映画-Movie Walker > 人物を探す > サリー・フォレスト

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1957年 まで合計4映画作品)

1957年

暗号第二番

  • 1957年12月10日(火)公開
  • 出演(Mary Hartley 役)

相棒を殺された白バイ警官の敵討ちを描く人間ドラマ。短縮版。オリジナルは69分。製作はウィリアム・グラディ・ジュニア、原作・脚本はマーセル・クローバー、監督はフレッド・M・ウィルコックス、撮影はレイ・ジューン、音楽はアルバート・コロンボが担当。出演はラルフ・ミーカー、エレーン・スチュアート、サリー・フォレスト、キーナン・ウィンなど。

監督
フレッド・M・ウィルコックス
出演キャスト
ラルフ・ミーカー エレーン・スチュアート サリー・フォレスト キーナン・ウィン

復讐の谷

  • 1957年11月20日(水)公開
  • 出演(Lily 役)

サタディー・イーヴニング・ポスト紙に発表されたルーク・ショートの同名小説をアーヴィング・ラヴェッチが脚色、「古城の剣豪」のリチャード・ソープが監督した西部劇。撮影監督は「必殺の一弾」のジョージ・J・フォルセー、音楽はルドルフ・G・コップ。主演は「成功の甘き香り」のバート・ランカスター、「東京上空三十秒」の故ロバート・ウォーカー、「殺し屋稼業」のジョアン・ドルー、ジョン・アイアランド。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
バート・ランカスター ロバート・ウォーカー ジョアン・ドルー サリー・フォレスト
1956年

口紅殺人事件

  • 1956年7月24日(火)公開
  • 出演(Nancy_Liggett 役)

製作はバート・フリードロブ、監督は「飾窓の女」の名匠フリッツ・ラング、脚色は「キリマンジャロの雪」のケイシー・ロビンソン、原作はチャールズ・アインスタインの『血の刺戟』、撮影は「第17捕虜収容所」のアーネスト・ラズロ。主演は「荒野の貴婦人」のダナ・アンドリュース、「悪の対決」のロンダ・フレミング、「地獄の掟」のアイダ・ルピノ。助演はジョージ・サンダース、サリー・フォレスト、ジェームズ・クレイグ、ハワード・ダフ、ジョン・バリモア・ジュニア。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
ダナ・アンドリュース ロンダ・フレミング ジョージ・サンダース ハワード・ダフ
1955年

四十人の女盗賊

  • 1955年8月6日(土)公開
  • 出演(Ameer 役)

「犯罪都市(1951)」のロバート・スパークスが1955年に製作したアラビアン・ナイトを基にした色彩映画。オーブリー・ウィスバーグとジャック・ポレックスフェンの脚本から「白銀の嶺」のテッド・テズラフが監督した。テクニカラー撮影は「太平洋戦争」のウィリアム・スナイダー、音楽は「恐喝の街」のヴィクター・ヤングである。出演者は「地獄の狼」のデール・ロバートソン、「我輩は新入生」のサリー・フォレスト、ストリップ・ティーザーのリリー・セント・シア、「賄賂」のヴィンセント・プライス、「バグダッドの黄金」のマリ・ブランチャードのほか、レオン・アスキン、ジェイ・ノヴェロ、それにアラビア出身のダンサーのネジラ・アテスなど。

監督
テッド・テズラフ
出演キャスト
デイル・ロバートソン サリー・フォレスト リリー・セント・シア ヴィンセント・プライス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > サリー・フォレスト