映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ハロン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1932年 まで合計18映画作品)

1932年

恐怖城

  • 1932年当年公開
  • 出演(Neil 役)

ヴィクター・ホルベリンが監督し、エドワード・ホルベリンが製作したホルベリン 作品で、ギャレット・ウェストンが原作脚色し、アーサー・マーティネリが撮影に当たったもの。主演するは「魔人ドラキュラ」「黒い駱駝」のベラ・ルゴシで、「地の極みまで」「電話姫」のマッジ・ベラミー、「盛り場の大蜘蛛」のジョン・ハロン、ジョセフ・カウソーン、ロバート・フレイザー、ブランドン・ハースト等が助演している。

監督
ヴィクター・ホルペリン
出演キャスト
ベラ・ルゴシ マッジ・ベラミー ジョセフ・カウソーン ロバート・フレイザー
1930年

盛り場の大蜘蛛

  • 1930年当年公開
  • 出演(Jay_Grant 役)

「西部戦線異常なし」に出演して名声を得た舞台名優ジョン・レイ氏主演の第1回作品で、「ストリート・ガール」「グレイト・ガッポ」のベティー・カンプソン嬢と「ストリート・ガール」「焼き餅騒動絹の靴下」のジョン・ハロン氏が相手役を勤め「職業婦人」「曠野の志士」の監督をしたキング・バゴット氏、「摩天楼の巨人」のクロード・アリスター氏、「夢の港」のエドモンド・ブリーズ氏、「某重大事件」のウィルバー・マック氏等が助演している。原作はジーン・タウン氏が筆をとり並びに撮影台本を書いたもので、監督には「娘喜べ水兵上陸」「スキナーの昇給」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が当った。キャメラは「ブロードウェイ(1929)」「ノアの箱船」と同じくハル・モーア氏が担任である。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ジョン・レイ ベティー・カンプソン ジョン・ハロン クロード・アリスター
1929年

ストリート・ガール

  • 1929年当年公開
  • 出演(Mike 役)

「煩悩」「ウィリー・リヴァー」のベティー・カンプソン嬢がR・K・O社入社第1回の主演映画で、W・ケーリー・ウァンダリィー氏の原作「ウィーンの仇者」よりジェーン・マーフィン女史が脚色し「うわさ」「夢の港」のウェスリー・ラッグルス氏が監督したもの。上記主演者のほかに「焼き餅騒動絹の靴下」のジョン・ハロン氏、「野球時代」「恋愛行進曲」のジャック・オーキー氏、ネッド・スパークス氏、ガイ・バッコラ氏、イヴァン・レベデフ氏等が出演している。カメラは「電話姫」のレオ・トーヴァー氏担当。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ベティー・カンプソン ジョン・ハロン ネッド・スパークス ジャック・オーキー
1928年

娘一人に婿百人

  • 1928年当年公開
  • 出演(Carter 役)

「焼き餅騒動絹の靴下」と同じくローラ・ラ・プラント嬢が主演し、ジョン・ハロン氏が相手役を務め、ウェズリー・ラッグルズが監督した映画である。原作は知名のメアリー・ロバーツ・ラインハート女史の短編で、ビートリス・ヴァン女史が脚色している。エドモンド・ブリーズ氏、アーサー・ランキン氏、エディ・フィリップス氏等の人々が助演している。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ジョン・ハロン エドモンド・ブリーズ アーサー・ランキン
1927年

焼き餅騒動絹の靴下

  • 1927年当年公開
  • 出演(Sam_Thornhill 役)

シリル・ハーコート氏作の舞台劇をベアトリス・ヴァン女史が映画的に改作し、ジョセフ・F・ポーランド氏が脚色し、「後家さん御用心」「大学生活」と同じくウエズリー・ラツグルス氏が監督したもので、主役は「猫とカナリヤ」「後家さん御用心」出演ローラ・ラブラント嬢で、「知略三段返し」「奔流天に騰る」等出演のジョン・ハロン氏が相手役を演じ、ウィリアム・オーステイン氏、オテイス・ハーラン氏、ヘイニー・コンクリン氏、バー・マッキントッシュ氏、マーセラ・デーリー嬢等が助演している。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ジョン・ハロン ウィリアム・オースティン オーティス・ハーラン
1926年

嵐の花嫁

  • 1926年当年公開
  • 出演(Dick_Wayne 役)

ジェームズ・フランシス・ドワイヤー氏作の小説をマリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が映画脚色し、「奔流天に騰る」「極楽トンボ三人連」等と同じくジエー・ステユアート・ブラックトン氏が監督したもので、主役は「知略三段返し」「海の野獣」等出演のドロレス・コステロ嬢が勤め、「知略三段返し」「奔流天に騰る」等出演のジョン・ハロン氏が相手役を演じ、オツトー・マテイーソン氏、シエルドン・ルイス氏、タイロン・パワー氏、ジュリア・スウエイン・ゴドン嬢等は助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
ドロレス・コステロ ジョン・ハロン オットー・マティーソン シェルドン・ルイス

偽りの警報

  • 1926年当年公開
  • 出演(Joe_Casey 役)

リー・ベイアード女史が原作を書き、フランク・オコナー氏が監督した消防夫活劇で「5万ドル大事件」「メイル・マン」等出演のラルフ・ルイス氏、「奔流天に騰る」「知略一段返し」等出演のジョン・ハロン氏、「海の野獣」等出演のジョージ・オハラ氏、「鳴り響く命の警笛」出演のドロシー・レヴィア嬢を始め、メアリー・カー夫人、プリシラ・ボナー嬢、モーリス・コステロ氏等が共演している。

監督
フランク・オコナー
出演キャスト
ラルフ・ルイス メアリー・カー ジョン・ハロン ジョージ・オハラ

鍍金広小路

  • 1926年当年公開
  • 出演(Jack_Welby 役)

W・B・マックスウエル氏作の小説をマリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が脚色し、「奔流天に騰る」「極楽トンボ三人連」等と同じく、J・スチュアート・ブラックトンが監督したもので、「六人の嫌疑者」「奔流天に騰る」等出演のジョン・ハロン氏「突飛大将恋の初陣」「監獄行列車」等出演のドロシー・ラヴオーア嬢が主演し、「太平洋横断」「特製鋼鉄人形」等出演のマーナ・ローイ嬢を始め、ガードナー・ジエームズ氏、マックリン・アーバツクル氏、シエルドン・ルイズ氏、マテイルド・コモン嬢等が助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
ジョン・ハロン ドロシー・デヴォーア マーナ・ローイ マクリン・アーバックル

奔流天に騰る

  • 1926年当年公開
  • 出演(Sid_Hunt 役)

1923年度のピュリツァ賞を得たハッチャー・ヒューズ氏の戯曲を映画化したもので、ヴィイタグラフ誌がウォーナァ・ブラザース社に併合されると共に制作者として入社したジュー・スチュアート・ブラックトン氏が第1作品として監督製作した。因みに脚色はブラックトン氏令妹マリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が擔任した。主役は「娘は踊る」「陽気な巴里っ子」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で對手役は「知略三段返し」「白牙に衂りて」等出演のジョン・ハロン氏「白牙に衂りて」「男は度胸」等出演のゲイン・ホィットマン氏及び「夢の街」等出演のガードナー・ジェームズ氏が演じ、エヴェリン・セルビー嬢ジェームズ・マーカス氏等が助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー ジョン・ハロン ゲイン・ホイットマン ガードナー・ジェームズ
1925年

愛欲外道

  • 1925年当年公開
  • 出演(Paul_Yervedoff 役)

スターに昇進したローウェル・シャーマン氏の第1回主演映画でブラッドリー・キング氏が書き下ろした台本により「愁いの明星」「疾風乱れ髪」等と同じくジェームズ・ブラッド氏が監督したものである。「東への道」「霧の中のかお」等出演のロウェル・シャマン氏を助けて「吹けよ春風」「愁いの明星」等の出演のジョンハロン氏、「結婚春秋」「荒れ狂う猛将」等出演のポーリン・ギャロン嬢が出演するほかガートルード・アスター嬢、フランク・バトラー氏、フランシス・マクドナルド氏等が助演する。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
ローウェル・シャーマン ジョン・ハロン ポーリン・ギャロン ガートルード・アスター
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ハロン