミー メエ・マーシュ ルイズ・クロッサー・ヘイル

マネキン英雄

  • 1932年当年公開
  • 出演(Mrs._Porter 役)

「ルンペン紳士」と同じくダグラス・フェヤバンクス二世主演映画。メアリー・マッコール・ジュニアの原作を「支配する声」のロバート・ロードが脚色し「シンガポール航路」「夜の大統領」のアルフレッド・E・グリーンが監督し、「支配する声」のソル・ポリートがクランクした。助演者は「砲煙」のメアリー・ブライアン、エマ・ダン、「春宵綺談」のウォルター・カトレット、リリアン・ボンド、ルイス・ビーヴァース等。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
メアリー・ブライアン ウォルター・カトレット エマ・ダン リリアン・ボンド
1931年

アメリカの悲劇

  • 1931年当年公開
  • 出演(Mrs._Samuel_Griffiths 役)

現在のアメリカ文壇に重きをなすセオドア・ドライザーが代表作の同名小説を映画化したもので脚色には、ハリウッド在住の詩人サミュエル・ホッフェンシュタインが当たり、監督は「モロッコ」「間諜X27」のジョセフ・フォン・スタンバーグが受け持った。主演者は「悪魔の日曜日」「盗まれた天国」のフィリップス・ホームズ、「市街」のシルヴィア・シドニー。助演者として「巴里選手」「恋とお月様」のフランセス・ディー、「愛する権利(1930)」のアーヴィング・ピチュル、クレア・マクドウェル、ルシル・ラ・ヴァーン、フレデリック・バートン、ウォーレス・ミドルトン、その他が出演。撮影を「市街」「間諜X27」のリー・ガームスが担当している。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
フィリップス・ホームス シルヴィア・シドニー フランセス・ディー アーヴィング・ピチェル
1930年

生ける屍(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(AnnaPavlovna 役)

トルストイ伯作の「生ける屍」をアーサー・ホプキンスが「リデムプション」として舞台に上演せるものより「異教徒」のドロシー・ファーナムが撮影台本を作り、エドウィン・ジャスタス・メイヤーが台詞をつけ、「世界の与太者」「女の秘密」のフレッド・ニブロが監督した映画で、主演者は「恋多き女」「悪魔の仮面」のジョン・ギルバート、それを助けて「異教徒」のルネ・アドレー、「彼女は戦にいく」のエリナー・ボードマン、「女の秘密」のコンラッド・ネーゲル、クレア・マクドウェル、その他が出演。カメラは「アアンジバーの西」「コサック(1928)」のパーシー・ヒルバーンが担当である。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルネ・アドレー コンラッド・ネーゲル エリナー・ボードマン

恋の行末

  • 1930年当年公開
  • 出演(Mrs._Spencer 役)

「上海夜話」「悩める灯台」に次ぐメアリー・ノーラン嬢主演映 画で、ウィリアム・R・ドイル氏作の舞台劇「カーニバル」に基づいて前記2映画の脚色者ウィニフレッド・リーヴ女史と「娘喜べ水兵上陸」「赤熱のスピード」のマット・テイラー氏とが脚色並びに台詞を担当し、「タランガ」のルイス・D・コリンズ氏が監督し、「ネル・ギン」「ロモラ」のロイ・オヴァボー氏が撮影した。助演者は「最敬礼」「コケット」のウィリアム・ジャニー氏、「アリバイ」「ファジィ」のメイ・ブッシュ嬢、ラルフ・ハロルド氏、ジョージ・アーヴィング氏及びクレア・マクドウェル嬢である。

監督
ルイス・D・コリンズ
出演キャスト
メアリー・ノーラン ウィリアム・ジャニー ラルフ・ハロルド メイ・ブッシュ

正邪の兄弟(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Mrs._Naughton 役)

昔日の人気俳優バート・ライテルが主演する映画で、ハーバート・アシュトン・ジュニア作の舞台劇をジョン・トーマス・ネヴィルとチャールズ・R・コンドンが共同脚色し、ウォルター・ラングが監督に当たり、「米国の暴露」のアイラ・モーガンが撮影した。助演は「モンタナの月」のドロシー・セバスチャンを始め、ウィリアム・モリス、リチャード・タッカー、モーリス・ブラックの面々である。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
バート・ライテル ドロシー・セバスチャン ウィリアム・モリス リチャード・タッカー

ビッグ・ハウス

  • 1930年当年公開
  • 出演(Mrs._Marlowe 役)

「愛すればこそ(1929)」「アリバイ」のチェスター・モリス、「人生の乞食」「支那街の夜」のウォーレス・ビアリー、「マダムX」のルイス・ストーン、「キートンのエキストラ」のロバート・モントゴメリー、「キートンの結婚狂」のリーラ・ハイアムス「海魔」のジョージ・マリオン、J.C.ヌジェントの共演映画。「アンナ・カレニナ」「風」のフランセス・マリオンの原作台詞に基づき、「コサック(1928)」「大飛行艦隊」のジョージ・ヒルが監督し、ハロルド・ウェンストロムが撮影した。助演者は、カール・デーン、デウィット・ジェニングスその他である。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
チェスター・モリス ウォーレス・ビアリー ルイス・ストーン ロバート・モンゴメリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・マクドウェル