映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・デイヴィス

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2007年 まで合計15映画作品)

2007年

守護神

  • 2007年2月10日(土)公開
  • 監督

ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー主演。“守護神”の異名を持つ伝説的な沿岸警備隊員と訓練生の絆を描いた人間ドラマ。監督は「逃亡者」のアンドリュー・デイビス。

監督
アンドリュー・デイヴィス
出演キャスト
ケヴィン・コスナー アシュトン・カッチャー ニール・マクドノー メリッサ・セイジミラー
2005年

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

  • 2005年3月19日(土)公開
  • 脚本

恋や仕事に奮闘する、独身女性の日常を描いた大ヒット・コメディの続編。前作で恋を成就させたヒロインが、新たな悩みを抱えて迷走する姿に、共感かつ爆笑!

監督
ビーバン・キドロン
出演キャスト
レニー・ゼルウィガー ヒュー・グラント コリン・ファース ジム・ブロードベント
2003年

Bモンキー

  • 2003年5月10日(土)公開
  • 原作

「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォード監督による異色ラブ・サスペンス。一瞬の輝きを求めるギャングの生きざまと彼らの人生を変えた運命の恋がミステリアスに交錯する。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
アーシア・アルジェント ジャレッド・ハリス ルパート・エヴェレット ジョナサン・リース・マイヤーズ
2002年

コラテラル・ダメージ

  • 2002年4月20日(土)公開
  • 監督

「逃亡者」のアンドリュー・デイビス監督とアーノルド・シュワルツェネッガーがタッグを組んだサスペンス・アクション。爆破テロで妻子を亡くした男の復讐劇をアクション満載で描く。

監督
アンドリュー・デイヴィス
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー フランチェスカ・ネーリ イライアス・コティーズ クリフ・カーティス
2001年

ブリジット・ジョーンズの日記

  • 2001年9月22日(土)公開
  • 脚本

世界中の女性の共感を集めるベストセラー小説を映画化した恋愛コメディ。恋も仕事もうまくいかないロンドン在住のシングルウーマンの本音を、切実かつユーモラスにつづる。

監督
シャロン・マグワイア
出演キャスト
レニー・ゼルウィガー ヒュー・グラント コリン・ファース ジェンマ・ジョーンズ

テイラー・オブ・パナマ

  • 2001年6月30日(土)公開
  • 脚本

世界の勢力図を左右するパナマ運河の所有権を巡って、し烈な諜報戦が展開。スパイと情報屋の個人的な駆け引きに国家間の思惑が絡むドラマは、実にスリリング!

監督
ジョン・ブアマン
出演キャスト
ピアース・ブロスナン ジェフリー・ラッシュ ジェイミー・リー・カーティス レオノラ・ヴァレラ
1998年

ダイヤルM

  • 1998年10月24日(土)公開
  • 監督

アルフレッド・ヒッチコックの傑作スリラー「ダイヤルMを廻せ!」をリメイク、舞台をロンドンからニューヨークに移し、ストーリー、人物設定ともに現代風にアレンジしたサスペンス。監督は「チェーン・リアクション」「逃亡者」などを手がけたアンドリュー・デイヴィス。製作は「逃亡者」でデイヴィス監督と組み、17本の作品をアカデミー賞ノミネートに導いたアーノルド&アン・コペルソン夫妻と「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のピーター・マクレガー=スコット、「イレイザー」に出演しているクリストファー・マンキーウィツ。製作総指揮は「セブン」のスティーヴン・ブラウン。脚本は、本作が映画化第一作目となるパトリック・スミス・ケリー。撮影は「クリムゾン・タイド」のダリウス・ウォルスキー。美術は「オール・ザット・ジャズ」のフィリップ・ローゼンバーグ。衣裳は「フェイス/オフ」のエレン・ミロジニック。出演は「ザ・ゲーム」のマイケル・ダグラス、「大いなる遺産」「スライディング・ドア」のグウィネス・パルトロウ、「G.I.ジェーン」のヴィーゴ・モーテンセンほか。

監督
アンドリュー・デイヴィス
出演キャスト
マイケル・ダグラス グウィネス・パルトロウ ヴィゴ・モーテンセン デイヴィッド・スーシェ
1997年

悪魔たち、天使たち

  • 1997年6月21日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

“悪魔と天使”と正反対な性格の養子の双子が莫大な遺産をめぐって大騒動に巻き込まれる様を描いた娯楽作。「デンバーに死す時」のアンディ・ガルシアが主演し、ひとり二役に挑戦。監督は「逃亡者」のアンドリュー・デイヴィス。製作はデイヴィスと「俺たちは天使じゃない」のフレッド・カルーソの共同。撮影は「沈黙の戦艦」のフランク・タイディ。美術は「インディアン・ランナー」のマイケル・ハラー。編集は「沈黙の戦艦」以降デイヴィスと組むドン・ブルシュ。衣裳はジョディ・リン・ティレン。共演は「摩天楼を夢見て」のアラン・アーキン、「フォーリング・ダウン」のレイチェル・ティコティンほか。また、“とんねるず”の石橋貴明が「メジャーリーグ2」に続いてハリウッド作品に出演。

監督
アンドリュー・デイヴィス
出演キャスト
アンディ・ガルシア アラン・アーキン レイチェル・ティコティン ジョー・パントリアーノ
1996年

チェーン・リアクション(1996)

  • 1996年11月2日(土)公開
  • 監督、製作

新エネルギー開発に絡む陰謀に巻き込まれた青年エンジニアの決死の逃避行を描いたサスペンス・アクション。監督は「沈黙の戦艦」「逃亡者」のアクション派、アンドリュー・デイヴィス。「ロボコップ」「レナードの朝」のアーン・L・シュミット、リック・シーマン、ジョシュ・フリードマンの原案を、フリードマン、「沈黙の戦艦」「ハンテッド」のJ・F・ロートン、マイケル・ボートマンが共同で脚色。製作はシュミットとデイヴィス、エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・D・ザナックとアーウィン・ストッフ。撮影のフランク・タイディ、美術のメイハー・アーマッドはデイヴィス作品の常連。音楽は「訣別の街」のジェリー・ゴールドスミス、編集は「沈黙の戦艦」「逃亡者」のドナルド・ブロッシュとドヴ・ホウニグ、「フォレスト・ガンプ 一期一会」のアーサー・シュミット。特殊効果コーディネーターはロイ・アーボガスト、作品の大きな見どころである爆破シーンのデジタル視覚効果は「エスケープ・フロム・L.A.」のデジタル・ドメイン社が担当。主演は「スピード」「雲の中で散歩」のキアヌ・リーヴス。共演は「セブン」のモーガン・フリーマンほか。

監督
アンドリュー・デイヴィス
出演キャスト
キアヌ・リーヴス モーガン・フリーマン レイチェル・ワイズ フレッド・ウォード

サークル・オブ・フレンズ

  • 1996年10月26日(土)公開
  • 脚本

50年代のアイルランド、大学に入った三人の少女がそれぞれ恋を知り、少し大人になる姿を描く青春恋愛コメディ。監督は現代アイルランドを代表する映画監督の一人、「フールズ・オブ・フォーチュン」のパット・オコナー。製作はアーリン・セラーズ。アレックス・ウィンツキー、フランク・プライス。共同製作はケニス・トッド。エグゼクティヴ・プロデューサーはテレンス・クレッグ。アイルランドの人気作家メーヴ・ビンチーの同名小説(邦訳・扶桑社エンターテインメント文庫刊)の映画化で、脚本は主にテレビの脚本のほか、小説、戯曲も手掛けるアンドリュー・デイヴィズ。撮影はケン・マクミラン。音楽は「陽のあたる教室」のマイケル・ケイメン。美術はジム・クレイ。編集はジョン・ジンプソン。撮影はアイルランドの南キルケニーのイニスショグと、キルケニー近辺で行われ、50年代のアイルランドの田舎町やダブリンの雰囲気を見事に再現している。出演は「バットマン・フォーエヴァー」のクリス・オドネル、「ゴールデンアイ」などの新進女優ミニ・ドライヴァー、「父の祈りを」のサフロン・バローズ、「ゴールデンアイ」のアラン・カミングほか。95年にアメリカで最初は4館で限定公開されたが、驚異的な集客力を見せつけて拡大公開、ロングラン・ヒットを記録。

監督
パット・オコナー
出演キャスト
クリス・オドネル ミニ・ドライヴァー アラン・カミング サフロン・バロウズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・デイヴィス