映画-Movie Walker > 人物を探す > フランシス・J・シェイド

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1955年 まで合計13映画作品)

1955年

男の魂(1955)

  • 1955年9月16日公開
  • 録音

「紅の翼(1954)」と同じくウェイン・フェローズプロ製作によるものでアンドリュー・J・ギイア大佐の原作を「アパッチ砦」のジェームズ・ワーナー・ベラと「語らざる男」のジョン・ツウィストが共同脚色し「ホンドー」のジョン・ファーロウが監督。撮影は「紅の翼(1954)」のウィリアム・H・クローシア、音楽は「雪原の追跡」のロイ・ウェッブが担当した。出演者は「太平洋作戦」のジョン・ウェイン、「叛逆者」のラナ・ターナー、「愛欲と戦場」のタブ・ハンター、「フォルウォスの黒楯」のデイヴィッド・ファーラー、「カーニバルの女」のライル・ベトガーなど。

監督
ジョン・ファーロウ
出演キャスト
ジョン・ウェイン ラナ・ターナー デイヴィッド・ファラー ライル・ベトガー

白人酋長

  • 1955年8月13日公開
  • 録音

「ヴェラクルス」のバート・ランカスターが主演し、ハロルド・ヘクトが製作した1953年作色彩海洋活劇で、ローレンス・クリングマンとジェラルド・グリーン合作の小説から「星のない男」のボーデン・チェイスと「ヴェラクルス」(製作)のジェームズ・ヒルが共同で脚色、「宇宙征服」のバイロン・ハスキンが監督に当たった。テクニカラー撮影は「汽車を見送る男」のオットー・ヘラー、音楽は「荒野の貴婦人」のディミトリ・ティオムキンである。ランカスター以下、「ロビン・フッド(1952)」のジョーン・ライス、「旅情」のアンドレ・モレル、「巨象の道」のエイブラハム・ソフィア、アーチー・サヴェッジ、ベンソン・フォンらが出演。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
バート・ランカスター ジョーン・ライス アンドレ・モレル エイブラハム・ソフィア

愛欲と戦場

  • 1955年6月16日公開
  • 録音

「死の砂塵」のラウール・ウォルシュが1955年に監督した戦争映画。レオン・ユーリスが自身の小説を脚色している。撮影は「三つ数えろ」のシド・ヒコックス、音楽も同じく「三つ数えろ」のマックス・スタイナーである。出演者は「タンガニイカ」のヴァン・ヘフリン、「雨に濡れた欲情」のアルド・レイ、「銅の谷」のモナ・フリーマン、「カナダ平原」のナンシー・オルソン、「幌馬車隊」のジェームズ・ウィットモア、「飾窓の女」のレイモンド・マッシー、タブ・ハンター、「三つ数えろ」のドロシー・マローン、「日本人の勲章」のアン・フランシス、「死刑囚2455号」のウィリアム・キャンベル、ジョン・ラプトン、スーザン・モロウなど。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ヴァン・ヘフリン アルド・レイ モナ・フリーマン ナンシー・オルソン

銀の盃

  • 1955年5月25日公開
  • 録音

ローマ時代のキリスト教徒を扱ったトマス・B・コスティンのベストセラー小説から「指紋なき男」のレッサー・サミュエルズが脚色、同じく「指紋なき男」のヴィクター・サヴィルが製作・監督に当たった1955年作品。撮影は「クオ・ヴァディス」のウィリアム・V・スコール、音楽は「裏窓」のフランツ・ワックスマンである。出演者は「獅子王リチャード」のヴァージニア・メイヨ、「君知るや南の国」のピア・アンジェリ、「異教徒の旗印」のジャック・パランス、新人ポール・ニューマン、「麗しのサブリナ」のウォルター・ハムデン、「探偵物語」のジョセフ・ワイズマン、「異教徒の旗印」のアレクサンダー・スコービー、ローン・グリーンら。

監督
ヴィクター・サヴィル
出演キャスト
ヴァージニア・メイヨ ピア・アンジェリ ジャック・パランス ポール・ニューマン

恐怖のサーカス

  • 1955年1月2日公開
  • 録音

「紅の翼(1954)」のロバート・フェローズが1954年に製作したシネマスコープ曲馬団物語。ポール・フィックス、フィリップ・マクドナルド、ジェームズ・エドワード・グラントの脚本から「ホンドー」のジェームズ・エドワード・グラントが監督した。撮影は「スプリングフィールド銃」のエドウィン・B・デュパー、音楽は「男の叫び」のエミール・ニューマンと「無宿者」のアーサー・ランジ。出演者はクライド・ビーティー自身、探偵小説家ミッキー・スピレーン自身、「ジュビリー街道」のパット・オブライエン、「放射能X」のシーン・マックローリー、新人マリアン・カー、ジョン・ブロムフィールドら。

監督
ジェームズ・エドワード・グラント
出演キャスト
クライド・ビーティー ミッキー・スピレーン パット・オブライエン シーン・マックローリー
1954年

放射能X

  • 1954年8月公開
  • 録音

「フェザー河の襲撃」のデヴィッド・ウィスバートが製作した空想科学スリラー1954年作品。ジョージ・ワーシング・イェイツの原作を「井戸」のラッセル・ヒューズが潤色、「地獄への退却」のテッド・シャーデマンが脚色し、「フェザー河の襲撃」のゴードン・ダグラスが監督にあたった。「死の砂塵」のシド・ヒコックスが撮影を、「荒原の疾走」のブロニスロー・ケイパーが音楽をそれぞれ担当。出演者は「アスファルト・ジャングル」のジェームズ・ウィットモア、「北京超特急」のエドモンド・グウェン、「コマンド」の新人ジョーン・ウェルドン、「ホンドー」のジェームズ・アーネス、オンスロー・スティーヴンスらである。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ジェームズ・ホイットモア エドモンド・グウェン ジョーン・ウェルドン ジェームズ・アーネス

地獄への退却

  • 1954年4月26日公開
  • 録音

「吹き荒ぶ風」のミルトン・スパーリングが主宰するユナイテッド・ステイツ・プロ作品で製作者のスパーリングがかいた原作を彼自身とテッド・シャーデマンが脚色し、「拳銃魔」のジョセフ・H・ルイスが監督、ウォーレン・リンチが撮影した。音楽は「拳銃45」のウィリアム・ラヴァ。出演者は「フェザー河の襲撃」のフランク・ラヴジョイ、「偽りの花園」のリチャード・カールソン、「可愛い配当」のラスティ・タンブリン、「花婿物語」のアニタ・ルイズ、ネッド・ヤングなど。

監督
ジョセフ・H・ルイス
出演キャスト
フランク・ラヴジョイ リチャード・カールソン ラスティ・タンブリン アニタ・ルイズ
1953年

外套と短剣

  • 1953年2月21日公開
  • 録音

「遠い太鼓」のミルトン・スパーリングが1946年に製作した原子研究をめぐるスパイ劇で「秘密警察」のボリス・イングスターとジョン・ラーキンのオリジナル・ストーリーを「裸の町」アルバート・マルツ及び「永遠のアンバー」のリング・ラードナー・ジュニアが脚色、「地獄への逆襲」のフリッツ・ラングが監督した。撮影は「ヴァジニアの血闘」のソル・ポリート、音楽は「遠い太鼓」のマックス・スタイナーである。主演のゲイリー・クーパー「遠い太鼓」以下、「マルセイユの一夜」のリリー・パルマー、「婿探し千万ドル」のロバート・アルダ、ウラジミル・ソコロフ「誰が為に鐘は鳴る」、エドワード・ブロムバーグ、ルドウィヒ・ストッセルなどが出演。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
ゲイリー・クーパー リリー・パルマー ロバート・アルダ ウラジミール・ソコロフ
1952年

ヴァジニアの血闘

  • 1952年10月15日公開
  • 録音

「破局」のマイケル・カーティズが監督した西部劇1940年作品。脚本は現在ロバート・バックナー(「無法者の群」)。撮影はソル・ポリート(「ヨーク軍曹」)、作曲はマクス・スタイナー(「マニラ」)の担当。主演者は「マニラ」のエロール・フリン、「女相続人」のミリアム・ホプキンス、「拳銃45」のランドルフ・スコット、「アフリカの女王」のハンフリー・ボガートの4人で、フランク・マクヒユー、アラン・ヘール、ジョン・ライテル、ダグラス・ダンブリル、モローニ・オルセンらが助演。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
エロール・フリン ミリアム・ホプキンス ランドルフ・スコット ハンフリー・ボガート

モンタナ(1950)

  • 1952年4月24日公開
  • 録音

西部活劇作家アーネスト・ヘイコックスの原作を、「セントルイス」と同じくウィリアム・ジャコブスが製作、レイ・エンライトが監督、カール・フロイントが撮影、アレクシス・スミスが主演する色彩西部劇1950年作品。脚色には同じく「セントルイス」のジェームズ・R・ウェッブが、ボーデン・チェイス、チャールズ・オニールと協力している。音楽は「死の谷」のデイヴィッド・バトルフ。主演はアレクシス・スミスに対して「戦場を駆ける男」のエロール・フリン、更に「天国と地獄」のS・Z・サコール、「セントルイス」のダグラス・ケネディ、「テキサス警備隊」のジェームズ・ブラウンらが助演。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
エロール・フリン アレクシス・スミス S・Z・サコール ダグラス・ケネディ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランシス・J・シェイド