TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・ゴードン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 2010年 まで合計22映画作品)

2010年

トイ・ストーリー 3D

  • 2010年2月6日(土)
  • 編集

名門スタジオ、ピクサー社による世界初の長編CGアニメが復活。3DCGアニメの父と呼ばれるジョン・ラセター監督による独創的な世界観を、臨場感たっぷりの3D映像で楽しめる。

監督
ジョン・ラセター
出演キャスト
トム・ハンクス ティム・アレン ドン・リックルス ジム・ヴァーニー
2005年

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

  • 2005年5月3日(火)
  • 脚本

米の人気児童文学を映画化した異色ファンタジー。突然、孤児となった3姉弟妹が、降りかかる数々の災難に勇気と知恵で挑むさまを独自の映像世界で描き出す。

監督
ブラッド・シルバーリング
出演キャスト
ジム・キャリー リーアム・エイケン エミリー・ブラウニング ティモシー・スポール
2002年

メン・イン・ブラック2

  • 2002年7月6日(土)
  • 脚本

地球で暮らすエイリアンを監視する最高機密機関“MIB”の活躍を描く人気作の続編。宇宙一凶悪な女エイリアンに挑む、クールな捜査官コンビ“K&J”の闘いを描く。

監督
バリー・ソネンフェルド
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ ウィル・スミス リップ・トーン ララ・フリン・ボイル
2001年

ギャラクシー・クエスト

  • 2001年1月20日(土)
  • 脚本

全米でスマッシュ・ヒットをカッ飛ばした爆笑作が、ついに日本上陸。「スター・トレック」のパロディをベースに、宇宙にさらわれた俳優たちの活躍を、笑いと涙でつづる。

監督
ディーン・パリソット
出演キャスト
ティム・アレン シガニー・ウィーヴァー アラン・リックマン トニー・シャルーブ
1997年

恋におぼれて

  • 1997年9月27日(土)
  • 脚本

かつての恋人に復讐しようと一致協力した男女が恋に落ちるさまを、ユーモアたっぷりに描いたラブ・コメディ。これがデビュー作となるロバート・ゴードンのオリジナル脚本を、「アフター・アワーズ」などの俳優や「サーチ&デストロイ」などの製作者として知られるグリフィン・ダンがアカデミー賞にノミネートされた短編『Duke of Grrove』(95)に続いて監督し、長編デビューを飾った。製作は「ドンファン」のジェフリー・シルヴァーと、彼とコンビのボビー・ニューマイヤー。製作総指揮は「スクリーム」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟。撮影は「クルーシブル」のアンドリュー・ダン、音楽は「マイ・ルーム」のレイチェル・ポートマン、美術は「サーチ&デストロイ」のロビン・スタンドファー、編集は「ジョージア」のエリザベス・クリング。主演は「戦火の勇気」「恋の闇 愛の光」のメグ・ライアンと「ケロッグ博士」「ケーブルガイ」のマシュー・ブロデリック。共演は「ザ・エージェント」のケリー・プレストン、「心のおもむくままに」のチェッキー・カリョ、「ナッツ」のモウリーン・ステイプルトンほか。

監督
グリフィン・ダン
出演キャスト
メグ・ライアン マシュー・ブロデリック ケリー・プレストン チェッキー・カリョ
1996年

トイ・ストーリー

  • 1996年3月23日(土)
  • 編集

おもちゃたちの冒険と友情を描いた、世界初の全編フルCGの長編アニメ映画。ピクサー社による驚異の映像が見どころ。監督は、これが初長編となるディズニー・スタジオ出身のジョン・ラセッターで、88年にアカデミー賞を受賞した短編CGアニメ『ティン・トイ』(日本未公開)を発展させたもの。製作はピクサーのラルフ・グッゲンハイムと「靴をなくした天使」のボニー・アーノルドの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーはエドウィン・キャットマルと、ピクサーのスティーヴン・ジョブス。脚本はジョス・ウェドン、アンドリュー・スタントン、ジョエル・コーエン、アレック・ソコロウの共同。作画監督はピート・ドクター、美術はディズニー作品「グリーン・ガリー 最後の熱帯密林」(日本では特別上映のみ)のラフ・シングルトン、音楽と主題歌・挿入歌は「ザ・ペーパー」のランディ・ニューマンが担当。声の出演は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のトム・ハンクス、「サンタクローズ」のティム・アレンほか。日本語吹替版も同時公開され、唐沢寿明、所ジョージの声の出演も話題に。字幕・吹替版ともダイヤモンド★ユカイの主題歌『君はともだち』がエンド・クレジットに使用された。

監督
ジョン・ラセター
出演キャスト
トム・ハンクス ティム・アレン ドン・リックルス ジム・ヴァーニー
1988年

ノース・ショア

  • 1988年9月3日(土)
  • 編集

サーフィンをめぐる、1人の少年の愛と戦いを描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはランダル・クレイザー、製作はウィリアム・フィネガン、監督・脚本はウィリアム・フェルプス、共同脚本はティム・マッキャンリース、撮影はピーター・スモークラー、音楽はリチャード・ストーンが担当。出演はマット・アドラーほか。

監督
ウィリアム・フェルプス
出演キャスト
マット・アドラー グレゴリー・ハリソン ニア・ピープルス ジョン・フィルビン
1986年

バタリアン

  • 1986年2月1日(土)
  • 編集

不死者(アンデッド)が人間に襲いかかり、その脳を食べるというホラー・コメディ。ヘムデール・フィルムが提供。同社の社長ジョン・デイリー、副社長デレク・ギブソンがエグゼクティヴ・プロデューサーをつとめる。製作はトム・フォックス、共同製作者はグレアム・ヘンダーソン。68年のジョージ・A・ロメロ作品Night of the Living Deadの脚本を書いたジョン・ルッソ、それにルディ・リッチ、ラッセル・スタイナーの原案に基づき、ダン・オバノンが脚色し、監督としてデビュー。撮影はジュールス・ブレンナー、音楽はマット・クリフォードが担当。アメリカでの題名はThe Return of the Living Dead。出演はクルー・ギャラガー、ジェームズ・カレンなど。

監督
ダン・オバノン
出演キャスト
クルー・ギャラガー ジェームズ・カレン ドン・カルファ トム・マシューズ
1983年

青い恋人たち

  • 1983年5月21日(土)
  • 編集

エーゲ海に浮かぶサントリー二島に休暇を過しにやって来たアメリカ人カップルとフランス娘の奇妙な三角関係を描くドラマ。マイク・モーダーがフィルムウェイズ(現在はオライオンに吸収合併されている)のために製作。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョエル・ディーン。「青い珊瑚礁」のランダル・クレイザーが監督・脚本、バジル・ボールドゥリスが音楽を担当。撮影はティモシー・ギャルファス。全編にティナ・ターナー、シカゴ、エルトン・ジョンらの音楽が流れる。サントリーニの他、デロス、ミコノス、クレタ島で撮影された。出演はピーター・ギャラガー、ダリル・ハンナ、ヴァレリー・クィネッセン、バーバラ・ラッシュなど。

監督
ジョエル・ディーン
出演キャスト
ピーター・ギャラガー ダリル・ハンナ ヴァレリー・クイネッセン バーバラ・ラッシュ
1980年

青い珊瑚礁(1980)

  • 1980年8月14日(木)
  • 編集

南太平洋の大自然を舞台に、ある孤島に流された男の子と女の子がやがて成長し大人になっていく過程を描く。製作・監督は「グリース」のランダル・クレイザー、共同製作はリチャード・フランクリン。ヘンリー・ドゥビア・スタグプールの原作を基にダグラス・デイ・スチュアートが脚色。撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はバジル・ポールドゥリス、編集はロバート・ゴードンが各々担当。出演はブルック・シールズ、クリストファー・アトキンズ、レオ・マッカーン、ウィリアム・ダニエルス、エルバ・ジョゼフスン、グレン・コーハンなど。

監督
ランダル・クレイザー
出演キャスト
ブルック・シールズ クリストファー・アトキンズ レオ・マッカーン ウィリアム・ダニエルズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・ゴードン

ムービーウォーカー 上へ戻る