映画-Movie Walker > 人物を探す > バリー・フォスター

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1998年 まで合計11映画作品)

1998年

ジョセフ・ロージー 四つの名を持つ男

  • 1998年6月6日(土)公開
  • 出演

「二つの顔を持つ男」や「非情の時」「エヴァの匂い」「唇からナイフ」などで知られるジョセフ・ロージー監督の波乱に富んだ生涯を、関係者の証言で綴るドキュメンタリー。監督は「リング」の中田秀夫。撮影をマイケル・ロビンズが担当している。16ミリ。

監督
中田秀夫
出演キャスト
ガヴリック・ロージ ドロシー・ペラン パトリシア・ロージー ジョシュア・ロージー
1988年

熱砂の日

  • 1988年6月30日(木)公開
  • 出演(Major Minnies 役)

インドを舞台に、異文化間の伝統、習慣、思考の衝突を、時を隔てて生きる二人の英国人女性の体験を通して描く。製作はイスマイール・マーチャント、監督は「モーリス」のジェームズ・アイヴォリー、原作・脚本は「眺めのいい部屋」のルース・プラヴァー・ジャブヴァーラ、撮影はウォルター・ラサリー、音楽はリチャード・ロビンズが担当。出演はジュリー・クリスティ、グレタ・スカッキほか。

監督
ジェームズ・アイヴォリー
出演キャスト
ジュリー・クリスティ グレタ・スカッキ ザキール・フセイン シャーシー・カプール
1972年

フレンジー

  • 1972年7月22日(土)公開
  • 出演(Bob_Rusk 役)

アルフレッド・ヒッチコック監督が、生まれ故郷のロンドンに帰ってつくったサスペンス編。製作・監督はアルフレッド・ヒッチコック。アーサー・ラ・バーンの原作をアンソニー・シェーファーが脚色。撮影はギル・テイラー、音楽はロン・グッドウィン、編集はジョン・シンプソンが各々担当。出演はジョン・フィンチ、アレック・マッコーエン、バリー・フォスター、バーバラ・リー・ハント、アンナ・マッセイ、ヴィヴィアン・マーチャントなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ジョン・フィンチ アレック・マッコーウェン バリー・フォスター バーバラ・リー・ハント
1971年

ライアンの娘

  • 1971年4月24日(土)公開
  • 出演(Tim 役)

反英世相高まるアイルランドの寒村を舞台に、不倫の恋に燃える人妻の業を描く。製作はアンソニー・ハヴェロック・アラン、監督は「アラビアのロレンス」「ドクトル・ジバゴ」のデイヴィッド・リーンで、他のオリジナル脚本のロバート・ボルトや撮影のフレデリック・A・ヤング、音楽のモーリス・ジャール、編集のノーマン・サベージ等は両作品の時と同じスタッフである。出演は「秘密の儀式」のロバート・ミッチャム、「遥かなる戦場」のトレヴァー・ハワード、「召使」のサラ・マイルズ、「さよならを言わないで」のクリストファー・ジョーンズ、「ふたりだけの窓」のジョン・ミルズ、その他レオ・マッカーン、バリー・フォスターなど。メトロカラー、スーパー・パナビジョン七〇ミリ。

監督
デイヴィッド・リーン
出演キャスト
ロバート・ミッチャム トレヴァー・ハワード サラ・マイルズ クリストファー・ジョーンズ
1968年

クルゾー警部

  • 1968年11月公開
  • 出演(Addisom_Steele 役)

「ピンクの豹」「暗闇でドッキリ」を監督したブレーク・エドワーズとモーリス・リッチリンの原案を、トム・ウォルドマンとフランク・ウォルドマンが脚色、「お呼びの時間」のバッド・ヨーキンが監督したコメディ。撮影はアーサー・イベットソン、音楽はケン・ソーンが担当している。出演は「暗くなるまで待って」のアラン・アーキン、「野性の眼」のデリア・ボッカルド、「オセロ」のフランク・フィンレイ、パトリック・カーギル、ベリル・リードほか。

監督
バッド・ヨーキン
出演キャスト
アラン・アーキン デリア・ボッカルド フランク・フィンレイ パトリック・カーギル
1967年

大列車強盗団

  • 1967年当年公開
  • 出演(Frank 役)

エドワード・ボンド、ピーター・イェーツ、マーク・スタインの三人が書きおろした脚本を「太陽と遊ぼう!」のピーター・イエーツが監督したもので、イギリスで実際に起った強盗事件に取材した作品。なお、この事件の映画化作品にはMGM配給のドイツ映画「史上最大の列車強盗」がある。撮影はダグラス・スローカムで、スコットランドヤード内のロケが見もの、音楽はジョニー・キーティングが担当。出演は製作者の一人でもある「カラハリ砂漠」のスタンリー・ベイカー、「007 カジノ・ロワイヤル」のジョアナ・ペテット、「ズール戦争」のジェームズ・ブースほか。製作はジョゼフ・E・レヴィン、マイケル・ディーリー、スタンリー・ベイカー。

監督
ピーター・イェーツ
出演キャスト
スタンリー・ベイカー ジョアナ・ペテット ジェームズ・ブース フランク・フィンレイ

ふたりだけの窓

  • 1967年10月14日(土)公開
  • 出演(Joe 役)

ビル・ノートンのヒット戯曲『オール・イン・グッド・タイム』を彼自身が脚色し、ジョン・ブールティングとロイ・ブールティングの兄弟が製作・監督した家庭劇。撮影はハリー・ワックスマン、音楽はビートルズのポール・マッカートニーが担当した。出演は「シャム猫FBI・ニャンタッチャブル」のヘイリー・ミルズ、舞台出身の新人ハィウェル・ベネット、「南海漂流」のジョン・ミルズ、舞台でも同じ役を演じたマージョリー・ロードスほか。

監督
ジョン・ブールティング ロイ・ブールティング
出演キャスト
ヘイリー・ミルズ ハイウェル・ベネット ジョン・ミルズ マージョリー・ロードス
1964年

銃殺(1964・イギリス)

  • 1964年当年公開
  • 出演(Lieutenant Webb 役)

ジェームズ・ラッスデール・ホドソンの原作を、「エヴァの匂い」のエヴァン・ジョーンズが脚色、同じく「エヴァの匂い」のジョゼフ・ロージーが監督した戦場秘話。撮影は「孤独の報酬」のデニス・クープ、音楽はラリー・アドラーが担当した。出演は「二都物語」のダーク・ボガード、「ドクトル・ジバゴ」のトム・コートネイ(六四年ヴェネチア映画祭で主演男優賞受賞)のほかに、「HELP! 四人はアイドル」のレオ・マッカーンをはじめジェームズ・ヴィリアーズ、ピーター・コプレーなど舞台出身俳優が助演している。製作はノーマン・プリッゲンとジョゼフ・ロージー。なおこの作品は、六四年ヴェネチア映画祭サン・ジォルジオ佳作賞を受賞している。

監督
ジョセフ・ロージー
出演キャスト
ダーク・ボガード トム・コートネイ レオ・マッカーン バリー・フォスター
1959年

熱砂の海

  • 1959年9月10日(木)公開
  • 出演(Corp. Matheson 役)

第二次大戦の北アフリカ戦線で活躍した英軍偵察隊を描いた戦争映画。脚本は「戦争と平和」のロバート・ウェスタービー、監督は「仮面の追撃」のガイ・グリーン。撮影を「生命ある限り」のウィルキー・クーパー、音楽をクリフトン・パーカーが担当。主演は「激戦ダンケルク」のリチャード・アッテンボロー、ジョン・グレグソン、マイケル・クレイグ、ヴィンセント・ボール、パーシー・ハーバート、バリー・フォスター等。製作ロバート・S・ベイカー、モンティ・バーマン。

監督
ガイ・グリーン
出演キャスト
リチャード・アッテンボロー ジョン・グレグソン マイケル・クレイグ ヴィンセント・ボール
1958年

激戦ダンケルク

  • 1958年8月9日(土)公開
  • 出演(Don R. 役)

第二次大戦中の、有名な“ダンケルクの悲劇”を、セミ・ドキュメンタリー的手法で再現した英国映画。監督は「怪獣ウラン」のレスリー・ノーマン。エレストン・トレヴァーの著書と、イーワン・バトラー海軍中佐とJ・S・ブラッドフォード共著の両書から「武装強盗団」のW・P・リプスコームとデイヴィッド・デヴィンが脚本を執筆、「怒りの海」のポール・ビーソンが撮影した。音楽はマルコム・アーノルドで、ハーモニカによる主題曲“バアクレイ広場でうぐいすは歌う”も作曲している。出演者は「情事の終り」「戦争と平和」のジョン・ミルズ、「楊子江死の脱走」のロバート・アーカート、「封鎖作戦」のリチャード・アッテンボロー、バーナード・リー、レイ・ジャクソン等。製作マイケル・バルコン。

監督
レスリー・ノーマン
出演キャスト
ジョン・ミルズ ロバート・アーカート レイ・ジャクソン メレディス・エドワーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > バリー・フォスター