映画-Movie Walker > 人物を探す > フェス・パーカー

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1967年 まで合計12映画作品)

1967年

西部の男 ダニエル・ブーン

  • 1967年12月15日公開
  • 出演(Daniel_Boone 役)

ダニエル・D・ビューチャンプの短編小説を、ビューチャンプ自身とジャック・ガスが共同で脚色、「荒野のスモーキー」のジョージ・シャーマンが製作・監督した西部劇。撮影はジャック・スウェインがあたり、リン・マレーが音楽を担当している。出演は、「荒野のスモーキー」のフェス・パーカーと、アーマンド・シルベスター、他に、テレビのエド・エームス、パトリシア・ブレア、ダラス・マッケノン、ジャクリーン・エヴァンズ、ロイ・ジェンソンなど。

監督
ジョージ・シャーマン
出演キャスト
フェス・パーカー エド・エームス パトリシア・ブレア アルマンド・シルベストレ

荒野のスモーキー

  • 1967年3月14日公開
  • 出演(Clint 役)

ウィル・ジェームズの小説『一匹馬スモーキー』をハロルド・メドフォードが脚色し、「ズール族の襲撃」のジョージ・シャーマンが監督した西部劇。撮影はジャック・スウェイン、音楽はリース・スティーヴンスが担当。出演は「突撃隊」のフェス・パーカー、テレビ出身の新星ダイアナ・ハイランド、「折れた槍」のカティ・フラドー、ロバート・J・ウィルクほか。製作は「南太平洋爆破作戦 モリツリ」のアーロン・ローゼンバーグ。

監督
ジョージ・シャーマン
出演キャスト
フェス・パーカー ダイアナ・ハイランド カティ・フラード ホイト・アクストン
1962年

突撃隊

  • 1962年8月29日公開
  • 出演(Sergeant_Pike 役)

ロバート・ピロッシュの原作を彼自身とリチャード・カーが脚色、「燃える平原児」のドン・シーゲルが監督した第二次大戦をめぐる戦争映画。撮影はハロルド・リップステイン。音楽はレナード・ローゼンマン。出演は「荒野の七人」のスティーヴ・マックィーン、「九月になれば」のボビー・ダーリン、「黄色い老犬」のフェス・パーカー、ほかにニック・アダムス、ジェームズ・コバーンなど。

監督
ドン・シーゲル
出演キャスト
スティーヴ・マックイーン ボビー・ダーリン フェス・パーカー ニック・アダムス
1960年

開拓者の血

  • 1960年6月18日公開
  • 出演(Del_Hardy 役)

アメリカ独立戦争以前の初期開拓民の苦闘を描く西部劇。コンラッド・リクターの長篇『森の灯』を「機関車大追跡」のローレンス・E・ワトキンが脚色し、新人ハーシェル・ドアティが監督した。撮影は「友情ある説得」のエルスワース・フレデリックス。出演は「山の上の第三の男」のジェームズ・マッカーサー、「ゆきすぎた遊び」のキャロル・リンレイのほか、フェス・パーカー、ジョアン・ドルー、ウェンデル・コーリーら。

監督
ハーシェル・ドアティ
出演キャスト
ジェームズ・マッカーサー キャロル・リンレイ フェス・パーカー ウェンデル・コーリー

赤い砂塵

  • 1960年1月15日公開
  • 出演(Cam_Bleeker 役)

南北戦争前のカンサス地方を舞台に、西部男の友情と対決を描いたアクション・ドラマ。フランク・フェントンとジョセフ・ペトラッカのオリジナル・ストーリーをメルヴィン・フランクとA・I・ベゼリデスが共同で脚色し、「拳銃の罠」のメルヴィン・フランクが監督した。撮影は「十戒(1957)」のロイヤル・グリグス、音楽を「大いなる西部」のジェローム・モロスが担当。出演は「バスク決死隊」のジェフ・チャンドラー、「決断」のフェス・パーカー、ニコール・モーレイなど。

監督
メルヴィン・フランク
出演キャスト
ジェフ・チャンドラー フェス・パーカー ニコール・モーレイ ヘンリー・シルヴァ
1959年

決断

  • 1959年9月9日公開
  • 出演(Buck_Weston 役)

西部小説家として有名なルーク・ショートの原作を、ダドリー・ニコルズが脚色し、「闇に響く声」のマイケル・カーティズが監督した西部劇。撮影は「最後の一人まで(1958)」のロイヤル・グリグス、音楽はハリー・サックマン。出演は「暗黒街の女(1958)」のロバート・テイラー、「ミシシッピ決死隊」のフェス・パーカー、「真昼の欲情」のティナ・ルイス、ジャック・ロード、シャーリー・ハーマー、ジーン・エヴァンス、ミッキー・ショネシーら。製作フランク・フリーマン・ジュニア。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ロバート・テイラー フェス・パーカー ティナ・ルイス ジャック・ロード

ミシシッピ決死隊

  • 1959年6月26日公開
  • 出演(Davy Crockett 役)

ウォルト・ディズニー製作の西部劇映画。「デイビー・クロケット 鹿皮服の男」につづく“デイビー・クロケット”シリーズの第2作である。監督は前作につづいてのノーマン・フォスター。脚本を書いたのはフォスター自身とトム・ブラックバーンのチームも前作と同じである。撮影はバート・グレノン、音楽は作曲ジョージ・ブランス、編曲エドワード・プラム。出演者は、前作同様のフェス・パーカーと巨漢ジェフ・ヨークのコンビをはじめ、バディー・エブセン、ケネス・トビー、クレム・ビヴァンス、アーヴィング・アシュケナジ、モート・ミルス、ポール・ニューラン、トロイ・メルトン、ディック・クロケット、ハンク・ウォーデン、ウォルター・カトレット等。製作ビル・ウォルシュ。総指揮ウォルト・ディズニー。

監督
ノーマン・フォスター
出演キャスト
フェス・パーカー バディー・エブセン ジェフ・ヨーク ケネス・トビー

黄色い老犬

  • 1959年3月18日公開
  • 出演(Jim_Coares 役)

フレッド・ジプソンの原作にもとづく、2人の少年と1頭の年老いた犬との愛情の物語。シナリオは原作者フレッド・ジプソンとウィリアム・ターンバーグが共同してあたり、監督は「宝島(1950)」のロバート・スティーヴンソン。撮影を「幌馬車隊西へ!」のチャールズ・P・ボイルが担当し、音楽オリヴァー・ウォーレス。出演するのは「友情ある説得」のドロシー・マクガイア、「幌馬車隊西へ!」のフェス・パーカーとジェフ・ヨーク、「大いなる西部」のチャック・コナーズ、トミー・カーク、ケヴィン・コーコラン、ヴィヴァリー・ワシュバーン等。他に老犬スパイク号が重要な役をうけもっている。総指揮ウォルト・ディズニー。テクニカラー・スタンダードサイズ。1957年作品。

監督
ロバート・スティーヴンソン
出演キャスト
ドロシー・マクガイア フェス・パーカー ジェフ・ヨーク トミー・カーク
1958年

幌馬車隊西へ!

  • 1958年8月19日公開
  • 歌、出演(John_Doc_Grayson 役)

「機関車大追跡」に次ぐウォルト・ディズニー製作による西部劇映画。「勇者の汚名」のトム・ブラックバーンの脚本を、戦前「噂の姫君」「雀」等を作った老朽ウィリアム・ボーディンが監督、「機関車大追跡」のチャールズ・P・ボイルが撮影した。音楽はジョージ・ブランス。主演は「機関車大追跡」についでディズニーの秘蔵っ子フェス・パーカーと、巨漢ジェフ・ヨーク。それに新進キャスリン・クロウリー。他にカレン・ペンドルトン、デイヴィッド・ストラリーなど。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
フェス・パーカー ジェフ・ヨーク キャスリン・クロウリー カレン・ペンドルトン
1957年

機関車大追跡

  • 1957年5月5日公開
  • 出演(James_J._Andrews 役)

「デイビー・クロケット 鹿皮服の男」に次いでウォルト・ディズニーが製作した劇映画、今回は南北戦争を背景に活躍する北軍密偵を機関車のスリルに絡ませて描く。ローレンス・E・ワトキンの脚本を新人のフランシス・D・ライオンが監督、撮影を「鹿皮服の男」のチャールズ・P・ボイル、音楽を「生命の神秘」のポール・スミスが担当した。主演は「鹿皮服の男」のフェス・パーカー、「無法の王者・ジェシイ・ジェイムス」のジェフリー・ハンター、それにクロード・ジャーマン・ジュニア、ハリー・ケイリー・ジュニアなど。

監督
フランシス・D・ライオン
出演キャスト
フェス・パーカー ジェフリー・ハンター ジョン・ラプトン エディ・ファイアーストーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フェス・パーカー