映画-Movie Walker > 人物を探す > クローディア・デル

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1935年 まで合計5映画作品)

1935年

ゾロック

  • 1935年公開
  • 出演(Natcha 役)

「化石人間」「豚児売り出す」のウィリアム・ボイドと「若き血に燃ゆる頃」のケイン・リッチモンドが主役を演じる映画で、ゼルマ・キャロル以下2名の共作ストーリーを、パーレー・プーア・シーハン以下2名が協力して脚色しハリー・レヴィアーが監督したものである。助演者は「ミックスの再起」のクローディア・デルを始め、ジョセフ・スウィッカード、サム・ベイカー、ラルフ・ルイス等である。(全12篇)

監督
ハリー・レヴィアー
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ケイン・リッチモンド クローディア・デル ジョセフ・スウィッカード
1934年

クレオパトラ(1934)

  • 1934年公開
  • 出演(Octavia 役)

セシル・B・デミルが「新世紀」「恐怖の四人」に次いで監督製作した映画で、「喇叭は響く」「恐怖の四人」の脚色者バートレット・コーマックが史実に取材して組立てた物語で「路傍」「夜毎来る女」のヴィンセント・ローレンスと「坊やはお休み」「暴君ネロ(1932)」のウォルデマー・ヤングが共同脚色したもの。主役は「暴君ネロ(1932)」「或夜の出来事」のクローデット・コルベールが勤め、「一日だけの淑女」のウォーレン・ウィリアム、英国劇壇から招聘されたヘンリー・ウィルコクスンが共演するほか、「絢爛たる殺人」のガートルード・マイケル、「薫る河風」のジョセフ・シルドクラウト「クリスチナ女王」のアイアン・キース及びC・オーブリー・スミス、「妾は天使じゃない」のアーヴィング・ピチェル等が助演している。撮影は「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーの担当である。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
クローデット・コルベール ウォーレン・ウィリアム ヘンリー・ウィルコクスン ガートルード・マイケル
1932年

暴露新聞

  • 1932年公開
  • 出演(Dorothy_Pepper 役)

エミル・ゴーヴロー執筆の小説から「大飛行船」のラルフ・グレイヴスが改作し、ロバート・キースが脚色し「楽園の大河」「蹴球大学」のラッセル・マックが監督にあたり、「新聞街の殺人」「魔人ドラキュラ」のカール・フロイントが撮影した映画で、主なる出演者は「氷原の彼方」「ボルネオの東」のチャールズ・ビックフォード、「リリオム」」「ボルネオの東」のローズ・ホバート、「彼女の名誉」のバット・オブライエン、クローディア・デル、J・ファーレル・マクドナルド、ハリー・ベレスフォードなどである。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
チャールス・ビックフォード ローズ・ホバート パット・オブライエン クローディア・デル

ミックスの再起

  • 1932年公開
  • 出演(Sally 役)

無声映画時代に鳴らしたトム・ミックルが初めて主演するトーキーで、ストオリイはマクス・ブランドの筆になるもの、それをイサドア・バーンスタインが脚色し、「野蕃な紳士」「爆笑世界行脚」のベン・ストロフが監督し、「曠野に叫ぶ(1930)」のダニエル・B・クラークがクランクした。助演者は「女学生の日記」のクローディア・デル、「大西洋横断」のアール・フォックス、「摩天楼の悲劇」のスタンリー・フィールズ、ザス・ピッツ、フランシス・フォード等。

監督
ベン・ストロフ
出演キャスト
トム・ミックス クローディア・デル アール・フォックス スタンリー・フィールズ
1931年

女学生の日記

  • 1931年公開
  • 出演(Peggy 役)

「アメリカの悲劇」と同じくフィリップス・ホームズとシルヴィア・シドニーが共演する映画で、実在の一女大学生の日記にもとづき組み立てられた脚本により新人デイヴィッド・バートン、ダッドリー・マーフィー両人が監督に当たったもの。「悪魔が跳び出す」「女給と強盗」のノーマン・フォスター、「四十八手の裏表」のクローディア・デル、フローレンス・ブリットン、マーサ・スリーパーなどが助演、カメラは「アメリカの悲劇」「市街」のリー・ガームスの担任である。

監督
デイヴィッド・バートン ダッドリー・マーフィー
出演キャスト
フィリップス・ホームス シルヴィア・シドニー ノーマン・フォスター クローディア・デル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クローディア・デル