映画-Movie Walker > 人物を探す > モンタギュー・ラヴ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1952年 まで合計61映画作品)

1926年

監獄行列車

  • 1926年公開
  • 出演(Ducket_Nelson 役)

ダリル・フランシス・ザナック氏の原作に基づいてエドワード・T・ロウ・ジュニア氏とフィリップ・クライン氏とが脚色し、「雀」「美人食客」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもので、主役は「男は度胸」等出演のジョン・パトリック氏と「美人食客」「男は度胸」等出演のドロシー・デヴォーア嬢で、「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギュー・ラヴ氏を始め、ジョージ・ピアース氏、フランク・ブラウンリー氏、ラッセル・シンプソン氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏等が共演する。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
ジョン・パトリック ドロシー・デヴォーア モンタギュー・ラヴ ジョージ・ピアース

ドン・ファン(1926)

  • 1926年公開
  • 出演(Count_Giano_Donati 役)

バイロン卿の詩及び南欧諸国に流布しているドン・ファン伝記に基づいてベス・メレディス女史が映画脚本を執筆し、「女性の敵」「風薫る島」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督した特作品で、主役は「海の野獣」「我れ若し王者なりせば」等主演のジョン・バリモア氏が演じ、「ドン・Q」「最後の栄冠」等出演のメアリー・アスター嬢、「ニウ・ヨーク」「マンハッタン狂乱」等出演のエステル・テイラー嬢、「悲恋舞曲」「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギユ・ラヴ氏が主要なる役を勤め、故ウィラード・ルイス氏、フィリス・ヘイヴァー嬢、ヘレン・コステロ嬢、マーナ・ローイ嬢、ワーナー・オランド氏等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ジョン・バリモア His Father メアリー・アスター エステル・テイラー
1925年

傍若無人(1925)

  • 1925年公開
  • 出演(jim_Martin 役)

ウィリアム・マクレオド・レイン氏作の小説に基づいてチャールズ・ダーントン氏が脚色し、「一潟千里」「愛の虚言」等と同じくW・S・ヴァン・ダイク氏が監督したもので、主役は「殴り廻る男」「虎穴の壮漢」等主演のバツク・ジョーンズ氏が演じ、フローレンス・ギルバート嬢で、モンタギュー・ラヴ氏、エドナ・マリオン嬢、アーサー・ハウスマン氏、アーネスト・バタワース氏、カール・ストックデール氏等が助演している。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
バック・ジョーンズ フローレンス・ギルバート エドナ・マリオン アーネスト・バタワース
1924年

砂漠の健児

  • 1924年公開
  • 出演(Colonel_Ba_bier 役)

ルイズ・ジェラード女史原作の小説をアデレード・ヒールブロン女史が脚色し、「我が子」「街のマドンナ」等と同じくエドウィン・カリュー氏が監督制作したシーク劇である。主役は「永遠の都」等出演のバート・ライテル氏と「富に群がる者」等出演のクレア・ウィンザー嬢で、ウォルター・マッグレイル氏、モンタギュー・ラヴ氏、ローズマリー・ゼビー嬢等の助演者も腕利き揃いである。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
クレア・ウィンザー バート・ライテル ウォルター・マッグレイル モンタギュー・ラヴ
1923年

永遠の都

  • 1923年公開
  • 出演(Minghelli 役)

「クリスチャン」等の原作者ホール・ケーン卿の小説からウィーダ・ベルジェール女史が脚色し「楽園の盗賊」「恋の人形」等と同じくジョージ・フィッツモーリス氏が監督した。「ピレニーの情火」「白蛾は舞う」等出演のバーバラ・ラ・マー嬢が主演し「巨星燦たり」「目醒めよ女性」等主演のライオネル・バリモア氏「キック・イン」「風雲のゼンダ城」等出演のバート・ライテル氏「豹の雄叫び」「永遠の世界」等出演のモンタギュー・ラヴ氏等の腕利きが競演ゐ、舞台でかなり有名なリチャード・ベネット氏も主要な役を演ずる

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
バーバラ・ラ・マー ライオネル・バリモア モンタギュー・ラヴ リチャード・ベネット

豹の叫び

  • 1923年公開
  • 出演(Scott_Quaigg 役)

キャスリン・ニューリン・バートの原作をクラークスン・ミラーが脚色し、ヘンリー・コルカーが監督した。主役は「百萬弗の復讐」「アンナの昇天」等に主演したアリス・ブラディで、モンタギュー・ラヴ、エドワード・ラングフォードが対手役である。

監督
ヘンリー・コルカー
出演キャスト
アリス・ブラディ エドワード・ラングフォード モンタギュー・ラヴ Charles Kent
1922年

懐しの島へ

  • 1922年公開
  • 出演(Fredrick Kent 役)

ノーマ・タルマッジ嬢主演のファーテト・ナショナル映画がである。アンドリュー・ソーター氏の小説「主義に立ちて」On Principleアンソニー・ポール・ケリー氏が脚色しアルバート・パーカー氏が監督したもので、相手役は「亭主の好きな」出演のハリソン・フォード氏其他モンタギュー・ラヴ氏等が出演している。

監督
アルバート・パーカー
出演キャスト
ノーマ・タルマッジ ハリソン・フォード モンタギュー・ラヴ クーパー・クリフ

巴里の秘密

  • 1922年公開
  • 出演(The_Schoolmaster 役)

ユージン・スウ氏の小説「巴里の秘密」をドロシー・ファーナム女史が脚色し、ケネス・ウェッブ氏が監督したウィットマン・ベネット映画で松竹の「世界の極み」と同様アフィリエイテッドが発売したものた。名メイルヴァンバイアー、ルー・コディ氏「飴売娘」「乗合馬車」のグラディス・ヒューレット嬢、「謎の女」等モンタギュー・ラヴ氏「永遠の世界」等出演のドロレス・キャッシネリ嬢等が共演している。

監督
ケネス・ウェッブ
出演キャスト
ルー・コディ グラディス・ヒューレット モンタギュー・ラヴ ドロレス・キャッシネリ
1921年

永遠の世界

  • 1921年公開
  • 出演(Colonel_Ibbetson 役)

「女王の悲哀」等同様エルシー・ファーガスン嬢主演のパラマウント近作でジョルジュ・デュモリエ氏の小説として又それを舞台劇化したジョン・N・ラファエル氏の劇として知られている「ピーター・イベットスン」を映画化したもので監督はジョージ・フィッツモーリス氏、脚色は例によってウィーダ・ベルジェール女史である。ウォーレス・リード氏、モンタギュー・ラヴ氏、エリオット・デクスター氏、ドロレス・キャッシネリ嬢等、素晴らしき限りのキャストである。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ウォーレス・リード エルシー・ファーガスン モンタギュー・ラヴ ジョージ・フォーセット
1920年

世間の男女

  • 1920年公開
  • 出演(Don_Julian 役)

スペインの詩に基づいてチャールズ・フレデリック・ナードリンジャーが原作を書き、フランセス・マリオンが脚色し、ロバート・G・ヴィニョーラが監督したものである。アルマ・ルーベンス、モンタギュー・ラヴ、ガストン・グラス、ペドロ・デ・コルドヴァらの腕利きが主役を演じている。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
モンタギュー・ラヴ アルマ・ルーベンス ガストン・グラス ペドロ・デ・コルドヴァ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > モンタギュー・ラヴ