映画-Movie Walker > 人物を探す > 河村竜也

年代別 映画作品( 2003年 ~ 2016年 まで合計7映画作品)

2016年

歓待1.1

  • 2016年7月2日(土)公開
  • 出演

第23回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門作品賞に輝いた2010年の深田晃司監督作「歓待」の、ディレクターズカット版。2014年2月20日より大阪のシネ・ヌーヴォでの公開を皮切りに、順次上映。

監督
深田晃司
出演キャスト
山内健司 杉野希妃 古舘寛治 ブライアリー・ロング

SHARING アナザーバージョン

  • 2016年4月28日(木)公開
  • 出演

東日本大震災を題材に、心に傷を負った二人の女性の心の葛藤と交流を映し出した「SHARING」の別バージョン。

監督
篠崎誠
出演キャスト
山田キヌヲ 樋井明日香 河村竜也 木村知貴

SHARING

  • 2016年4月23日(土)公開
  • 出演

東日本大震災を題材に、心に傷を負った二人の女性の心の葛藤と交流を映し出すドラマ。震災で亡くなった恋人の夢を3年間見続けている社会心理学教授の瑛子。一方、震災をテーマにした卒業公演の準備に追われる学生の薫も不思議な夢にうなされていた。監督は「あれから」の篠崎誠。出演は「ピース オブ ケイク」の山田キヌヲ、「さよなら歌舞伎町」の樋井明日香、「サイクロプスの涙」の河村竜也、「ひとまずすすめ」の木村知貴、小林優斗。劇場公開に先駆け、第15回東京フィルメックス特別招待作品として2014年11月24日に上映された。

監督
篠崎誠
出演キャスト
山田キヌヲ 樋井明日香 河村竜也 木村知貴
2011年

東京人間喜劇

  • 2011年7月30日(土)公開
  • 出演

文豪バルザックの作品群『人間喜劇』に着想を得たオムニバス映画。ダンサーの女性ファンを描く「白猫」、アマチュアカメラマンの女性が主人公の「写真」、事故で右腕を失った夫とその妻を描く「右腕」の3編。監督は、劇団青年団演出部の深田晃司。山海塾の岩下徹、コントラバス奏者の齋藤徹が本人役で特別出演している。

監督
深田晃司
出演キャスト
角舘玲奈 根本江理子 河村竜也 古舘寛治

歓待

  • 2011年4月23日(土)公開
  • 出演

下町の印刷所を舞台に、一見平凡な家族が流れ者の来訪によって変化していく人間模様を描く「ざくろ屋敷 バルザック「人間喜劇」より」の深田晃司監督作。出演は、平田オリザが主宰する劇団青年団を代表する俳優・山内健司、「クリアネス」の杉野希妃、「バカがウラヤマシイ」の古舘寛治ほか。

監督
深田晃司
出演キャスト
山内健司 杉野希妃 古舘寛治 ブライアリー・ロング
2010年

サイクロプスの涙

  • 2010年12月18日(土)公開
  • 出演(リュウ 役)

未来を予知できる男と看護師が、男が未来に犯す殺人事件の真相を探ろうとするうち、思わぬ運命の展開に巻き込まれていく。出演は、ヨーロッパの舞台で活躍する河村竜也、「長州ファイブ」の球木ゆかり、「手のひらの幸せ」の河合龍之介、「今日という日が最後なら、」の森口彩乃。監督は、「横川サスペンス」の神酒大亮。

監督
神酒大亮
出演キャスト
河村竜也 河合龍之介 栗山かほり 珠木ゆかり
2003年

新・刑事まつり 一発大逆転「子像・DEKA」

  • 2003年5月24日(土)公開
  • 出演

ショート・フィルム・オムニバス「刑事まつり」の第3弾「新・刑事まつり~一発大逆転~」の一編。「主人公は刑事であること」「完成尺は十分以内」「本編中に最低でも五回ギャグを入れること」の従来の掟に加え、今回「映画監督をキャスティングすること」が加わった。監督は「劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」出演の津田寛治。

監督
津田寛治
出演キャスト
高橋二六生 榊英雄 河村竜也 堀江慶
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 河村竜也