映画-Movie Walker > 人物を探す > モナ・フリーマン

年代別 映画作品( 1944年 ~ 1961年 まで合計14映画作品)

1961年

虐殺!ハックの猛襲

  • 1961年9月6日公開
  • 出演(Cindy_Rogers 役)

フィリッピンを舞台にしたアクション映画。スターリング・シリファントの原作をシリファント自身が脚色にあたり、監督はジョン・バーンウェル。撮影担当はウィリアム・スナイダー。音楽を受け持っているのはアルバート・グラッサー。出演しているのはジョージ・モンゴメリー、モナ・フリーマン、ジョン・ベアなど。製作はコリアー・ヤング。

監督
ジョン・バーンウェル
出演キャスト
ジョージ・モンゴメリー モナ・フリーマン ジョン・ベア ジェームズ・ベル
1959年

挑戦者

  • 1959年4月15日公開
  • 出演(Ann_Hollis 役)

リングの王者が聾唖者だったという設定のボクシング映画。監督は「千の顔を持つ男」「雷撃命令」のジョセフ・ペヴニー。ウィリアム・アランドのオリジナル・ストーリーを「決斗!一対三」のバーナード・ゴードンが脚色している。撮影は「世界を駈ける恋」のアーヴィング・グラスバーグ。音楽ハンス・J・ソルター。主演するのは「手錠のままの脱獄」のトニー・カーティスと「街中の拳銃に狙われる男」のジャン・スターリング、「愛欲と戦場」のモナ・フリーマン。他にウォーレス・フォード、ハリー・シャノン、コニー・ギルクリスト、キャサリン・ロック、ジョー・グレイ、ロン・ハーグレーヴ、ハリー・ガーディノ等が出演している。製作レオナード・ゴールドスティン。黒白・スタンダードサイズ。1952年作品。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
トニー・カーティス ジャン・スターリング モナ・フリーマン ウォーレス・フォード
1957年

ドラゴン砦の決戦

  • 1957年6月8日公開
  • 出演(Ann_Bradlley 役)

オリヴァ・ドレイクの原作をウォーレン・ダグラスが脚色、「拳銃稼業」のハロルド・シュスターが監督した西部劇。撮影は、「中共脱出」のウィリアム・H・クローシア、音楽は「拳銃稼業」のポール・ダンラップ。主演は、「烙印なき男」のバリー・サリヴァン、「敵中突破せよ!」のモナ・フリーマン、「ニューヨークの饗宴」のデニス・オキーフ、「空中ぶらんこ」のカティ・フラドー。

監督
ハロルド・シュスター
出演キャスト
バリー・サリヴァン デニス・オキーフ モナ・フリーマン カティ・フラード
1956年

敵中突破せよ!

  • 1956年10月31日公開
  • 出演(Anne 役)

ヘイス・ゲーツ製作による、朝鮮戦争を背景とした戦争映画。パット・フランクの原作をジョン・C・ヒギンズとウォルター・ドニガーが共同脚色、「悪の対決」のアラン・ドワンが監督。撮影はエルスワース・フレデリックス、音楽は「ボスを倒せ!」のハンス・J・サルター。主演は「悪の対決」のジョン・ペイン、「地獄の戦線」のモナ・フリーマン他にオードリー・ダルトン、チャック・コナーズ。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ジョン・ペイン モナ・フリーマン ピーター・グレイヴス チャック・コナーズ

デンヴァーの狼

  • 1956年3月13日公開
  • 出演(Elizabeth_Sutton 役)

開拓期の西部を舞台にラヴ・ロマンスを彩って、拳銃名手の兄弟愛を描いている。週間雑誌“サタディ・イヴニング・ポスト”に掲載されたビル・ガリックの原作を、「明日に別れの接吻を」のホレース・マッコイと「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のアレン・リヴキンが脚色し、「野性地帯」のジョセフ・ケインが製作・監督した。撮影監督は「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のレジー・ラニング、音楽は「サンタフェへの道」のR・デイル・バッツ。主な出演者は、「サンタフェへの道」のジョン・ペイン、「愛欲と戦場」のモナ・フリーマンをはじめ、「波止場」のリー・J・コッブ、「暗黒街の王者」のレイ・ミドルトン、往年の「少年の町」で主役を演じた「拳銃王」のスキップ・ホメイヤー、「白昼の対決」のリー・ヴァン・クリーフなど。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
ジョン・ペイン モナ・フリーマン リー・J・コッブ レイ・ミドルトン
1955年

愛欲と戦場

  • 1955年6月16日公開
  • 出演(Kathy 役)

「死の砂塵」のラウール・ウォルシュが1955年に監督した戦争映画。レオン・ユーリスが自身の小説を脚色している。撮影は「三つ数えろ」のシド・ヒコックス、音楽も同じく「三つ数えろ」のマックス・スタイナーである。出演者は「タンガニイカ」のヴァン・ヘフリン、「雨に濡れた欲情」のアルド・レイ、「銅の谷」のモナ・フリーマン、「カナダ平原」のナンシー・オルソン、「幌馬車隊」のジェームズ・ウィットモア、「飾窓の女」のレイモンド・マッシー、タブ・ハンター、「三つ数えろ」のドロシー・マローン、「日本人の勲章」のアン・フランシス、「死刑囚2455号」のウィリアム・キャンベル、ジョン・ラプトン、スーザン・モロウなど。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ヴァン・ヘフリン アルド・レイ モナ・フリーマン ナンシー・オルソン
1953年

銅の谷

  • 1953年8月23日公開
  • 出演(Caroline_Desmond 役)

「烙印」のメル・カプステイン製作になる1950年作テクニカラー西部劇、「千一夜物語・魔法のランプ」のリチャード・イングリッシュのストーリーを「流刑の大陸」のジョナサン・ラティマーが脚色、監督も同じく「流刑の大陸」のジョン・ファーロウ。「情炎の女サロメ」のチャールズ・ラングが撮影監督にあたり、「砂漠の鬼将軍」のダニエル・アンフィシアトロフが作曲した。「午後の喇叭」のレイ・ミランド、「腰抜けモロッコ騒動」のヘディ・ラマー、「コマンチ族の怒り」のマクドナルド・ケーリーが主演、これに「底抜け落下傘部隊」のモナ・フリーマン、「三人の名付け親」のハリー・ケイリー・ジュニアが共演し、以下「ネバダ決死隊」のフランク・フェイルマン、「女群西部へ!」のホープ・カマースン、「花嫁の父」のテイラー・ホームズ、ペギー・ヌードセン「スタリオン街道」、ジェイムス・バーク「インディアン渓谷」などが助演する。

監督
ジョン・ファーロウ
出演キャスト
レイ・ミランド ヘディ・ラマー マクドナルド・ケイリー モナ・フリーマン

戦う雷鳥師団

  • 1953年8月15日公開
  • 出演(Lt. Ellen_Henderson 役)

「アマゾンの美女」のジョン・H・オウァが製作・監督にあたった1952年作品で、第2次大戦イタリアで勇名をはせた雷鳥師団を描く戦争映画。「怒濤の果て」のケネス・ガメットのストーリーをメリイ・マッコール・ジュニアが脚色した。撮影は「暴力帝国」のレジー・ラニング、音楽はヴィクター・ヤングの担当。出演者は「剣侠ロビン」のジョン・デレク、新進ジョン・バリモア・ジュニア、「烙印」のモナ・フリーマン、「鬼軍曹ザック」のジーン・エヴァンス、新人アイリーン・クリスティ、ワード・ボンドら。

出演キャスト
ジョン・デレク ジョン・バリモア・ジュニア モナ・フリーマン ジーン・エヴァンス

底抜け落下傘部隊

  • 1953年4月30日公開
  • 出演(Betty_Carter 役)

「底抜け艦隊」のディーン・マーティン=ジェリー・ルイス主演のハル・B・ウォリス「底抜け艦隊」製作になる1952年作品。ブライアン・マーロウのストーリーを「凸凹透明人間」のティーム、ロバート・リース=フレデリック・I・リナルドとハーバート・ベイカーが脚色、ジェームズ・アラーダイス「底抜け艦隊」とリチャード・ウェイルが台詞を追加した。監督は「トム・ソーヤの冒険」のノーマン・タウログ。撮影はダニエル・L・ファップ、音楽監督ジョセフ・J・リリー、ほか美術・編集なども「底抜け艦隊」と同じスタフ。共演者は「烙印」のモナ・フリーマン、「復讐の二連銃」のドン・デフォー、「底抜け艦隊」のロバート・ストラウス、レイ・ティール「北の狼」、マーシー・マクガイア「下町天国」、ディック・アードマンなど。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
ディーン・マーティン ジェリー・ルイス モナ・フリーマン ドン・デフォー
1952年

烙印

  • 1952年6月30日公開
  • 出演(Ruth_Lavery 役)

メル・エプステインが製作し、「地球最後の日」のルドルフ・マテが監督したテクニカラー西部劇1950年作品。エヴァン・エヴァンスの小説より、「地球最後の日」のシドニー・ボームと「戦乱の花嫁」のシリル・ヒュームが脚色した。撮影は「旅愁」のチャールズ・ラング、音楽監督は「武装市街」のアーヴィング・ダルボットの担当。主演は「ネブラスカ魂」のアラン・ラッドと「テキサス決死隊(1949)」のモナ・フリーマンで、以下「白昼の決闘」のチャールズ・ビッグフォード、「猛獣と令嬢」のロバート・キース、「ヴァレンチノ」のジョセフ・カレイア、「地球最後の日」のピーター・ハンソン、セレナ・ロイルらが助演する。

監督
ルドルフ・マテ
出演キャスト
アラン・ラッド モナ・フリーマン チャールス・ビックフォード ロバート・キース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > モナ・フリーマン