TOP > 映画監督・俳優を探す > ウェンディ・シャール

年代別 映画作品( 1984年 ~ 1998年 まで合計4映画作品)

1998年

スモール・ソルジャーズ

  • 1998年12月23日(水)
  • 出演(Marion Fimple 役)

軍事用のマイクロ・チップを搭載したアクション・フィギュアが、人間相手に大立ち回りを演じるファンタジー・コメディ。監督は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョー・ダンテ。製作総指揮は「ディープインパクト」のウォルター・F・パークス。脚本は『ボディ・チェンジャー』(V)のギャビン・スコット、「マウス・ハント」のアダム・リフキン、「マスク・オブ・ゾロ」のテッド・エリオットとテリー・ロッシオ。撮影は「陪審員」のジェミー・アンダーソン。音楽は「ザ・グリード」のジェリー・ゴールドスミス。出演は「ワグ・ザ・ドッグ ウワサの真相」のキルスティン・ダンスト、フィギュアの声優には「追跡者」のトミー・リー・ジョーンズほか豪華キャストが参加した。

監督
ジョー・ダンテ
出演キャスト
キルスティン・ダンスト グレゴリー・スミス フィル・ハートマン ケヴィン・ダン
1989年

メイフィールドの怪人たち

  • 1989年7月22日(土)
  • 出演(Bonnie_Rumsefield 役)

閑静な住宅地メイフィールドを舞台に、不気味な隣家の存在に恐怖を募らせるある一家の姿をコメディ・タッチで描くホラー映画。製作はマイケル・フィネルとラリー・ブレズナー、監督は「インナー・スペース」のジョー・ダンテ、脚本はダナ・オルセン、撮影はロバート・スティーヴンス、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演はトム・ハンクス、ブルース・ダーンほか。

監督
ジョー・ダンテ
出演キャスト
トム・ハンクス ブルース・ダーン キャリー・フィッシャー リック・ダコマン
1986年

クリーチャー

  • 1986年11月29日(土)
  • 出演(Beth_Sladen 役)

土星を訪れた地球の探査隊と謎の複合生命体“クリーチャー”の戦いを描いたSF映画。製作はウィリアム・R・ダン、エグゼクティヴ・プロデューサーはモシュ・ディアマントトとロニー・ヘーダー。監督はこれが初めて日本で公開されるウィリアム・マーロン。脚本はマーロンとアラン・リード、撮影はハリー・マシアス、特殊技術はL・A・エフェクト・グループとロバート・スコタック、音楽はトーマス・チェイスとスティーヴ・ラッカーが担当。出演はクラウス・キンスギー、スタン・アイヴァーほか。

監督
ウィリアム・マローン
出演キャスト
クラウス・キンスキー スタン・アイヴァー ウェンディ・シャール ライマン・ウォード
1984年

ボーイハント(1984)

  • 1984年8月18日(土)
  • 出演(Samdra 役)

フロリダの海岸で、夏休みを過ごそうと東部からやって来た4人の女子大生それぞれのラヴ・ストーリーを描く。61年作「ボーイハント(1961)」の現代版で、ハード・ロックが全編に流れ、60年作の主題歌も今風にアレンジして演奏されている。製作はアラン・カー。エグゼクティヴ・プロデューサーはテリー・ドネリーとジェフ・アップル。監督は「空かける強盗団」(69)のハイ・アヴァーバック。脚本はステュー・クリーガーとジェフ・バークハートが執筆。撮影はジェームズ・A・コントナー、音楽はシルヴェスター・リヴェイが担当。出演はリサ・ハートマン、リン=ホリー・ジョンソン、ローナ・ラフト、ウェンディ・シャールなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は菊地浩司。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
ハイ・アヴァーバック
出演キャスト
リサ・ハートマン リン・ホリー・ジョンソン ローナ・ラフト ウェンディ・シャール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ウェンディ・シャール

ムービーウォーカー 上へ戻る